2017年6月19日更新

あくびしてるのはストレスをためてるかも…?犬の気持ちを表すしぐさ6選

ペット生活



犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬は言葉が話せませんが、そのしぐさや行動には、たくさんの気持ちが表れています。
喜んでいる時や安心している時に決まって見せるしぐさは、飼い主さんにもわかると思いますが、逆にストレスを感じている時や、悲しい時にするしぐさもあるのです。
いつも私たちに寄り添ってくれる愛犬との暮らしをより楽しむために、そのしぐさや行動を理解してみませんか?

 

うれしい!大好き!を表すしぐさ

お腹を見せる

お腹は犬の急所とされていますが、心を許している人や犬に対しては、ひっくり返ってお腹を見せて愛情を表現します。
トコトコ側にやって来て、床にゴロンと転がりお腹を見せてクネクネする・・・というしぐさは、愛犬が飼い主さんのことを信頼している証と言えますね。

顔や口を舐める

相手の口元を舐めるという動作は、オオカミ流のあいさつで、敵意がない時や愛情を表す時に、自分より上位のオオカミの口元を舐めると言われています。
また、子犬が母犬に甘える時やごはんをねだる時も、同じく口元を舐めるのです。
これらのふたつが形を変え、飼い主さんへの愛情表現として残っているのですね。
リーダーとして信頼し、時には甘えて大好きの気持ちを表現してくれる、なんともかわいいしぐさなのです。

しっぽを激しくフリフリ

犬がしっぽを激しく振るのは、とてもうれしい気持ちを表しています。
例えば、お留守番をしていて飼い主さんが帰ってきた時、お出迎えしてくれた愛犬は、ちぎれんばかりにしっぽを振っているのではないでしょうか?
ちなみに、しっぽの振り幅によって、まあまあうれしい→とってもうれしいなど、喜びのレベルが分かるそうですよ。

悲しい…ストレス…を表すしぐさ

身体の一部を執拗に舐める

犬が前足などの身体の一部を執拗に舐めるのは、ストレスを感じているサインとされています。
ざらざらした犬の舌で同じ場所をずっと舐めていると、炎症を起こしてしまうこともあるため、ストレスの原因を考え、できれば止めさせてあげたい行動ですね。

しっぽが垂れている

犬がしっぽを下に垂らし、上目遣いでいるのは、悲しいという気持ちを表現しています。
お留守番でさみしいとき、体調が悪くてしんどい時、飼い主さんに怒られた時などに、この仕草を見せることが多いようです。

あくびをする

人間にとってあくびをするのは、リラックスしている時や眠い時ですが、犬があくびをするのは、不安やストレスを感じている時と言われています。
犬は、あくびをすることで自分を落ちつけようとしているのですね。

 

まとめ


しぐさに表れる犬の気持ちについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?
愛犬がうれしいサインを見せた時は、いっしょに喜び、悲しい時やストレスを感じているサインを見せた時には、その原因をできる限り取り除いてあげる。
大切な愛犬のことを理解し、よりよい関係性を築いてくださいね。

 
 

関連カテゴリ