ココは大切!「猫のご飯の基本3か条」をマスターして猫の健康を考えよう

画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト
ニャ~ン…。と上目遣いに見つめられると、ついついモン○チの小袋を取り出してしまうワタクシ。しかしこれは猫にとって良い飼い主とは言えませんよね。

「猫の健康」は飼い主の「管理の仕方」で左右されます。愛猫を長生きさせ、ずっと健康でいてもらうためには、甘やかすよりも「猫のご飯の基本」をきちんと知っておくことがとても重要。

猫のおねだりに負けてはいけません!(←自分)愛猫の健康長寿のために、猫のご飯の質や与え方にはぜひ気を使ってあげるようにしましょう。

今回は、意外と知らなかも?ココは大切!「猫のご飯の基本3か条」をご紹介します。

 

猫のご飯の基本3か条:猫のご飯は1日に2回


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト
子猫の場合は当てはまりませんが、成猫の場合は猫のご飯は原則1日に2回。朝と晩に決まった時間に与えてあげるのがベストです。

猫によってムラ食いが好きな猫もいますが、フードの出しっ放しは衛生面や猫の健康を考えるとあまりお勧めではありません。

愛猫の体重をチェックして、適切な分量を量ってその都度あげるのが良いでしょう。猫におやつをあげたい場合は、量やカロリーは猫のご飯の10%以内を心がけて、猫の肥満には気をつけてあげることが大切です。

 

猫のご飯の基本3か条:器の質は重要です


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

猫のご飯の器は深すぎずヒゲが当たらない大きさのものを。器の材質は陶器やステンレスがベストです。安価なプラスチック製はお手軽ですが、細かい傷がつきやすく、汚れもこびりつきやすいのでお勧めではありません。

また重さも軽いので、猫がご飯を食べるときに動いてしまって食べにくいというデメリットもあります。

猫壱のフードボウルは食洗機でも使える陶器製。猫が屈まなくても食べやすい「高さ」と食べこぼしを防ぐ「返し」が器の内側に付いています。

 

猫のご飯の基本3か条:食事は落ち着いて食べられる場所で

あげやすいから、片付けやすいから、という理由でキッチンの床などで猫にご飯を与える人は多いかもしれません。

しかし騒がしい場所や人が多く出入りする場所は、猫も落ち着いてご飯を食べることができません。

そして重要なのは、「トイレの近くはNG」ということ。猫は匂いに敏感です。ゆっくりと落ち着いて食べられる、清潔な環境で猫に与えましょう。

フードの器とお水の器は離れた場所に用意してあげるのがベスト。留守中にひっくり返すことも考えて、飲み水の器は室内の複数の箇所に用意してあげて下さいね。

いかがですか。知ってるようで知らない「猫のご飯の基本3か条」特に猫の飲み水は、猫が室内を「パトロール」するポイントに2箇所程度は置いておくと水分補給をしやすくなります。

愛猫の健康管理は飼い主の基本。ぜひこの3か条は参考にして下さいね。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

猫壱

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪