2017年6月21日更新

あなたはいくつ当てはまる??愛犬からの『愛情表現』15選!!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

飼い主さんに忠実なワンコたち!!犬からの愛情表現は分かりやすいものが多いかと思います。しかし、クールな性格の子や、表情が出にくい子などワンコたちにも個体差があり、見逃してしまっていることも…

そこで、ワンコたちから送られる『愛情サイン』をご紹介します♪たくさん当てはまる方は愛犬と深い絆で結ばれている証拠かも♪

1.一緒に寝てくれる。

もともと群れで生活をしていた犬たちは、外敵から身を守るために仲間と身を寄せあって眠っていました。そのため、飼い主さんと一緒に寝るというのは仲間として認識しているということ!夜寝る時は別々でも、お昼寝のときにワンコがくっついてきて眠る…というのも同じです♪信頼している人にだけ見せる姿です(*´`*)

2.飼い主さんを見上げる。

一緒に散歩をしているときによく見られる動作ではないでしょうか?飼い主さんのことを見上げるのは、飼い主さんから何か指示が出たとき、すぐに対応できるように準備しているようです!飼い主さんを心から信頼しているからこそ見せる仕草です♪

3.首を傾げる。

飼い主さんが声をかけたによくみられる動作。これは「飼い主さんが自分に対してなにか言っている!!」と理解していて、もっとちゃんと聞き取れるように!と努力している仕草です!言っていることが理解できるかは別問題ですが、飼い主さんの声をしっかり聞き取ろうとしています♪興味のない人や、尊敬していない人にはあまり見せない仕草です!

4.輝く笑顔♪

信頼していない人には決して見せることのない笑顔!!緊張状態や安心していない場合は口をぎゅっと閉じていることが多いようです。口を開けて笑顔を見せてくれるのは、ワンコにとってあなたが特別な人だという証拠です(*´ω`*)

5.話し相手になってくれる。

楽しいことがあったときも、悲しいことがあったときもいつでもあなたの味方で、話を聞いてくれる…それはあなたを心から愛している証拠です。飼い主さんが落ち込んでいる時、嬉しそうな時、不安そうな時、犬はちゃんとわかっています。どんなときでも傍にいて寄り添ってくれるのは飼い主さんのことを愛しているからです♪

6.お腹をみせてくれる。
急所であるお腹を見せるということは全幅の信頼をよせている証!!仲間として、家族として、信頼していて愛してくれているなによりの証拠です(*´`*)

7.前足を体にかけてくる。
子犬が母乳を求めるため母犬する仕草の名残で、飼い主さんに甘えたい時やかまって欲しいときによくみられます♪テレビや読書などに集中していたら足元にそっとやってきて前足をちょんちょんとかけてこられたら構わずにはいられません(*´`*)甘えたくて仕方ない!!という時にみられる仕草なので、思いっきりもふもふしてあげてください♪
※見極めは難しいのですが、「飼い主さんよりも自分が上だ!」ということを示している可能性もあるので要注意です!

8.飼い主さんの『物』で安心している。

飼い主さんの服やベッド、普段使っているクッションや枕など飼い主さんのニオイが近くに感じられると安心するワンコたち!大好きな飼い主さんのニオイだからこそ安心するので、脱いでポンっと置いた服のうえで丸くなっていたり、飼い主さんのベッドの上でぐっすり寝ていたり…そんな姿を見たら「フフフ♡」と喜んでください♪ワンコに愛されている証です!!

9.飼い主さんが近くにいなくてもリラックスしている。

これはかなりの信頼関係が成り立っていないとなかなか見られないかもしれません…強い絆で結ばれているので、飼い主さんと少しぐらい離れても大丈夫♪と思っているからこそ見せる行動です。自分も飼い主さんを愛しているし、飼い主さんも自分のことを愛しているという自信のあらわれです♪飼い主さんが出かけるときにそっと見送ってくれるのもこれと同じ心理状態だといえます(*´ω`*)

10.おしりをくっつけてくる。

「おしりをくっつけてくるなんて…」と思うかもしれませんが、信頼している人にしかしない行動です!飼い主さんと一緒にいるときに近くにやってきて、ピトッとおしりをくっつける行動は飼い主さんに大好きだよーと伝えていると思っていいかもしれません(*´`*)

11.お出迎え。
飼い主さんの帰宅を心待ちにして、玄関で待っていたり、飼い主さんの帰宅に合わせて玄関までお出迎えに来てくれるのは愛されている証拠です♪大好きな飼い主さんが帰ってきて嬉しいという感情を爆発させています(*´`*)しかし、興奮しすぎると収拾がつかなくなることもあるので、犬が少し落ち着いてから構うなど工夫が必要な場面でもあります!!

12.顔をなめる。
ほっぺや口など、顔をなめるのは服従のサインでもあり、愛情のサインでもあります。信頼している人や、好きな人にしかしない仕草ですが、感染症の危険もあるので、要注意です!!感染症は人から犬、犬から人どちらの可能性もあるので注意してください!!

13.名前を呼んだら寄ってくる。
飼い主さんの声にちゃんと反応して寄ってきてくれるのは信頼の証です!!聞き覚えのない声でも自分の名前を呼ばれると反応を示すこともありますが、警戒心が無いわけではありません。名前を呼んで一目散に寄ってくるのは飼い主さんや信頼している人に対してだけです♪

14.じっと顔をみつめる。
大好きな飼い主さんと見つめ合うと幸せな気持ちになるワンコ達!もちろん見つめられた飼い主さんも幸せに♡飼い主さんのことを絶対的なリーダーだと思っていて、逆らいません!という意味で目を合わせないということもあるようです…それはそれで、信頼されている証かもしれません!!

15.飼い主さんが愛情を注ぐ!
「犬からの愛情サインなのに?」と思うかもしれませんが、犬は自分が愛されているかどうかを感じ取ることができます。飼い主さんからたくさん愛情を注がれた犬は飼い主さんを同じように愛してくれます(*´`*)犬にどれだけ愛されるかは飼い主さんの愛し方によって変わってくるかもしれません!!