2017年6月12日更新

猫の飼い主さんにありがちな(?)奇妙な行動(寝室編)

猫を飼っている人なら誰もが覚えがある「猫と寝る幸せ」。柔らかい猫の体に触れていると、なぜかすぐに眠りにつけるのが不思議です。きっと、猫が人にこの上ない安らぎや安心を与えてくれるからなのでしょう。猫はどんなヒーリングミュージックや高級枕にも負けない睡眠導入剤なのです。しかしながら、猫もずっとおとなしく寝ているわけではありません。最初は良くても、時間が経つにつれて飼い主さんの睡眠を妨げることも・・・。一体、猫のいる寝室ではどんなことが起きているのでしょうか。

猫の自由を優先すると飼い主さんに支障が・・・

猫と寝ていると首や腰に痛みが!

飼い主さんにぴったりくっついて寝る猫。可愛いですよね。ところが、寝入った直後には良かったこの姿勢が、時間が経つにつれて苦痛になること、ありませんか?特に多頭飼いの家では複数の猫が布団や毛布の上から飼い主さんを囲むように寝ることがあり、こうなるとほとんど身動きが取れなくなります。人間は寝ている間も体を動かすことにより疲れを取っているそうですが、猫が布団を押さえつけているとそれもできません。こんなことから、次の日に首を寝違えたり、腰を痛めたりする飼い主さんが多いのです。

うう~ん、悪霊が乗っている!

ふと息苦しくなって、目を覚ますとお腹の上にど~んと猫が乗っていることがあります。時には、苦しさから怖い夢を見て目を覚ますことも・・・。小さな猫でも体重は3kgほど。大きくなると6~7㎏はありますので、それが上に乗っていたら、相当なプレッシャーですよね。それでもスヤスヤと可愛い顔で寝ている猫を見ると、お腹の上からどかすのが可哀想になってしまう・・・これが飼い主さんの性なのです。

朝、早く起こされる

猫は薄明時(日の入り直後や日の出直前の薄暗い時間帯)に一番活動的になると言われています。だから、目が覚めるのは5時~6時の早い時間帯。起きたらまずごはんを食べたいのが猫の性分ですので、「ねぇ、起きてよ。ごはんは?」と飼い主さんを起こします。起こし方は猫によってさまざま。顔を舐める猫もいますし、足で顔をたたく猫もいます。いずれにせよ、猫の目覚ましに耐えられる人は少ないでしょう。ふとんを被って寝ようとすると一層激しく起こしてくる猫・・・。こうして、猫の飼い主さんは自然と早起きになり、寝不足になってしまうのです。

猫同士の喧嘩で目が覚める

寝ていてもっとも危険なのが、飼い主さんが寝ている布団の上での猫同士の喧嘩。寝る場所を争っているのか、何か気に食わないことがあるのかわかりませんが、一旦、喧嘩の火がついたらもう止められません。下手をすると飼い主さんの体の上に爪を立ててジャンプしたり、着地したり・・・。うっかりすると顔や頭を引っ掛かれることもあるので危険です。

猫と寝る幸せと苦労・・・天秤にかけると幸せの勝ち

猫と一緒に寝ることは幸せな反面、苦労も多いのは事実。それでも、猫が大好きな飼い主さんにとっては、そんな苦労はすぐに忘れられる些細なことです。ちなみに寝る前に少しストレッチをしてから寝れば、良い眠りが得られるうえ、体のこわばりも少なくなるのだとか。猫と一緒に寝ることで体の不調を感じる人はぜひ、お試しください。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

猫用ダイエットフードって普通のフードと何が違うの?

猫も寒くなるとあまり動かなくなり、脂肪を蓄えやすくなります。ぽっちゃりしている猫を可愛いと思う方もいるかもしれませんが、肥満は健康上よくありません。かといって運動させようにも猫自身がダイエッ……

猫の雑学

あなたも「猫」からインターナショナル。「猫」は外国語で何と呼ぶの?

外国語は苦手でも、猫好きなら世界中で猫がどんな言葉、発音で呼ばれているかは興味があるのではないでしょうか?聞かれてすぐに単語を思い出さなくても、耳慣れた単語として耳にしている可能性もあるかも……

猫のニュース

人間とはぜんぜん違う匂いが好き!猫の好きな匂いってどんな匂い?

犬ほどではありませんが猫も嗅覚が発達している動物のひとつ。匂いを嗅ぎ分ける能力は人間の数万倍~数十万倍と言われています。つまり私たち人間に比べて匂いを敏感に感じ取り、影響されると言えるのです……

猫の雑学

そもそもペットロスってなに?どんな症状がでるの?

ペットを飼っている人なら誰もがなってしまう可能性がある『ペットロス』 私は大丈夫!と思っている飼い主さんもいるかと思いますが、家族の誰かがなってしまう可能性もあります。そんなとき支えられる……

猫の雑学

ねこばばの語源、猫の糞にまつわるあれこれ

物をこっそり盗むことを「ねこばばをする」と言います。このねこばば、「猫糞」から来ているって知っていましたか? 「糞」は「ばば」とも読みます。ねこばばが物をこっそり盗むという意味になった理由、……

猫の雑学

体重20㎏を越える猫も!太った猫の健康リスクを考える【獣医師が解説】

猫の肥満……良くないとはわかっていても、欲しがるとついついおやつを上げてしまうなんて人は多いのではないでしょうか。今回は猫の肥満の現状と、肥満のリスクについて解説します。おうちの子は大丈夫で……

猫の雑学

猫の飼い主さんが人一倍気を使う場所!動物病院の待合室でよくある話。

動物病院には、猫以外にも犬やうさぎなど様々な動物が訪れます。そんな中、動物病院の待合室で順番を待っているとキャリーバッグの中身が見えなくて、何の動物が入っているのか謎に思う方もいるのではない……

猫の雑学

いままで動物を拾って帰った経験はある?飼ってもらえた人は約半数。

皆さんは、捨てられている犬や猫を拾って帰った経験はありますか?また拾って帰った動物はちゃんと飼ってもらえましたか?今回は、社会人男女500人に「動物を拾って帰った経験」について聞いてみました……

猫の雑学

ペットロスで苦しみやすい人の特徴とその予防法

「ペットは家族」今や当たり前になっていますが、それだけ親密な関係になってくると、つらいのがお別れ。猫の平均寿命は15~16歳。長くても25歳まで生きられる子はまずいません。 必ずやって……

猫の雑学

【猫のおもちゃ、いろいろ】猫のおもちゃと向いてる猫のタイプをご紹介!

完全室内で飼われる猫が増えて、猫の安全は確保されるようになりましたが、その反面、刺激が少なくなっているのも事実。猫には狩猟本能がありますので、たとえ、ごはんを貰える環境にあったとしてもその本……

猫の雑学

肥満?やせすぎ?健康管理のため知っておこう!猫の体重を正しく測る5つの方法

猫の体重管理には、定期的な体重測定が重要です。体重を定期的に測っていると増減が分かりますので、健康管理にも役立ちますよ。でも、抱っこされるのが嫌な猫や触られるのが嫌な猫の場合、体重を測ること……

猫の雑学

猫のやけどの応急処置を知っておこう【獣医師が解説】

「猫はこたつで丸くなる」の季節がやってきました。冬は寒いだけでなく、猫への危険もいろいろあります。特に冬によくある事故の一つが、暖房器具や熱いお湯によるやけど。やけどは病院で診てもらうことが……

猫の雑学

猫の歯は全部で30本!!種類と役割をご紹介します!

猫の歯は30本あるってご存知でしたか??人間の歯は親知らずを除いて28本なので、あの小さな口の中に30本も生えているのかと驚いてしまいますよね。しかも猫さんは食べ物を丸飲みしても消化できてし……

猫の雑学

猫に虫歯がない理由と虫歯のように見える病気【獣医師が解説】

ヒトにはある病気のほとんどは猫にもありますが、その例外の一つが「虫歯」です。猫には歯石や歯周病などの歯の病気は非常に多いのですが、虫歯はないんです。猫に虫歯がないのはその独特の口の中の環境に……

猫の雑学

避妊、去勢していない猫は気をつけて。2月は発情が始まる時期

最近では子猫の時期に去勢、避妊手術を受けさせる飼い主さんが増えてきて、発情の季節になっても普段と変わらず何食わぬ顔で過ごしている猫が多くなりました。それでも、「猫をケージに入れられず病院に行……

猫の雑学

お正月休みのためにやっておくべきこと、知っておくべきこと

年の瀬も迫ってきました。今年は一年ご家族や猫ちゃんは元気に過ごせましたでしょうか? この時期の心配事の一つが「年末年始に調子を崩したらどうしよう?」心配されている愛猫家の方も多いと思います……

猫の雑学

【ヒゲ疲れ】って何のこと? 猫の【ヒゲ疲れ】に注目した世界で初めての食べやすいフードボウルが日本上陸!

画像出典:ValuePress! 「猫のヒゲ疲れ」って聞いたこと、ありますか?ほどんどの飼い主さんが初耳なのではないでしょうか。5月8日にオープンした「DR.CATSBY‘S」(ドクタ……

猫のニュース

【あなたは子猫派?それとも大人の猫派?】猫を飼い始めるタイミングは何歳ぐらいがベスト?

あなたが愛猫を家族として迎え入れたのは、猫が何歳の時でしたか?まだ、目が開いたばかりの子猫だったという人、もう立派な大人の猫だったという人、さまざまでしょう。猫を飼い始めるのにベストな時期が……

猫の雑学

猫専用のドア「猫ドア」で猫に快適な環境を作ろう

「猫ドア」をご存知でしょうか?猫だけが自由に出入りできるよう、壁やドアに取り付けた小さなドアのことです。日本ではあまりメジャーにはなっていませんが、海外では、玄関に付けて愛猫が家と外を自由に……

猫の雑学

青目の白猫は難聴?その理由と確率とは…【獣医師が解説】

「青目の白猫は難聴が多い」って聞いたことはありませんか?これは単なるうわさではなく、れっきとした事実です。今回は青目の白猫が難聴になる理由とその確率を見ていきましょう。 毛の色と難聴に関係……

猫の雑学