危険がいっぱい!?夏の愛犬のお散歩で気をつけたいポイント5選

暑い夏がやってきて、毎年「今年は酷暑です」なんて言葉を耳にしているような気がします。
しかし犬も人も、長い日本の夏をずっと閉じこもって過ごすわけにはいきません。
まだまだ若くアクティブな犬にとっては夏だってお散歩は欠かせないものですよね。

でも熱中症は命の危険も…。
そんな夏のお散歩で気をつけたいことをご紹介します。

 

こんな犬は要注意!暑さに弱い犬とは?


犬は寒さに強く暑さに弱いと言われていますが、もちろん犬によって限界値が違ってきます。

  • パピー、シニア
  • 肥満体型の犬
  • 心臓・呼吸器の弱い犬
  • 黒い毛の犬
  • 活動的な犬
  • 短吻犬種(シーズーやブルドッグなど鼻の短い犬種)
  • 北方原産の犬種(シベリアンハスキー、サモエドなど)

個体差はありますが、これらの条件にあてはまる犬は比較的暑さに弱い傾向にあります。
しっかりと熱中症対策をして気をつけてあげたいですね。

 

肉球が火傷!?出発前にアスファルトを手で確認!


真夏にもなると夜0時を回ってもアスファルトを触ると温かい日が続きます。
では昼のアスファルトはどのくらいの温度になるのでしょうか?

実は夏の昼には50℃~60℃ほど!
素材によっては靴底すら溶かしてしまうほどの高温になっています。
とてもその上を素足で歩くなんて想像できませんよね。

日頃裸足で歩く犬の肉球はとても丈夫と思われがちですが、夏のアスファルトを歩けば火傷してしまいます。
お散歩はなるべく涼しい時間帯に、日陰のある草の上を選んであげたいですね。

 

黒い犬はとくに注意!熱中症対策グッズ

同じ犬種でも「うちの子は暑がりで…」という愛犬もいますよね?
暑さへの耐性は犬によって様々。
人間の洋服と同じで、黒い毛を持つ犬は熱を溜め込むのも早くとくに注意が必要です。

そんなときには濡らして着せるタイプのベストが1枚あると便利ですね。

服は苦手…、濡らして着せるタイプだと後が大変というプードルなどの場合は首元を冷やすバンダナタイプがおすすめです。
保冷剤を入れるタイプや濡らすタイプ、水や冷蔵不要のタイプなど様々なものがあるので、ぜひ愛犬に合ったものを選んであげてくださいね。

 

呼吸で分かる犬のバテ具合


夏になるとお散歩をしていて、愛犬が「ハッハッ」と舌を出しながら浅い呼吸をしていたりしませんか?
これはパンティングといって、汗腺が少なく体温調節が苦手な犬にとって大事な行動です。
舌や呼吸器の水分を利用し、気化熱で体にこもった熱を放出しているんですね。

しかしこのパンティングによる体温調節は湿度の多い日本では効率も落ちてしまいます。
自分で体温調節しているから大丈夫だと安心していると、熱中症になっていた!なんてことにもなりかねません。

熱中症の症状としては

  • 口を大きく開け「ハーハー」と呼吸が荒い
  • よだれが増える
  • 舌の色が赤黒い(目などの粘膜も充血している)

など口元の変化から分かる初期症状が多いです。
その他にも

  • へたり込んでぐったりと動かない
  • 呼んでも反応が鈍い
  • ふらつく、足取りがおぼつかない
  • 嘔吐・下痢をする
  • 眼振がある

これらの症状が見られたらすぐに冷やし、水分補給などの応急処置をして病院へ向かいましょう。
冷やす場所は首元、脇、内股などが効果的です。

より症状が進むと眼振、痙攣、意識不明、吐血・血便などの症状が見られ、毎年熱中症で命を落とす犬は後を絶ちません。
そうなってしまわないように、愛犬の呼吸をしっかりとチェックしておきたいですね。

お散歩におすすめの時間は早朝!


暑い夏でも少しでも快適にお散歩をしたいのは犬も人も同じではないでしょうか?
日本の夏は日が沈んで数時間たってもアスファルトの熱が冷めず、湿気も手伝い暑いこともしばしば。
夜の8時や10時になっても地面は温かいことがほとんどです。

お散歩におすすめの時間帯は夜明け直前から、日の出1時間くらいの時間帯。

早朝のお散歩はとても眠いのですが…。
日の出を眺めながらのとても気持ちがいいので、ぜひ一度ためしてみてください♪

愛犬を熱中症から守るのはあなた

残念なことに日本の夏は犬にとって快適とは言えません。

命を脅かすことさえある危険な熱中症、そして火傷という痛い思いをさせないためにも。
暑さ対策をしっかりして夏のお散歩を安全に楽しみましょう!

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

長谷川真理恵

グルーミングスクールに4年通い、JKC A級トリマーライセンス、JKC C級ハンドラーライセンスを取得。フリーのトリマーとして働く傍ら、在学中にモデル犬として迎えたトイプードルのチャンピオン完成をきっかけに繁殖学・遺伝学を学び、ドイツやイギリスのブリーディングスタイルをモデルとして極少数頭のみのブリーディングを手掛ける。主人の海外赴任に伴い愛犬とともにドイツへ越した後、現在はベルギー在住。日本とは大きく異なるヨーロッパにおける"犬とは"を日々体感中。