2017年7月2日更新

飼い主があくびをすると猫も…。思わず笑ってしまう猫の不思議な行動

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

猫の性格や癖は猫それぞれ。でも思わず???となってしまう猫の行動はありませんか?

最近気がついた愛猫の不思議な癖。毎日のゴロゴロスリスリの挨拶の他に、私があくびをすると、しばらくすると猫もあくびをする確率がかなり高い!!

果たしてこれは偶然でしょうか?飼い主さんが猫の目を見つめてゆっくりと目を開けたり閉じたりすると、猫も同様の行為を返してくれるという説、これはよく言われる「親愛の印」として有名な行動ですが、あくびを真似するのは一体何の意味があるのでしょうか。。。

今回はよく考えると笑ってしまう、猫の不思議な行動について考えてみました。

 

飼い主のあくびはうつりやすい

2013年8月に発表された東京大学の「ペットと飼い主の関連性について」の研究によると、

「ペットは見知らぬ人のあくびよりも飼い主のあくびの方がうつりやすい」

ということがわかったそうです。しかしこれは犬の実験で猫ではデータがないようですが、相手があくびをしているのをみて自分もあくびをするというのは、相手に

「共感」

しているからなのだとか。相手に共感するということは信頼や愛情の気持ちを持っているという意味にもつながります。

このあくびの実験は、盲導犬の適性を判断するのにも使われるそうですから、かなり信用度は高いかも知れませんね。

猫の体は意外に伸びる


猫を抱っこしようとする時、ダラ~ンと体を伸ばした時の猫の長さにびっくりすることはありませんか?

犬を飼っている人なら分かりますが、同様に犬を抱っこしても、決して猫のように体は伸縮しません。

特に胴のあたりはビヨーンと伸びるので思わずメジャーで測ってみたくなりますが、これは猫の「関節の柔軟性」によるものだとか。

猫の関節は長く伸ばすことができて、特に背骨の関節を全て伸ばすと2~3割も体長が伸びるそうです。

 

紙を置くと、とりあえず乗ってくる

床にテープを貼った「猫の転送装置」が流行ったこともありましたが、猫はとにかく

「乗る」

ことが好き。机の上の書類、テーブルに広げた新聞紙、床に置いた段ボールなど、とにかく紙を置いて置くと必ずと言って良いほど乗ってみようとしませんか?

これは一体どうしてなのでしょうか?犬はそんなことはしないので、これは猫特有の習性と言えそうです。

動物に詳しい人に聞いたところ、

「自然界においては、地べたよりも何かの上にいた方が安全、安心できるという考えがあるそうです。たった紙1枚でも何かの上に乗っているというだけで、猫にとっては安心できるのではないでしょうか。」

とのことでした。なるほど~。納得です。


いかがですか、猫の不思議な習性。猫から見ると、人間もとても変わった習性を持つ動物だと思っていると思いますが、猫も人も、それぞれ「こだわり」があるのかも知れませんね。

 
 

関連カテゴリ