2017年8月22日更新

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

 
 

メインクーンの性格と性質

性格

メインクーンはその穏やかな性格からファンも多い猫種のひとつです。犬のようと表現したり、もともと別名で「穏やかな巨人」とも言われるほど、家族と一緒に穏やかに暮らすことを望みます。人なつっこく甘え上手な面を持っていますが、決してべたべたするわけではないところがメインクーンの魅力のひとつです。

もちろん、家族と一緒に遊ぶことも大好きですので、ボールを投げるとくわえて持ってきてくれるなんている遊びも得意なことがあります。遊び好きで非常に利口な為、家族と一緒に遊ぶことを好むのです。鳴き声もあまり出さないので、遊びの時間と穏やかに休む時間、家族の一員になってくれるでしょう。

メインクーンは飼い主さんと一緒に過ごす時間が大好きですが、ひとりで遊んだり上下運動ももちろん大好きです。好奇心旺盛な面もありますので、キャットタワーに上ることも大好きです。しかし、タワーの上から家族をじっと見守っているなんていうことも多いものです。特にオスのほうがどちらかというと甘えん坊だと言われています。

【編集部追記】メインクーンってどんな猫?性格や特徵を解説

メインクーンってどんな猫?性格や特徵を解説

性質

穏やかな性格でありながら、その体の大きさは世界一とも言われるメインクーン、ルーツは諸説あります。アメリカ合衆国のメイン州が原産地であり、もともと厳しい自然の中を生き抜いてきた猫と言われています。子猫のうちは、あまりその大きさがわからないものですが、成猫になると、オスで6~8kg、メスで4~6kg、非常にがっしりとした体型で中には10kg以上になるメインクーンもいます。平均寿命も14歳と言われていますので、比較的丈夫で長生きな猫といえるでしょう。

骨が太くてがっしりとした体型ですが、耳の先端の飾り毛が優雅な印象を持っています。この飾り毛がノルウェージャン・フォレスト・キャットと見分けするポイントになります。ふさふさとした長毛も特徴的です。特に胸元とお腹は被毛が豊富です。もともと、寒い地方で生きぬいた猫をルーツにしている為、このような被毛を持っていると言われています。

被毛カラーは「ブラック」「ホワイト」「レッド」「ブルー」「クリーム」で、その豊富なカラーも魅力のひとつです。また、被毛の色に合わせて目の色も様々な色があります。メインクーンの美しく豊富な被毛を保つ為に日々のブラッシングなど手入れは大切な猫になります。

【編集部追記】【おだやかでお利口なライオン】 メインクーンの魅力3選

【おだやかでお利口なライオン】 メインクーンの魅力3選

飼育の注意点

室内環境

メインクーンはもともと寒い地域出身の猫です。その為、暑さには弱いといえます。日蒸し暑い日が続くと体調を崩すばかりか、お部屋の中でも熱中症になる危険性があり、注意が必要です。メインクーンはふさふさの被毛ですが、実はシングルコート。とはいえ、夏の暑さによって夏バテをしてしまうこともあります。サマーカットにする飼い主さんもいますが、皮膚の状態を見極めること、もちろん、猫自身のストレスにならないよう判断する必要があります。お部屋の中は人が快適に過ごせる室温で構いませんので、エアコンを利用するようにしましょう。個体差はありますので、万が一、暑がる様子、寒がる様子があればその都度注意して室温を設定するようにしましょう。

夏は、冷房をつけっぱなしにしておくほうがよいですが、万が一、停電などによってエアコンが消えてしまった時のために、愛猫が好きなスペースに体を冷やせる場所を作っておくと安心です。メインクーンは上下運動も大好きで、もともと厳しい自然の中を生きぬいてきました。自ら涼しい場所に移動します。ただし、冷房の風が苦手な猫もいますので、風通しのよい場所、冷感マットを敷いたベッドなど体を冷やすことできる場所を作ってあげるとよいでしょう。

冷房が苦手な猫や、室温、風に敏感な猫はお部屋の中が寒井と感じると、その部屋から出て暑い部屋に行ってしまうこともあります。特に体の大きいメインクーンは高齢になると移動自体が体の負担になり、部屋の温度を下げ過ぎると低体温になってしまうことがあります。エアコンをつけずに涼しい風が入る部屋を好むこともありますので、猫の様子を見て臨機応変に決めるとよいでしょう。また、暑くなった時には自分で帰ってくることもしばしばです。

寒い日が続く冬の時期は、猫は自然と暖かい場所を探して移動するものです。メインクーンは寒さには強いと言われていますが、自ら移動して心地よい場所を見つけます。しかし、体が大きく高齢猫は移動すること自体に体力をつかってしまうものです。いつも過ごしているベッドやソファーなどにペット用カーペットをつけるなど、体を暖めることができる環境を整えてあげましょう。

暖房を使って室温管理をすることも大切ですが、部屋の乾燥にも注意し、適度な湿度を保つようにしましょう。乾燥がひどくなると、もつれやすいメインクーンの被毛はさらに毛玉になりやすくなってしまいます。室温と共に湿度も管理しましょう。ヒーターなどを使う場合は、やけどをしないように注意しましょう。また、こまめに掃除をして衛生面にも注意したいものです。

厳しい野生の中で生き抜いてきたルーツをもつメインクーンはハンター精神も強いものです。時に思いっきりお部屋の中を走って大ジャンプを見せてくれることもありますが、そのまま何かの拍子に滑って関節を傷めたり、骨折の原因になってしまうことがあります。また、フローリングのままにしておくと、特に滑りやすく、おもちゃに夢中になっているうちに滑ってしまい、体や関節に負担をかけてしまいます。

可能な限り滑りにくいカーペットやマットを敷き、ペット専用の滑り止めつきマットを敷くなどして関節に負担をかけないようにしましょう。ただし、爪とぎをしていて糸や綿が出てくるとそれを食べてしまう危険性や、コルクなどの素材が好きで食べてしまう危険性もあります。万が一、猫が興味を示して食べてしまっていたら、その素材は使わないほうがよいでしょう。

家具の配置

メインクーンは、人間が大好きで穏やかな性格をもっていますが、とても賢いものです。お部屋の中でも入っていい場所とだめな場所がある場合、しっかり決めておきましょう。また、普段から家族と一緒に過ごすことが大好きなメインクーンですので、一緒に過ごすリビングなどに上下運動ができるキャットタワーをおいたり、家具をうまく配置して運動ができるようにスペースを設けましょう。

メインクーンのパーソナルスペースとして、ケージやサークルをおいてあげてもよいでしょう。猫専用のケージを置き、その中にベッドやトイレ、食事場所を作っておくと、留守番の際や来客時なども安心です。また、トイレのしつけや食事のしつけがしやすい他、病気などの際の隔離時にも効果的です。ただし、直射日光やエアコンの風が直接当たらない場所、転倒のおそれのある家具やインテリアのそばに置かないなど、安全面でも十分に注意することが大切です。

猫にとって、大切な爪とぎの設置も必要です。爪とぎがないと床や壁を傷つけてしまったり、ストレスの原因になってしまいます。決められた場所で爪とぎできるようにしましょう。
カーペット、段ボール、木製、縄など、爪とぎの種類も形状も様々です。また、メインクーンは体が大きいため、いくつかの爪とぎを合わせて専用の物を作ってあげたり、市販の物であってもいくつか場所を決めておくとよいでしょう。猫の様子を見て、お気に入りを見つけてあげましょう。

 

メインクーンのケア方法

ブラッシング

メインクーンはシングルコートである為、ダブルコートの猫よりは抜け毛が少ないと言われています。しかし、フサフサとした被毛、毛量自体が多い為、抜け毛が多くなってしまいます。特にメインクーンの中でも、毛質がカラーによって違うと言われており、シルバー系のカラーをもつメインクーンのほうがより抜け毛が多いと言われています。

抜け毛が多く、毛自体がもつれやすい為、毎日ブラッシングしてあげるようにしましょう。1日1回スリッカーなどで毛をといてから、コーミングすることで毛の流れを整えることができます。スリッカーなどを嫌がる場合は、ラバーブラシなどを使って抜け毛を取り除いてあげてもよいでしょう。猫自身はセルフグルーミングをしていますが、そのまま毛を飲み込んで毛球症の原因になってしまうこともあります。日頃からブラッシングする習慣を持ちましょう。

爪切り

メインクーンはお部屋の中で活発に遊び、爪とぎも自分で行いますが、定期的に爪切りは必要になります。そのままにしていると、伸びた爪や剥がれ落ちなかった古い爪が肉球にささってしまう危険性があります。また、体が大きく足の関節に負担をかけることがあるメインクーンは、爪の伸びすぎによって歩き方にも弊害を及ぼし、体全体のバランスを保つことが難しくなってしまうこともあります。もちろん、家具などを傷つけてしまう原因になったり、爪が引っ掛かり思わぬ事故につながってしまうこともありますので、爪切りをしてあげるようにしましょう。

爪を切る場合は、血管と神経を切らないように気をつけます。ペット用の爪きりで切るようにしましょう。子猫であれば、はさみタイプの爪切りも便利です。もちろん、不安な場合は獣医師やトリマーさんにお願いしてもよいでしょう。

爪切りは、飼い主さんに力が入ると、猫も緊張してしまいます。メインクーンは、穏やかな猫ですが、非常に利口で飼い主さんが緊張していると、その様子を察して逃げてしまうこともあります。また、爪切り自体で痛い思いをするとあっと言う間に覚えてしまいます。無理に爪切りをしようとせずに、まずは爪切り自体に慣らしておくこと、1本だけからスタートをして、嫌がらない程度に徐々に慣らしていくだけでも十分です。

耳掃除

メインクーンの耳は大きな立耳で比較的風通しもよいものです。基本的に健康な耳は綺麗ですので、耳掃除はしなくても問題ありません。少し耳の汚れが気になる時に耳の入り口付近を拭いてあげるだけでも十分です。しかし、体質的には、耳の汚れがたまりやすい猫もいます。脂っぽい皮膚のメインクーンもおり、皮膚と連動して耳の汚れがたまりやすい猫もいますので、普段から汚れは確認するようにしましょう。

耳をチェックしていて、なんらかの異常を感じた時は、早めに獣医師の診察を受けるようにしましょう。綿棒などを使って、耳掃除をすると、汚れを耳の奥に入れてしまうことがあります。湿気の多い夏場や皮膚に炎症がある際に耳垢がたまりやすくなります。炎症をひどくさせる危険性がありますので、耳掃除は控え、腫れている、あかみがある、痒がる、痛がるなどなんらかの症状があれば早めに診察を受けましょう。

目の手入れ

メインクーンの大きな目は健康であれば非常にイキイキとしています。しかし、目にゴミやほこりが入って炎症を起こしてしまうこともあります。涙や目やにがよく出ることがありますので、いつもより涙が多い日が続くと感じたら獣医師の診察を受けるようにしましょう。涙の跡をそのままにして不衛生な状態になると、雑菌でにおいが出てきたり涙やけで変色してしまうこともあります。普段から目のチェックを行うようにしましょう。

被毛のカラーが様々な猫の場合、涙やけが目立ってしまうこともあります。涙やけ対策のグッズとして、専用シートなども販売されています。定期的にこういった物を上手に活用してこまめに目の周りを拭いてあげることもよいでしょう。普段は、コットンなどで目の周りや目やにを拭いてあげるようにするだけでも、目の周りを清潔に保つことができます。

日々、目の手入れをしていても、すぐに涙があふれてしまう、涙やけができてしまうなどの症状がある場合、目の病気やアレルギーが関係していることもあります。早めに獣医師に相談しましょう。

歯磨き

メインクーンは体が大きい分よく食べます。歯垢はどんどんたまってしまうものです。家族と一緒に過ごすことが大好きなメインクーンですから、歯磨きは、コミュニケーションもかねて子犬の頃から日々の習慣にしてあげたいものです。猫は成長してから突然歯磨きの習慣を持とうとしても嫌がってしまうものです。最初は遊びの一環として口を触ること、歯ブラシに慣れることを、たくさん褒めてあげながら少しずつ口の中のチェックと歯磨きをする習慣を作っていくとよいでしょう。

口臭やすでに歯の汚れが気になる場合、ドライフードの食いつきが悪い場合、口の中や歯の周りに炎症が起きていることも考えれます。歯垢がたまると、歯石になり、歯周病はどんどん進行してしまいます。歯石除去をする場合、全身麻酔をかけて行うため、猫にとっても負担になります。毎日の歯磨きのケアで、少しでも口の健康を守ってあげましょう。

非常に賢いメインクーンは子猫の頃から歯磨きの習慣を作ると、安心して歯磨きができるようになります。歯磨きに慣れていない場合は、歯磨きシートやガーゼなどを指に巻いて汚れを拭き取ってあげてもよいでしょう。最近では、ジェルタイプや飲み水に垂らしてオーラルケアを行うものまで様々な種類があります。歯ブラシで歯磨きを行うことができるようになるまでは、歯ブラシを歯にあてる、歯ブラシを噛ませるなど、歯ブラシ自体に慣らしていくことも大切です。無理に行うのではなく、少しずつ慣らしてから、歯磨きの習慣を作りましょう。

子猫期の注意点

メインクーンの子猫は人も大好きで遊び好きですがが、その体型から骨格や筋肉の発達に注意するようにしましょう。ソファやキャットタワーなどからジャンプすることも大好きですが、成長段階である骨格や筋肉を傷めないように注意しましょう。また子猫のうちからボディチェックをしっかり行い、皮膚の状態をみておくことも大切です。猫の皮膚病である「膿皮症」には、子猫のうちから特に注意しましょう。

成長期のメインクーンの子猫には、栄養管理が大切です。子猫用のフードを与え、成長に必要な栄養分をしっかり摂取できるようにしましょう。メインクーンはその大きさから子猫のうちからよく食べるとおもわれがちですが、実はそうでもありません。子猫用フードは、成長過程により、与える回数が変わります。1歳になるまではだいたい1日3回程度になりますが、個体差がありますので、1回あたりの量が少食なメインクーンの場合、回数をさらに分けることも必要です。食べ方を見て量と回数を調整しましょう。

メインクーンは非常に穏やかな猫の為、子猫の頃から激しく運動しない猫も多いようです。しかし、一緒に遊ぶことが大好きで利口なメインクーンだからこそ、こちらから誘ってあげると思いっきり遊んでくれることもあります。遊びと、運動、睡眠のバランスを大切にしてあげましょう。

メインクーンと遊びながら過ごす際には、呼吸や体の動きもしっかり見ておきましょう。大きな猫ゆえに、子猫のうちから病気に気を付けてあげたいものです。なんらかの異変を感じたら早めに獣医師に相談しましょう。

メインクーンは成長すると非常に穏やかな生活を好みます。犬のように飼い主さんの様子を見る賢さも持っていますので、お留守番も上手です。子猫のうちにかまいすぎて依存体質の猫にならないように注意しましょう。安心して休むことができる専用のベッドやスペースを作ってあげることも大切です。

シニア期の注意点

メインクーンもシニアになると、消化吸収の能力が落ちてきたり、食事にムラがでるなど、様々な変化が現れます。一方で運動不足で年齢を重ねるにつれて太り気味になってしまう場合もあります。食事制限をしてストレスを与えることはよくありませんが、低カロリーのもの、シニア専用フードに切り替えるなどして、カロリーコントロールをするようにしましょう。

食事のペースが落ちてきている場合は、1回あたりの量を少なくてして回数を多くするなど、猫に負担がかからず、かつ必要な栄養分は補えるようにしましょう。急激に食欲が落ちている、体重が減ってきているといった症状がある場合は、なんらかの病気にかかっている可能性もありますので、獣医師に相談するようにしましょう。

もともと人と一緒に過ごすことが大好きなメインクーンですが、老化に伴ってさらに甘えるようになることもあります。猫とのコミュニケーションやスキンシップを大切にしましょう。また普段にブラッシング時にも体を優しくなでてあげながらボディチェックをするなど、猫の体をチェックしましょう。汚れが気になる場合、シャンプーをしたい場合もありますが、体が大きくその分負担になってしまうことがあります。蒸しタオルで体を拭く程度にするなど、体力を奪わないように注意しましょう。

運動量が減り、ベッドでゆっくり寝ている時間も多くなります。心臓病や、筋肉や骨の老化、もともと細い関節の傷みなど、様々な健康状の問題が出てくることもありますので、多頭飼いで他の猫がいる場合や小さな子供がいる場合、ゆっくり休める場所も確保してあげるようにしましょう。また、トイレに行くことすら、負担になることもありますので、トイレの数を増やすなどの配慮もしてあげましょう。

シニア期のメインクーンは自分が安心できる場所でゆっくり過ごすことが多くなりますので、サークルやハウス、ベッドなどはいつも清潔にするよう心がけましょう。高齢になると、体温調節をする能力も低下し、体調を崩しやすくなります。室温管理、ベッド周りの温度管理に気を付けてゆっくり休める場所を確保してあげましょう。

季節ごとの注意点

メインクーンにとって春先はとても過ごしやすい季節ですが、気温の変化に注意しなくてはいけません。特に子猫や高齢猫の場合、激しい気温の変化に体力を奪われてしまうことがあります。お部屋の中や猫がいつも休んでいるスペースなど、快適に過ごせる室温にするようにしましょう。

地域によりますがノミダニ予防薬が必要になる季節でもあります。さらにお部屋の掃除をして、ノミダニの繁殖に注意するようにしましょう。メインクーン体を痒がっているなど、ノミの糞を見つけたなど、なんらかの異常があった場合にはすぐに対処するようにしましょう。もちろん、日ごろから予防薬を使うことも大切です。

春から夏にかけては、メインクーンの抜け毛が多くなる季節です。ブラッシングをこまめに行い、定期的なシャンプーもしっかり行いましょう。抜け毛をそのままにしておくと、皮膚炎の原因や抜け毛を大量に飲み込んで毛球症になってしまうこともありますので、注意が必要です。豊富な被毛ですので、もつれが出てしまうと、毛並みが悪くなるどころか皮膚に影響を及ぼしてしまいます。ブラッシングとコーミングをこまめに行うようにしましょう。

メインクーンはもともと寒い地方出身のルーツをもつ猫の為、暑さには弱いものです。さらに、その豊富な被毛によって熱中症に注意しなくてはいけません。お部屋の中を快適な温度に設定するようにしましょう。猫の中には、冷房の風を嫌って暑い部屋に行ってしまう猫もいます。冷房の風が直接当たってしまうと、体調を崩す原因にもなってしまいます。風通しをよくして、快適に過ごせるようにしましょう。

エアコンを使う場合もお部屋の中を冷やし過ぎず、人間が快適に過ごすことができる温度、25℃前後が適温ですので、エアコンを上手に活用して、快適な室温を保つようにしましょう。子猫、高齢猫のメインクーンの場合は、それでもいつもよりだるそう、食欲がないなどの夏バテ症状が出た場合は、早めに温度設定を行いましょう。

メインクーンは高いところやベランダやウッドデッキで過ごすことが好きな猫もいますが、肉球のやけどや熱中症には十分注意するようにしましょう。また、ケージやベッド、愛猫が過ごす場所に直射日光が当たっていることも熱中症の危険性が高くなります。症状が重くなると、命の危険に関わりますので、必ず涼しい場所に自分で行けるような状態にしておきましょう。誤って閉じ込められてしまったというような事故にならないように注意しましょう。

夏バテによって、体力や食欲が減退してしまうこともあります。食欲が低下してしまった場合は水分量が多く嗜好性も高いウェットフードを与えてみるなど、少量であっても栄養補給できるような食事を心がけてあげるとよいでしょう。また、フードが傷みやすい季節ですので、食べ残しは早めに片づけましょう。

秋は、気温が下がって、春と同じくメインクーンにとっては過ごしやすい季節になります。気温が下がったことでさらに食欲旺盛になってしまい、与え過ぎていると、肥満になってしまってしまいます。健康な猫であれば、お部屋の中で遊ぶ時間を増やす、カロリーコントロールを行うなど肥満防止に努めましょう。

秋から冬にかけて、春と同様に抜け毛も多くなる季節です。特に気温差が激しい秋は、ブラッシングで抜け毛対策を念入りに行いましょう。夏の蒸し暑い日が続いた後、皮膚炎を起こしていないか、抜け毛の跡に異常がないかなどボディチェックをしながらしっかりとブラッシングしましょう。

寒さには比較的強いメインクーンですが、朝晩の急な冷え込みによって、体調を崩したり猫風邪になってしまうことがあります。今まで体を伸ばして寝ていたメインクーンが丸まって寝ていたら、早めにあたたかな毛布を用意するなど、安心して眠れる環境を作りましょう。もともと、心臓疾患などにもかかりやすい為、特に高齢の猫は、注意するようにしましょう。

メインクーンは寒さに強い猫であるため、人が快適に過ごせる室温でよいでしょう。ただし、子猫や高齢の猫の場合、室内であっても気温が下がると、体調不良の原因になってしまうことがあります。また、朝晩の寒さ、特に10℃以下になる地域では、メインクーンにとっても厳しい寒さです。暖房をつかって、室内の温度に十分注意しましょう。

暖房を使う場合、乾燥にも注意しましょう。室内の乾燥は、ウイルスの蔓延や気管支炎、被毛の乾燥などを引き起こしてしまいます。暖房とあわせて加湿器を上手に使うようにしましょう。また、お部屋の中でも日光浴できるようなスペースを作ってあげると、自ら移動して体をあたためることができます。

一方で加湿器などによって湿度が高くなり過ぎると皮膚炎、外耳炎や中耳炎といった病気にもかかりやすくなってしまいます。もともと、なんらかの疾患を持っている場合は、鼻や耳の病気になりやすい季節でもありますので、特に注意しましょう。

ベッド周りなど、睡眠中の環境にも注意してあげるようにしましょう。ペットヒーターや毛布などを利用してあげてもよいでしょう。暖房器具を使用すると、気づくと、体が温まりすぎて脱水症状を起こしてしまうことがあります。特にヒーターやこたつによる火傷、電気コードによる事故などには特に注意しましょう。

子猫期に気を付けたい病気とその兆候

脊髄性筋萎縮症

メインクーンが遺伝的になりやすい病気のひとつに脊髄性筋萎縮症があります。生後3,4ヶ月頃から後ろ足の力が弱くなったり、震えが出ることで発症します。その後、徐々に筋肉が弱くなっていきます。これは、脊髄の神経が消失してしまうことによって起こります。

子猫のうちは本来、遊ぶこともジャンプすることも大好きです。しかし、足の筋肉が弱くなった場合には要注意です。そのうちに後ろ足から全体に広がっていくため、立ち方も不自然になってしまうのです。遺伝的な要因がありますので、検査によって発見することができます。普段から、子猫の様子を見て、足の筋肉に違和感を感じた場合は、早めに獣医師に相談するようにしましょう。

多発性嚢胞腎

メインクーンが遺伝的になりやすい病気のひとつです。もともとはペルシャ猫に多い病気でしたが、メインクーンでも発症しやすいということがわかっています。腎臓に嚢胞がたくさんできてしまい、腎機能の低下や障害が起きてしまいます。

腎臓の負担をできる限り少なくすることが大切ですが、徐々に進行していくものです。また、初期症状が少ないことも発見が遅くなる要因ですが、普段から猫の食欲と排泄、様子を観察し、水分を多めに取らせること、早めに検査をすることなどが大切です。

シニア期に気を付けたい病気とその兆候

肥大性心筋症

心臓の筋肉が厚くなり、心不全などを起こしてしまう心臓病です。中年以降のメインクーン、特にオスに多いと言われていますが、症状を発見しにくく、健康診断で心雑音に気づき、病気が見つかるということも多いものです。

心臓に負担がかかるだけでなく、後ろ足に血液が届かず麻痺をしてしまうこと、後ろ足を激しく痛がる様子が出る、呼吸が苦しくなるといった症状が出ます。突然死につながることもある病気で、心雑音を健康診断でも見つけることができないこともあるほどです。シニア期に入った猫は運動する機会が徐々に減りますが、呼吸の状態や足の状態で気になる症状があれば早めに獣医師の検査を受けましょう。

慢性腎不全

メインクーンのみならず、高齢の猫に非常に多い腎臓機能が低下する病気です。個体差があるものの早期に発見することで、症状の悪化をできる限り穏やかにすることが可能です。シニアになってからは、定期的な健康診断をするなどこまめに体調チェックを行いましょう。

腎臓の機能が低下すると、食欲が落ちてきたり、体重が減る、嘔吐が多くなる、多飲多尿となるなど様々な症状が出ます。日頃から水分をしっかり摂取する事、食事の内容に注意することが大切です、

健康に過ごすためのボディチェック

体全体のチェック

メインクーンの体全体をまずは触ってあげる習慣をもちましょう。ボディチェックは、コミュニケーションの一環としてもとても大切です。まずは、背中や胸など、愛猫が安心する場所気持ちよいところを触ってあげながら、たくさん褒めていきましょう。

メインクーンは体のバランスに注意しなくてはいけません。もともと骨格や筋肉ががっしりしていますが、体が大きい為肥満になると、関節への負担が大きくなってしまいます。体を触ってみて、肋骨がふれる程度がちょうどよい体のバランスです。普段から体を触ることに慣れるよう少しずつ触ってあげましょう。

慣れてきたら、被毛のチェック、皮膚のチェックもしてあげましょう。メインクーンは、皮膚病やアレルギー疾患にもなりやすい為、皮膚のチェックも大切です。また、腎臓の機能低下によって被毛のつやが無くなってくるなど様々な症状がでることがあります。炎症や脱毛などがないか、また掻いてしまった跡がないかなどチェックしてあげましょう。

足先は嫌がる部分でもありますが、普段から肉球が傷ついていないか、何か異物が刺さっていないか、爪が伸びていないかもしっかりチェックしてあげましょう。また、足の関節の先天的な病気になりやすいメインクーンですので、後ろ足を引きずる様子がないか、体の傾きはないか、特定の痛がる部位はないかなどチェックしてあげましょう。

お尻付近やしっぽの周辺も触られることを嫌がる部分ではありますが、優しく声をかけてあげながら見るようにしましょう。お尻を気にする様子がある場合、尻周辺が汚れていないか、下痢の跡や肛門周辺の炎症はないかなどチェックしてあげましょう。

【編集部追記】メインクーンの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

メインクーンの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

顔周りのチェック

元気メインクーンは目もイキイキとしています。目の輝きを見てあげましょう。しかし、炎症が起きている、いつもよりまぶしそうにしている、痛がっている、視力低下を感じるなどの様子があれば、早めに獣医師に診てもらいましょう。

メインクーンの耳は健康であれば、特に耳掃除も必要とすることがありません。ただし、耳からにおいがする、耳周辺が汚れている、耳垢が出てくるといった場合は、外耳炎や耳ダニの感染などを起こしている場合があります。また、耳掃除のし過ぎや、なんらかのアレルギーによって炎症が起きている場合もあります。においや耳の炎症、赤みが気になる場合は早めに獣医師に診てもらいましょう。

口のチェックも大切です。猫は歯周病になりやすく、特に高齢猫の場合、注意が必要になります。毎日の歯磨きが効果的ですが、猫の場合子猫の時からの習慣が大切になります。歯周病は予防が大切です、子猫の頃から、賢いメインクーンですので歯磨きの習慣をしっかり覚えることもできます。少しずつ嫌がらない程度に行い、歯のチェックをする習慣をもつとよいでしょう。歯磨き自体が難しい場合は、指先に布を巻いてふき取るようにマッサージしてあげるだけでもよいでしょう。

また口の中をチェックすることで歯茎や舌が健康的なピンク色をしているか確認してあげましょう。貧血などを起こすと、白っぽくなってしまいます。嫌がらない程度に、歯茎や口臭のチェックもしてあげましょう。

メインクーンの鼻も毎日チェックしてあげるとよいでしょう。秋など季節の変わり目で急に寒くなる頃は、いわゆる猫風邪や感染性の猫ウイルス鼻気管炎を発症してしまうこともあります。乾きすぎている、鼻水が出てしまっている場合は体調不良になっている場合があります。また、心臓病や先天的な病気にもなりやすいメインクーンですので、特に呼吸が荒い場合は、なんらかの重大な病気が原因になっていることもあります。早めに獣医師に相談するようにしましょう。

 
 

関連カテゴリ