愛犬が夏を快適に過ごすために♪お家でできるの3つのアイデアとトリミングオーダー

お散歩に悩む梅雨も終わるころになってくると、暑い暑い夏がやってきますね。
湿気が多く気温も高い日本の夏は犬にとって過酷で、とくにシニアや肥満犬、短吻犬種になってくると気温の変化から体調を崩しがちです。

愛犬に少しでも快適に、そして元気に夏を過ごしてもらいたい!という願いは飼い主さんたち共通のものではないでしょうか?
今回はあると便利なグッズから気をつけて欲しいポイント、また番外編で快適に過ごすためのトリミングオーダーなどをご紹介します♪

 

ケージや愛犬の生活スペースの日差し対策

犬は暑いと自分で涼しい場所、日の当たらない場所に移動して暑さを凌いでいます。

しかし日中のお留守番はケージ、もしくは決められたスペースという場合、移動に制限が出てしまいますよね。
例えエアコンをかけても日中の日差しはとてもきついので、遮光カーテンや日の当たらない場所にケージや生活スペースを移動するなど、対策が必要です。

 

お水は多め、日陰にいくつか置いておく


気温が上がるにつれ、犬の水分摂取量が多くなってきます。

  • 愛犬が直接口をつけて飲むものなのでこまめに交換。
  • 水の傷みを防ぐためにも、お水は日陰に。
  • 給水器ではなくお皿を使用し、何ヶ所かに分けて置いておく。

こまめな水分補給のためには少しずつ出る給水器よりもお皿がおすすめです。
また日頃水分をあまり取らない愛犬の場合には、ご飯に水分を混ぜる、薄めのヤギミルクをおやつにあげるなどの一工夫を加えましょう。

 

エアコンの温度設定は慎重に

通常温かい空気は上へ、冷たい空気は下へとたまります。
愛犬の生活する地面から数十センチまでの高さは冷気がたまりがち。
お部屋の広さや機密性などにより変わってくるので一概にはいえませんが、エアコンの温度設定は極端に低くしない方が良いです。
お留守番の多いお家でもできれば暑い日に一日飼い主さんも一緒に家にいて、エアコンの丁度いい設定温度を見つけておくと良いでしょう。

エアコンの設定を26℃~28℃程度に設定し、サーキュレーターや扇風機を併用するとお部屋の空気が循環するので、人間も足元が冷えず快適に過ごすことができますよ♪
寒くなったらあっちへ、暑くなったらこっちへと「逃げ場」を作ってあげると犬は自然と快適な場所を選びます。

 

あると便利!暑さ対策便利グッズ

夏になると部屋のフローリングの場所を探してペタっと伏せている愛犬の姿を見ることはありませんか?
犬が暑いなと感じたときにとる行動が、お腹など皮膚が出ているところを冷やすこと。
あると便利なひんやりアイテムをメリット・デメリットとともにいくつかご紹介します。

大理石・アルミボード

熱伝導率の高い大理石やアルミのボードがあると乗ったり降りたりして自分で温度調節ができるので便利です。

我が家の暑がりな愛犬は大理石ボード2枚を行ったり来たりしていますが、神経質なもう1頭は乗りたがりません。
愛犬の性格によっては慣れるまでに時間がかかることもあります。

ジェルマット

硬いプレートは乗りたがらない!という寝心地にこだわりのある愛犬にはソフトなジェルタイプのマットがおすすめ。

ただし噛んでしまう心配のある犬や、長時間目を離す際には、噛み破ってジェルを誤飲してしまう危険もあるので注意が必要です。

凍らせたペットボトル

とてもお得に自作できるのがペットボトルに水を入れ凍らせる方法です。
お気に入りのタオルを巻いてあげれば、枕にしたり寄り添ったりと我が家の愛犬もお気に入りアイテムの一つです。

ただしこちらもやはり噛んでしまうことがあり、蓋は誤飲の危険性もあります。
犬の顎であれば10分もしないうちに蓋をかじって外してしまうこともあるので、目の届く範囲で使用するようにしましょう。

ひんやりグッズを置いてもエアコンは必要!

いくらひんやりグッズを置いたからといって、30℃を超えるような日にエアコン無しの室内で過ごすことは犬にとって難しいものです。
エアコンの温度設定を低くせず、ある程度愛犬が自分で温度調節できるようなグッズを用意してあげることが理想ですね♪

保冷剤には要注意!

サイズも豊富で首に巻いたり、キャリーバッグやベッドに忍ばせたりもできることから、夏にとても便利なのが保冷剤ではないでしょうか?

でもちょっと待って!

保冷剤の成分にはいくつか種類があり、中でも”エチレングリコール”は誤食してしまうと中毒症状を起こす可能性もあるとても危険な成分です。
万が一愛犬が保冷剤を噛んで中身を誤食してしまった場合は必ず動物病院へ行きましょう。

またエチレングリコール以外の成分であっても誤食すると胃の不快感から吐いてしまったり、消化不良を起こしてしまったり、何かしらの体調不良が出ることもあります。
保冷剤は便利ですが、使用する場合は目の届く範囲で誤食に十分注意しましょう。

番外編!夏場にはこんなトリミングオーダーがおすすめ


夏前からオーダーが増えてくるのがサマーカットです。
ポメラニアンやパピヨン、ロングヘアーのダックスフンドやチワワを短くツルッと刈っちゃって!というオーダーですがデメリットも大きいことから最近では推奨されなくなってきています。
ここではサマーカット以外の夏におすすめオーダーをご紹介していきます。

下毛処理

換毛のある犬種の場合、下毛の処理をしてあげるだけで一回り痩せたように見えるほどすっきりとすることがあります。
とくに最近ではエアコンで年中適温であることから、換毛が夏近くなっても続く、もしくはしっかり換毛しきっていない犬を見かけます。

いつもシャンプーだけという愛犬もしっかりと下毛をとってあげることで、夏の暑さに備えませんか?

お腹周りを広めにバリカン

暑がりさんで夏になるといつもタイルやフローリングに伏せている…という愛犬には、トリミングの際に内股とお腹を広めにバリカンしてもらうのも有効です。

ただし元々お腹をよく壊すという愛犬の場合には余計に冷やしてしまうことになるので、止めておきましょう。

愛犬を守るのはあなた

夏になると熱中症で命を落とす犬の話、愛犬の様子がおかしいとぎりぎりのところで気づいたという話、そこまでではなくともちょっと食欲がない、ちょっと体調を崩しているという話も沢山耳にします。

人間もバテてしまうほどの日本の暑さですが、愛犬は自分でエアコンの温度を下げたり、蛇口をひねって水を浴びたりはできません。
できる限りの工夫と予防策で元気に夏を乗り切ってもらいたいものですね。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

長谷川真理恵

グルーミングスクールに4年通い、JKC A級トリマーライセンス、JKC C級ハンドラーライセンスを取得。フリーのトリマーとして働く傍ら、在学中にモデル犬として迎えたトイプードルのチャンピオン完成をきっかけに繁殖学・遺伝学を学び、ドイツやイギリスのブリーディングスタイルをモデルとして極少数頭のみのブリーディングを手掛ける。主人の海外赴任に伴い愛犬とともにドイツへ越した後、現在はベルギー在住。日本とは大きく異なるヨーロッパにおける"犬とは"を日々体感中。