2017年6月20日更新

【猫のおもちゃ、いろいろ】猫のおもちゃと向いてる猫のタイプをご紹介!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

完全室内で飼われる猫が増えて、猫の安全は確保されるようになりましたが、その反面、刺激が少なくなっているのも事実。猫には狩猟本能がありますので、たとえ、ごはんを貰える環境にあったとしてもその本能を満足させることが大切です。そう、室内で飼われている猫には遊べる道具が必要なのです。そこで、猫のおもちゃにはどんな種類があるのかを調べてみました。あなたの猫にもいろいろなタイプのおもちゃを与えて猫心を満足させてあげてください。

 

隠れる、走る、キャッチする・・・猫の狩猟行動を紐解くと必要なおもちゃが見えてくる

猫は基本的に待ち伏せして、近づいてきた獲物を瞬発力で捕えるスタイルで獲物を捕っています。そんな猫の狩猟スタイルを考えると、猫にどんなおもちゃが必要なのか理解することができます。

高いところから獲物を見つける→キャットタワー

猫は木の上や塀の上など高いところが大好きです。猫は高いところから周りを見渡すことで、ライバル猫を監視したり、遠くから近づいてくる獲物をいち早く見つけたりすることができます。高い場所に登ることができるキャットタワーの設置は猫に安心感を与え、自信をつけさせることができるのです。

オススメのタワー

タワーにもさまざまな種類がありますが、大きく分けると天井と床の間に突っ張り棒を立ててその間にステップを設けるタイプと、床面設置型があります。突っ張り棒型は体重の重い猫や、複数の猫が乗っても揺れが少なく丈夫なのが特徴。高いところまでステップが組めるので若い猫も満足できます。床面設置型は、天井高のある部屋にも自由に置けるのが特徴でデザインやステップの組み方にバリエーションがあるのが良い点です。いずれも丈夫で材質がしっかりしたものを選ぶのがポイントで、爪とぎなどが併設されていればより便利。パーツが別売りされているタイプは汚れたり、壊れたりした時に交換ができるのでおススメです。

陰に隠れて獲物を狙う→トンネル

猫はピューマやライオンのように長い距離を走って獲物を捕らえるのではなく、物陰から近づいてくる獲物を待ち伏せして襲い掛かる狩りが得意です。猫は狭くて暗い場所に身を潜める習慣があると言われていますが、これには待ち伏せの習性が影響しているようです。さらに、物陰は外敵から身を守るのに適している点も猫を安心させます

オススメのトンネル

猫用のトンネルは最低、猫の全身が隠れる程度の長さがあった方が良いでしょう。折りたたんで長さを調整できるタイプなら遊びの幅が広がり猫も喜びます。トンネルの途中に穴が開いているタイプは猫が自由に出入りで来たり、手を出し入れして遊んだりできるのでおススメです。最近ではトンネルの素材にカサカサと音が出るものを使用しているものも多いようですが、こういうビニール素材は軽くてハンドリングが楽なうえ、汚れても洗うことができるので便利です。

動くモノはすかさずゲット!→ねこじゃらし/ボール

猫は素早く動くモノを見ると思わず飛びついてゲットする習性があります。これは言うまでもなく、猫が生きている獲物を捕まえて食料にしていたから。猫は動くモノが見えると飛びついたり、猫パンチを食らわせたりして、狩猟本能を発揮するのです。

オススメのねこじゃらし/ボール

ねこじゃらしもボールもなるべく猫の興味を引きそうなタイプを探しましょう。猫は色を識別できるわけではありませんので、色はそんなに重要ではありません。むしろ、ねこじゃらしは羽がついていたり、音がしたり、紐がついていたりする方が猫の興味を引くことができるでしょう。ボールは跳ねるもの、猫が手を使って遊べるような軽いもの、音が出るものがおススメ。ねこじゃらしもボールも猫がかじっても安全な素材を選びましょう。最近では自動で動くねこじゃらしやボールも増えていますので、忙しくて猫とあまり遊んであげられない飼い主さんにはおススメです。

捕まえて噛みつく→ぬいぐるみ/ねずみのおもちゃ

猫は捕まえた獲物を抱え込んでひっかいたり、噛みついたりするのも大好きです。よく、食べるわけでもないのに虫を痛めつけている猫を見かけますが、これも猫の狩猟本能の現れです。猫がちょうど抱え込めるようなぬいぐるみや大好きなねずみのカタチのおもちゃは猫の本能を呼び覚ましてくれます。

オススメのぬいぐるみ/ねずみのおもちゃ

ぬいぐるみやおもちゃは猫の興味を引くような音が出るもの、またたびやキャットニップの匂いのするものなどがおススメです。さらに猫が口に入れても安全な素材を選ぶことも大切。かじったりして汚れることも多いので洗える素材は便利ですが、基本的に消耗品ですので汚れたら新しいものを買う方が良いでしょう。よくおもちゃに鈴がついていることがあり、猫も喜ぶのですが猫が飲み込んでしまうと危険です。鈴が取れそうなおもちゃは避けた方が良いでしょう。

猫のおもちゃは猫が猫らしく生きるためのツールです

家の中で暮らすことで安全が確保されているのは良いことですが、その反面、運動不足の猫が増えているのは問題です。猫が猫らしく生きるためにもおもちゃは数種類、用意するのが理想的。猫の習性を理解すれば、その理由もわかりますね。おもちゃは必ずしも購入する必要はありません。家にあるものを上手に活用して、猫がストレスなく過ごせる環境を作ってあげてください。

 
 

関連カテゴリ