2017年7月11日更新

【サバトラ】の魅力徹底解剖!サバトラの特徴・性格・飼い方

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

洋猫派、MIX派、どちらの猫ファンにも人気なのがサバトラ柄です。シルバーと黒のモノトーンカラーはシンプルながら品もあってなぜか猫好きの心をくすぐります。今回は、サバトラについて、その特徴や飼い方をご紹介しましょう。

 

サバトラとはどんな猫?名前の由来は?

サバトラはシルバー(猫の場合はシルバー=グレー)のベースに黒い縞模様が入った猫。背中の中央にスピンラインと呼ばれる線があり、このスピンラインから両脇にかけて流れていく縞模様が特徴です。

サバトラのサバは魚のサバで、配色や模様がサバに似ていることから名づけられました。背中からお腹、足、尻尾に至るまで虎のような縞模様が入っています。額には「M」模様の縞が、目の横にはクレオパトララインと呼ばれる縞模様があります。鼻は大抵茶色に、肉球は黒や濃い茶色になります。目はグリーン系になることが多いようですが、ゴールド系になることもあります。

サバトラとよく間違われる模様

キジトラ

キジトラは茶色ベースに黒い縞模様の猫。縞模様の入り方がサバトラと同じで細い縞模様であるため、キジトラとサバトラを混同する人は多いようです。キジトラは茶色と黒、サバトラはシルバーと黒と覚ええると分かりやすいですよ。

アメショ

アメショはシルバーベースに黒い模様の猫。シルバーと黒の配色である点はサバトラと似ていますが、背中の模様を見ると違いが分かります。サバトラが比較的規則性のある縞模様なのに対し、アメショは水に墨を落としたようなマーブル柄です。サバトラに比べてシルバー部分が多いのもアメショの特徴です。

サバシロ

シルバーと黒の縞模様のほかに白い被毛が入っている猫。白の方が多い場合はシロサバと呼ばれる場合もあるようです。大抵、白くなるのは顔、胸、お腹、足先などです。白い部分が多くなればなるほど、穏やかな性格になるという説もあります。

 

サバトラの性格

サバトラの性格には多様性があり、野性味が強くて警戒心が強い猫もいますし、人懐こく社交的な猫もいるようです。警戒心の強いタイプは知らない人には懐かず、来客があると逃げてしまうことが多いようです。逆に人懐こいタイプは「来るもの拒まず」で比較的、人に懐くのが早いタイプです。どちらのタイプも飼い主さんには愛情たっぷりにアプローチしてきます。

サバトラの歴史

猫の色は、最初は祖先であるリビアヤマネコそっくりのキジトラの1種類のみでした。猫が砂漠で野生していた時代にもキジトラ以外の色柄が突然変異で生まれていた可能性はありますが、砂漠では体色が目立つため、種として生き残れなかったのではないかと言われています。

サバトラの起源ははっきりしていませんが、ヨーロッパに渡り、人間と共生するようになってから、突然変異で誕生したと言われています。砂漠で身を隠す必要がなくなってから、サバトラの色柄が種として残るようになったと考えられています。

日本でサバトラが増えたのは第二次世界大戦後のこと。海外からヨーロッパ系の猫が日本に持ち込まれるようになり、洋猫との交配でサバトラが増えたと考えられています。

サバトラを外国語で

サバトラは英語でシルバーマッカレルタビーと言います。マッカレルはサバのことで、直訳すればシルバーマッカレルタビーは「シルバーのサバのような縞」という意味になります。ちなみに猫の色でシルバーというのはグレーにあたります。

サバトラと一緒に暮すコツ

サバトラの性格は多様性があり、両極端な性格の猫もいるようです。サバトラを一緒に暮らす場合は、まず、自分のサバトラがどんな性格なのか観察する必要があるでしょう。そのうえで、サバトラが一番、心地よいと感じられるように世話してあげるのが一番です。警戒心の強い猫ならば、猫の自主性を重んじた方が良いでしょうし、甘えん坊であればなるべく構ってあげるのが良いのではないでしょうか。サバトラに限らないかもしれませんが、猫の性格に合わせて対応してあげるようにすれば猫もストレスなく同居してくれるのではないでしょうか。

個性豊かなサバトラ。飼う楽しみが湧いてきます

シルバー×黒というシンプルな模様ですが、白が混じればさまざまな模様になって個性的。性格も両極端で掴みにくい・・・・一言で表現できないのがサバトラの魅力かもしれません。サバトラの飼い主になるチャンスに恵まれたら、そんなサバトラの多面性を楽しんでみてください。

 
 

関連カテゴリ