2017年6月10日更新

愛猫の心に寄り添おう!室内飼い猫に急増中の「分離不安症」とは?

完全室内飼いで飼われる猫が増えてきた近年は、愛猫の身体面だけでなくメンタル面まで気にかけてあげることが大切。
飼い主さんと猫の距離が近づいたからこそ「分離不安症」という、心の病気にかかる子も増えているのです。
そこで今回は猫の分離不安症を詳しく解説するとともに、飼い主さんだからこそできる対策法をいくつかまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

猫の「分離不安症」とは?

分離不安症とは、飼い主さんがいなくなるということに、極度の不安感を抱いてしまう心の病気です。分離不安症の子は、飼い主さんと離れることを不安に思うので、何とかして飼い主さんをとどめようとします。

それでも、飼い主さんが傍にいなくなってしまったときは飼い主さんが返ってくるまで大声で鳴き叫ぶといった症状が見られる子も少なくありません。

そんな分離不安症は症状としては、異なる 2 種類のタイプに分かれます。

まずは、心に抱えた不安感が外に向くタイプ。
このタイプは攻撃的な態度をとることが多く、強い不安感から飼い主さんに対して噛みついたり唸ったりします。
中には脈が速くなったり、口腔内に問題はないのによだれを垂らしたりする子もいるのです。

それに対して、不安感を周りではなく自分のぶつけてしまうタイプの子は、自分自身を傷つける行動に走ることがあります。
例えば、同じ場所を何度も毛づくろいして脱毛をつくる「過剰グルーミング」を行ってしまったり、ストレスから膀胱に炎症が起きてしまうケースも。
中には食欲や元気がなくなり、人間でいう「うつ状態」のような症状に陥ってしまうことも少なくありません。

分離不安症の愛猫に飼い主さんができることとは?

自分の大切な愛猫が分離不安症になってしまった場合は、獣医さんに相談して動物用の精神薬で心をケアしてあげることも大切です。
しかし、中には飼い主だからこそできるサポート法もあるので、これから詳しくご紹介していきたいと思います。

1.留守中の時間を楽しませてあげよう


分離不安症の子は、留守中も飼い主さんのことばかりに意識がいってしまいがち。
そんな心を満たしてあげるのは、留守は楽しいものだということを猫に覚えさせるのもおすすめです。
そのためには、猫が留守中に一人で遊べるように電動のおもちゃを置いておきましょう。

また、テレビやラジオなどの音を流すのも効果的ですし、最近話題になった「猫のための音楽 CD」を流すのもひとつの方法です。

2.外出時の行動パターンを変えよう

猫は賢い生き物なので、飼い主さんが外出するときの行動パターンをよく見ています。
愛猫が分離不安症だと、外出時についより一層かわいがってあげたくなりますが、それはNG。猫の気持ちを余計に逆なでしてしまう恐れがあります。

猫の気持ちを刺激しないためには、愛猫に「外出する」ということを悟られないようにすることが大切。
例えば、服を着てからカギを取るという行動をとっている方は、カギを取ってから服を着るといったように外出時の行動をパターン化させないように気を付けてみましょう。

3.大人しいときほどスキンシップを

鳴いたり噛んだりしているときに飼い主さんが構うと、自分の要求が通ったように感じられるもの。
そのため、症状エスカレートしてしまうケースもあります。

そういったことを防ぐためには、愛猫が大人しくしているときほどスキンシップを取ってあげましょう。
自分が訴えかけなくても構ってもらえるということが分かれば、無駄鳴きや攻撃的な症状も抑えていけるはずです。

愛猫の気持ちに寄り添った対処法をとろう

心の原因がある分離不安症は治療に根気がいる場合も多いもの。そんな病気だからこそ、愛猫がなにを感じているのかということを理解することが大切で
す。
ぜひ、飼い主さんだからこそできるような猫の目線に立った対処法を取っていきましょうね。

古川諭香



キャットケアスペシャリスト

キャットケアスペシャリストの資格を活かし、さまざまな猫メディアにて猫情報を分かりやすく配信中。自身も猫サイトを立ち上げ、愛猫と楽しく暮らしていくための秘訣や猫に関する知識などを分かりやすく解説。猫と一緒に暮らせる猫仕様の家も建設し、人と猫が快適に生活していくための方法も伝授している。

関連記事

猫が好きな場所の条件を知って猫のための空間を作ろう

最近、動物園などで野生の動物にできるだけストレスを感じさせない環境を作る「環境エンリッチメント」が話題になっています。環境エンリッチメントは動物園だけでなく、お家で飼い猫のためにもできるんで……

猫の雑学

ゆっくり焦らず根気よく!猫のダイエット

太りすぎが体に良くないのは、人間も猫も一緒です。太りすぎた場合は、当然「ダイエット」が必要になります。 しかし、人間も猫もダイエットするのは簡単ではありません。食事を制限したり、運動を……

猫の雑学

どうして猫は「お土産」持って帰ってくるの?

猫を飼っていると、たまに猫が「お土産」を持ってきたりします。ネズミやモグラなどをプレゼントされた経験はありませんか?人間にしてみれば「どうしてこんなものを持ってくるの!?」と怒りたくなります……

猫の雑学

【猫のおもちゃ、いろいろ】猫のおもちゃと向いてる猫のタイプをご紹介!

完全室内で飼われる猫が増えて、猫の安全は確保されるようになりましたが、その反面、刺激が少なくなっているのも事実。猫には狩猟本能がありますので、たとえ、ごはんを貰える環境にあったとしてもその本……

猫の雑学

猫好きは要チェック!3月26日は第一回ねこ検定

世の中にはいろいろな検定がありますが、猫好きの人に取ってほしいのが「ねこ検定」。今年2017年に「第一回ねこ検定」が行われます。今回はそんなねこ検定についてご紹介します。 ねこ検定とは ……

猫の雑学

ワールドワイドな猫のことわざ

猫は世界各国に古来からいる生き物。日本にももちろん猫に関することわざがありますが、猫のことわざは世界にもたくさんあるのです。「黒猫は不吉だ」などと言われてしまうこともありますが、世界のことわ……

猫の雑学

発表!2016年アメリカで人気の猫の名前、オス・メスTOP10!

猫を飼うときに最初にすること。それは名前を決めることです。皆さんあれこれ悩んでつけていると思います。2015年に発表された、日本の猫の名前トップ3は、男の子で「レオ」「ソラ」「コタロウ」、女……

猫の雑学

激レア! 「三毛猫のオス」は家が買えるほど高価って本当?それとも都市伝説?

どの街角でも見かける「ネコ」。茶色のトラや白黒のブチ、3色そろった三毛猫が定番だが、オスの三毛猫は家が買えるほど高値がつくのはご存じだろうか? 毛の色は遺伝子によって決まるが、子の性別……

猫の雑学

ブラッシングに+α 猫の抜け毛を減らす方法

猫を抱っこしたあと服を見たら、抜け毛がべったり……なんて経験がある人も多いのではないでしょうか。猫の毛は細くて軽く、掃除がしにくいものです。服やカーペットに就いたものは粘着テープで簡単に取り……

猫の雑学

ペットロスで苦しみやすい人の特徴とその予防法

「ペットは家族」今や当たり前になっていますが、それだけ親密な関係になってくると、つらいのがお別れ。猫の平均寿命は15~16歳。長くても25歳まで生きられる子はまずいません。 必ずやって……

猫の雑学

猫のことわざは世界共通? 英語の中の「猫ことわざ」

「猫に小判」や「猫の手も借りたい」など、私たちの暮らしの中には猫にまつわることわざがたくさんあります。では、海外にも猫にまつわることわざはあるのでしょうか? 以外にも世界各地に猫にまつわるこ……

猫の雑学

猫の鼻キス。猫が鼻と鼻を近づける理由とは?

猫同士が出会うと鼻先を近づけてクンクン・・・チューしてるの?と思うくらい近付く事もありますが、これは何をしているのでしょうか?猫同士だけではなく、人間にもしてくる事があります。また、指先を近……

猫の雑学

愛猫の心に寄り添おう!室内飼い猫に急増中の「分離不安症」とは?

完全室内飼いで飼われる猫が増えてきた近年は、愛猫の身体面だけでなくメンタル面まで気にかけてあげることが大切。 飼い主さんと猫の距離が近づいたからこそ「分離不安症」という、心の病気にかかる子……

猫の雑学

猫は洗濯物がお好き?叱られても洗濯物の上に乗る理由とは?

乾いた洗濯物を取り込むと、猫が決まって洗濯物の上に乗っていますよね。飼い主さんに叱られても、止めようとしないのはやっぱり洗濯物が好きだから?そこで今回は、猫が洗濯物の上に乗るのが好きな理由を……

猫の雑学

黒猫が運ぶのは不幸?幸福?黒猫の歴史とベルギー猫まつりとは

猫というと「黒猫」を思い浮かべる人は少なくないのではないでしょうか。マイナビニュースによると、好きな猫の色ランキングでは第4位にランクしています(1位は茶トラ)。黒猫は不吉だという話も聞いた……

猫の雑学

愛猫との最期のお別れ~猫の葬儀の方法~

ペットは、どんなに大切にしていても、私たち人間よりも長生きすることは稀です。 猫の寿命は16歳程度と言われています。「猫は死期が近くなると姿を消す」と聞いたことがある人は多いと思います……

猫の雑学

高齢猫のために知っておきたい…お別れするのに必要な費用はどのくらい?

愛猫が亡くなった時、あなたはどのように猫を送りますか?以前に愛猫との別れを経験したことがある飼い主さんなら、悲しみにくれながらも次の行動を起こすことができるでしょう。しかしながら、猫との別れ……

猫の雑学

猫が親しみを込める鳴き方、サイレントニャー。声を出さない鳴き方の秘密。

猫の鳴き方、いろいろありますよね。か細い「ニャー」から恨めしい感じの「うゎ~お」という鳴き方まで、猫は鳴き声にその時の感情や要望を込めて訴えかけてきます。 飼い主さんにとって猫の鳴き方……

猫の雑学

猫も衣替えをする!?猫の換毛期

私たち人間は、季節に合わせて衣替えをします。でも、猫も衣替えをするってご存知でしたか?猫も確かに衣替えをするのですが、私たちのように服を着ているわけではないので、クローゼットの中身を入れ替え……

猫の雑学

いままで動物を拾って帰った経験はある?飼ってもらえた人は約半数。

皆さんは、捨てられている犬や猫を拾って帰った経験はありますか?また拾って帰った動物はちゃんと飼ってもらえましたか?今回は、社会人男女500人に「動物を拾って帰った経験」について聞いてみました……

犬の雑学