2017年7月12日更新

毛布が穴だらけ…。もしかして異食症?愛猫の異食症を治す方法【後編】

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

なかなか治りにくいという猫の「異食症」。異食の習慣を断ち切るには飼い主さんが環境を整えることが大切です。

今からすぐにできる、愛猫の異食症を治す対策法とはどんなものがあるのでしょうか?

 

とにかく猫が口にしそうなものは片付ける

何よりも基本。それは異食する対象物は猫に近づけないことですよね。とにかく猫が口にしそうなものは猫が見つけないように片付けましょう。

掃除、片付けをこまめにする、モノをしまったら猫が開けられないような工夫をすることも大切です。対象物を捨てる場合は蓋つきのゴミ箱へ捨ててください。家の中の電気コードは、100円ショップなどで売られている電気コード専用の保護カバーを巻いておくと良いでしょう。

出しっぱなしにしやすいゲーム機などの充電器やスマホのイヤホンなども猫に見つからない場所にしまってくださいね。

フードを見直してみよう

何が愛猫の異食症の原因なのかわからない場合、獣医師と相談して猫のフードを見直してみましょう。栄養バランスが偏っていると異食症になる場合もあるといいます。

また、硬めのプラスチックなどを噛むのが好きな猫の場合は、本能的に虫の食感を求めているのでは?という意見もあります。

かみごたえのある粒のフードを試してみたり、繊維質の多いフードに変えてみるのもいいかも知れません。

猫は狩猟動物ですから、獲物を自分で捕まえて口に入れたい、という欲求があります。異食する対象物に近づいて繰り返し噛んだりする場合は、追いかけて遊ぶとフードが出てくるおもちゃなどを利用して、猫の狩猟本能を満たしてあげると良いでしょう。

 

猫を退屈させない環境を作ろう

飼い主さんと遊ぶ時間が少ない、留守番が多い、窓から外が見えない環境などは猫のストレスの原因になります。

積極的に猫と遊ぶ時間を毎日作ってあげる、キャットタワーなどを設置して遊ぶ工夫を多く作る、外を眺められる場所を窓辺に作ってあげるなど、猫を退屈させない環境を作ってあげると猫は喜んでくれるはずです。

いかがですか。猫の異食症の原因は様々で、なかなか確定は難しいといいます。猫の性格にもよりますが、飼い主さんとスキンシップが足りないと寂しさや不安から異物を口にしてしまうことがあります。

1日中猫をたった1匹で留守番させている場合、ブラッシングなどのスキンシップの時間を増やしてあげるといいかも知れません。

身体疾患が原因でない場合は、同じ行動を繰り返さずにいられない「強迫性障害」の1種の可能性もあります。

猫の問題行動は専門家の治療が必要です。ぜひ一度、病院で相談してみてくださいね。