2017年6月19日更新

猫アレルギーでも飼いやすい?ハイポアレルジェニックキャット8選

古川諭香



キャットケアスペシャリスト

キャットケアスペシャリストの資格を活かし、さまざまな猫メディアにて猫情報を分かりやすく配信中。自身も猫サイトを立ち上げ、愛猫と楽しく暮らしていくための秘訣や猫に関する知識などを分かりやすく解説。猫と一緒に暮らせる猫仕様の家も建設し、人と猫が快適に生活していくための方法も伝授している。

 

猫が大好きで飼いたくてたまらないのに、自分自身が猫アレルギーだととても辛い気持ちになってしまいますよね。
そんな方におすすめなのが、猫アレルギーの人でも飼いやすい「ハイポアレルジェニック・キャット」と呼ばれる猫たち。
今回はそんな猫種を一挙ご紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

 

そもそも「ハイポアレルジェニック・キャット」とは?

猫アレルギーはそもそも、猫の抜け毛や唾液・尿などから出る「アレルゲン」という物質によって引き起こされるものだといわれています。
ハイポアレルジェニック・キャットは、そうしたアレルゲンが出にくい猫たちを呼ぶ総称。

一般的な猫種よりも猫アレルギーを引き起こしにくいので、猫アレルギーの人でも飼いややすいのが特徴です。

ただし、誤解してはいけないのがまったく猫アレルギーを引き起こさないわけではないということ。あまりにも強いアレルギー反応が出てしまうという方はいつもと同じようなアレルギー症状が見られてしまうこともあります。しかし、軽度の猫アレルギーの場合は憧れの猫ライフが楽しめるようになる可能性もあるので、選択肢のひとつとしてチェックしてみてくださいね。

猫アレルギーで飼いやすいハイポアレルジェニック・キャット 8 選

1.サイベリアン

サイベリアンは唾液に含まれている糖タンパク質が少ないため、猫アレルギーの方でも飼いやすい猫種です。
大型の猫種ですが活発で遊び好きな一面もあるため、上下運動ができるようなスペースを取り入れてあげましょう。

2.バリニーズ

シャムと似ているバリニーズは長毛種ですが抜け毛が少ないため、猫アレルギーの方に優
しい猫種。甘えん坊でおっとりした性格は、シャムとはまた違った魅力を感じさせてくれます。長毛種にしては珍しく、運動好きな子も多いのでキャットタワーなどを設置してあげましょう。

3.ベンガル

ヒョウ柄模様が素敵なベンガルは短毛種ということもあり、他の猫種よりも抜け毛が少ないといわれています。
性格も見た目とは違って穏やかで愛情深いため、猫を飼ったらとことん可愛がりたいと思っている方におすすめできる猫種です。

4.コーニッシュレックス

一般的な猫種とは違って、被毛がカールしているコーニシュレックスは下毛とよばれる「オーバーコート」が生えていません。
猫の抜け毛はアンダーコートが抜けることが原因なため、それを持たないコーニッシュレックスは抜け毛が少ない猫種なのです。
同じく巻き毛のデボンレックスも抜け毛が少ない猫種なので、猫アレルギーの方にもおすすめできます。

5.オリエンタルショートヘア

シャムを元にして作られたオリエンタリショートヘアはとても短毛なため、抜け毛があまり出ません。寂しがりで甘えん坊なため、1日の中で遊んであげる時間を決めながらスキンシップを図っていきましょう。

6.シャム

ブルーの瞳が美しいシャムも一般的な猫種より抜け毛が少ないので、アレルゲンが出にくい猫種です。依存心が強く、飼い主さんに対して深い愛情を示してくれるのでマイペースな猫よりも甘えん坊な猫が飼いたいと思っている方にぴったりな猫でもあります。

7.スフィンクス

スフィンクスは毛が全く生えていないのではなく、とても短い産毛が生えています。

しかし、他の猫種と比べると毛の量が少ないので抜け毛が出にくいのです。そのため、寒さに弱いという特徴があるのでおうちに迎えたときは暖房などを活用させながら冬を乗り越えさせてあげましょう。

8.ロシアンブルー

その毛色から「ブルー御三家」としても有名なロシアンブルーは他の猫種よりも抜け毛が少ないことが特徴。
心を許してくれるまでに時間はかかりますが、大人しくて賢い性格はとても魅力的。大声で鳴き喚くようなこともないので、アパートなどの集合住宅で暮らしている方にもぴったりです。

 

アレルギー症状と合わせて慎重に検討しよう

ハイポアレルジェニック・キャットを迎えるときは、自分のアレルギー症状を見極めながら飼育を検討してみましょう。

また、アレルギー症状を和らげるためには掃除機をこまめにかけたり、空気清浄器を設置することも大切なので意識してみてくださいね。