2017年7月5日更新

【猫の不思議】猫がお風呂の前で、飼い主さんのことを待っているのは何故?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

入浴中、愛猫がお風呂のドアの前で飼い主さんを待っていること、よくありませんか?曇りガラスに肉球がペタペタと張り付いて可愛いいですよね。もしかして入りたい?でも猫って水に濡れるのが嫌いだったはず。それではどうして猫はお風呂場の前で飼い主さんの出待ちをするのでしょう?

 

ケース1:寂しいよ!飼い主さんが恋しい

甘えんぼの子の場合、飼い主さんの姿が見えなくなってちょっと寂しいのかもしれません。「早く出てきてー、早くかまってー」とドアの前で今か今かと飼い主さんを待っているのです。また、石鹸やシャンプーの匂いが好きで風呂上がりの飼い主さんを一生懸命舐める子もいるようです。

ケース2:何かいいことあるのかな?未知の場所に興味津々

お風呂場というあまり知らない場所で飼い主さんがいったい何をしているのか、秘密のいいことをしているんじゃないかと興味津々の子もいます。「僕にものぞかせてよー」という気持ちで待っています。

 

ケース3:そこは危ないよ!飼い主さんが心配


ドアの向こうからは、飼い主さんのいつもとちがう気配と水がバシャバシャする音。もしかして大変な目に合っているのかな、飼い主さんの無事を早く確かめたい、という心配の気持ちで待っている子もいます。

ケース4:流れる水の音にワクワク


猫は濡れるのを嫌がる動物ですが、流れる水や使用後の残り水を飲んでみたい、触ってみたい、という誘惑にかられる子も多いです。実は飼い主さんのことよりも水のことで頭がいっぱいなのかもしれません。
我が家のオス猫も、私と入れ替わりにお風呂場にそそくさと入り、シャワーを出せと要求します。シャワーから直接お湯を飲むことが日課になってしまいました。このように猫がお風呂場に入ってくる時には、石鹸やシャンプー、入浴剤を含んだ水を飲まないように気をつけてあげてください。

ケース5:サウナ目的

冬になると、わが家の猫たちは、列をなし総勢でお風呂の出待ちをします。私のことは眼中にありません。家の浴室は暖房もついているので、お風呂場は湯気と暖房の熱でサウナ状態。「早く温まらせてー」と私を追い出す勢いで待っているのです。そこまでではなくとも、浴槽の蓋は猫には暖かくて快適な場所です。蓋の上を狙って待っている子も多いでしょう。

以上、まとめると猫がお風呂の前で待つ理由には、飼い主さん自体が目的の場合と、飼い主さんが出た後のお風呂場が目的の場合があるようです。早く入りたくてウズウズしている子もいますので、駆け込んでうっかりお湯をはった浴槽に転落しないよう、蓋がしっかり閉まっていることを確認するか、残り湯は抜いておくようにしましょう。