上目遣いの犬はおねだり上手?!表情から犬の気持ちを知ろう!

わたしたち人間は、言語が通じなくても表情で相手の気持ちを理解することができます。笑顔は世界共通で相手に好意を伝えます。実は犬の世界でも、表情は気持ちを伝える重要な要素なんです。犬を飼っていると気が付きますが、犬たちはとっても表情が豊か。目まぐるしく変わるその表情は、犬のどんな気持ちを伝えているのでしょうか。

 

犬の表情のどこを見ればいいの?


犬の表情から気持ちを知るために、顔のどの部分を見たらいいのでしょうか。
犬だからといって別に特別な部分を見る必要はありません。人間と同じように、犬も目や口、鼻、耳の動きで感情を表します。
では、犬が見せる表情がどんな気持ちを表しているのか見ていきましょう。

 

目から読み取れる犬の気持ち


目は口ほどに物を言う、なんて言いますよね。犬の場合はどうなんでしょうか。

相手と視線を合わせる

相手への好意を伝えたくて見つめている、と言いたいところですが、実は違います。犬が視線を合わせるのは、人間で言うと「ガンを飛ばす」とか「メンチを切る」といった状態。犬同士で視線を合わせていたり、街なかで犬がじっとこちらを見ていたら、「何だお前は」と警戒心とともに敵意を示しているんです。

ただし、しっかりとした主従関係ができている飼い主と飼い犬の場合は例外です。
この場合、犬は飼い主をリーダーとして認識しているため、飼い主に視線を合わせる時はどうしたらいいのか分からず、指示が欲しいという合図になります。

視線をそらす

これは視線を合わせることと逆の意味。
「相手とケンカしたくない」「敵意はありません」という意味があります。

丸くキラキラした瞳で上目遣い

おやつやご飯を待っている時などの、期待感を込めた表情です。言葉にすると、「はやくちょうだい!」といったところでしょうか。

 

口と鼻から読み取れる犬の気持ち

人間も口角の上がり下がりで感情を表現しますが、犬も口の形で気持ちを読み取れます。
口の形に伴って鼻の周りにも変化が表れます。

口元に力が入っておらず軽く開いている

軽く開いた口からは、舌先が見えています。
この口の形の時は、とてもリラックスしており穏やかな気持ちです。食事をした後などに、「あー満足満足」というような感じです。まるで笑顔になっているように見える可愛い表情です。

口をきゅっとつぐんでいる

口を閉じ、真剣なまなざしでじっと前を向いているのは、「あれは一体何だろう?」と興味を示して注目している時に見せる表情です。

唇をめくって歯を見せ、鼻の周りにしわが寄っている

これは威嚇の表情です。「近寄るな!あっちに行け!」という意思表示です。
この表情は怒りのボルテージによって変化します。
最初は歯を少し見せる程度ですが、怒りが最高潮近づくにつれて、歯茎まで唇をめくりあげて鼻にはより深いしわが刻まれます。

 

耳から読み取れる犬の気持ち

人間と比べて大きく動く犬たちの耳。耳の動きからも気持ちを読み取ることができるんです。

耳をピンと立てている

「あれは一体何?」と興味を示しています。音をよく聞いて、正体を知ろうとしている時の耳の形です。

ぴったりと頭につけて耳を寝かせる

「わたしの負けです」と、相手に対して服従していることを表しています。恐怖を抱いた時にもこの耳の形をします。

耳を前に向けたり後ろに向けたりする

「ん~どうしようかな、考え中」と、相手への態度を決めかねている時の耳の形です。

犬の表情を観察してみよう

いかがでしたか?
犬たちも気持ちが表情に表れてしまうんですね。
今回取り上げた表情以外にも様々な表情を通して、犬たちは気持ちを表現しています。
機会があれば、犬の表情を観察してみてはいかがでしょうか。

関連記事