2017年6月13日更新

標的は風鈴、扇風機、網戸・・・気をつけたい!夏ならではの【猫のいたずら】

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫はいたずらが大好きです。もともと狩猟本能の強い動物ですので、動いているものや音のするものには興味深々。気がついてみたら、大切なものが猫の魔の手にかかっていたなんてことはよくあります。そこで、今回は夏に家の中で猫がいたずらするモノを集めてみました。もし、あなたの家にもあるようなら、猫にいたずらされないように気をつけてくださいね!

 

猫はいたずらの天才!興味のあるものは何でもおもちゃに!

風に揺れる風鈴が「遊んでくれ」と呼んでいる!

風に吹かれて「チリンチリン」と涼しげな音を立てる風鈴。人間にとっては涼を呼ぶグッズですが、猫にとっては飛びつきたい獲物です。風鈴は大抵、高いところに下がっていますので、なかなか猫の手が届くことはないと思いますが、ちかくに家電や家具があったらジャンプして飛びつく可能性も。風鈴が落ちるくらいならまだ、苦笑いで済みますが、飛びついた拍子に猫が窓の外に落ちてしまったりしたら大変です。風鈴は猫が絶対手の届かないところに下げておいた方が良いでしょう。

網戸に猫がはりつけに!

爪の引っ掛かる網戸は猫にとって、破壊工作の対象です。網をびりびりにしてみたり、爪を掛けてよじ登ってみたり・・・。挙句の果てに網戸をこじ開けて脱走する猫もいます。網戸が壊れるのも困りますが、爪が引っ掛かったまま取れずに猫がはりつけになることも。こうなると爪を怪我することもありますので注意が必要です。網戸も興味をもつ猫と、無視する猫がいますので、まず愛猫が網戸にどんな反応を示すのか観察してみると良いですね。

くるくる回る扇風機、あれゲットしたい!

くるくる羽を回し、首を振る扇風機。猫にとっては、これも興味の対象になります。扇風機は中に手が入ると危険ですし、勢い余って倒れても危ない・・・。もし、すでに家に扇風機があるなら、専用のネットをかぶせて猫のいたずらを防ぐと良いでしょう。これから購入するという人は、羽のない(もしくは羽の見えない)扇風機を買うか、タッチセンサー式で稼働の止まる扇風機を選ぶと良いでしょう。こういった扇風機はちょっと高価ではありますが、猫がケガをしたり、猫に壊されたりするよりは良いかもしれません。

哀れ、レースのカーテン

レースのカーテンは1年中かかっていますが、夏には厚手のカーテンを束ねて薄いカーテンだけを使うことが増えてきます。外からの風に吹かれた薄いレースのカーテンは猫の格好の遊び相手。体重の軽い猫なら登ってしまいますし、大きな猫なら下の方だけを爪でびりびりにしたりします。せっかくの涼しげなインテリアも猫のおかげでみすぼらしい布きれに。とはいえ、カーテンがないとダイレクトに日の光が入るので、そのまま掛けておかざるを得ないのです。

薄着の私に猫の爪痕

半袖やショートパンツなど、肌の露出が増える季節は、猫の爪の攻撃をダイレクトに受ける可能性があります。猫は部屋の中を走り回って、方向転換する時に飼い主さんの体の上に爪を立てたりしますが、こんな攻撃も夏だと傷が深くなりがち。猫の動きは予期できないことも多いですが、猫が元気に走り始めたら、そっとその場を離れた方が良いかもしれません。

猫のいたずら、笑えるうちに対処を

ご紹介したこれらの猫のいたずら、実は猫自身は悪いことだとは思っていません。猫にとっては当然の習性であり、息をするのと同じぐらい普通のことなのです。なので、猫にこれらのことを止めさせるのはあきらめた方が無難。置く場所を考えたり、いたずらされにくいモノに替えるなど、飼い主さんの方で予防策を考えてくださいね。

 
 

関連カテゴリ