なぜ猫は上に乗るんだ?!飼い主さんが寝てると胸の上で眠る猫。

勝手気ままにふるまう動物、ネコ。でもそんなところが可愛くてどうしても憎めまない動物ですよね。

毎日自由に生活している猫は、朝一番から人に迷惑をかけます。石に押しつぶされる夢を見て……重くて苦しくて起きてみると、胸の上には猫が乗ってる。「重いなー」と思いながらも許してしまう、そんな飼い主さんも多いのではないでしょうか。なぜ、猫は布団の上に乗るのでしょう?

 

猫が布団の上に乗る理由

猫が布団の上に乗ってくるにはいくつかの理由が考えられます。

  • 飼い主が起きるのを待っている/早く起きて欲しい
  • 人の近くにいると安心する
  • 高いところが好き
  • 暖かいところが好き

飼い主さんの近くにいたいけど、捕まえられるのは嫌という猫も多いようで、その場合は布団の中に入らず布団の上に乗ってくるようです。飼い主が寝ている朝の時間に、布団の上に載ってリラックスするということが朝のルーティーンになっている猫も多いようです。

 

布団の上に乗った猫あるある


布団の上に乗っていても、猫は飼い主の思うようにはいきません。

捕まえると逃げていく

暖かくふわふわした猫を抱きながらの二度寝――最高に幸せなひと時ですね。

そんな妄想を抱いて、布団の上にいる猫を捕まえて布団の中に引きずりこんで見たものの、すぐにどこかに行ってしまう。そして気付くとまた布団の上に……布団の上が一番のお気に入りなんですね。

どかすのが申し訳なく起きられない

仕方なく布団の上に猫を載せたまま寝ていると、そろそろ起床時間に……。そうなっても猫様をどかすのが申し訳なく、起きられないなんて人も少なくないんじゃないでしょうか。ギリギリまで寝ていて、「ごめん」と言って起きるという毎朝を過ごしている飼い主さんも多いですよね。

 

猫と一緒に寝ることは可能か?

布団の上に乗ってくるくらいなら布団の中に入れて一緒に寝たいですよね。実際に、布団で一緒に寝ることは可能なのでしょうか?

答えは、「猫による」ということになってしまいます。基本的に、猫は人に抱かれて寝るより、自分の好きな場所で好きな態勢で寝たい動物です。もし一緒に寝たい場合は、小さいころから一緒に寝る癖をつけておかないと難しいかもしれませんね。

 

まとめ


朝、猫が布団に乗ってくる行動は、ほとんどの人が許しているだけではなく楽しみにしているようです。寝苦しさより猫の愛らしさの方が上回るんですね。朝の貴重な睡眠を邪魔されても、布団に乗ってくる猫を見るのは、猫を飼う醍醐味の一つなのかもしれません。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。