ストレスサインの可能性も?猫のあくびとその理由

猫がのんびりあくびをしている姿を見ると、私たちも思わずほっこり温かい気持ちになります。

基本的に猫のあくびは人と同じように、眠たい時や疲れている時に起こる生理現象ですが、理由はそれだけではなく、時にはストレスを示すサインとしてあくびをすることもあるようです。

猫がどのような時にあくびをするのか、気をつけなければならないあくびはどのようなものか、詳しく解説します。

あくびってどのような現象?

あくびを発動させるのは脳の中でも原始的な部分とされていて、人や猫などほ乳類に限らず、鳥類や爬虫類でもすることがわかっています。

あくびは、眠い時や疲れている時、退屈している時など睡眠状態から覚醒しようとしている際に起こり、反射的に口を大きく開いて深く呼吸する動作のことをいいますが、実はその原因ははっきりわかっていません。

これまでは血中の酸素不足を補うためとされていましたが、今では否定されていて、代わって脳の血流を促して冷やし、働きをよくするためという説が新たに登場しています。

しかし、それだけでは説明がつかないことが多く、いまだに明確な答えはないようです。

他に、あくびは感情とも連動していて、感情をコントロールする神経伝達物質があくびを引き起こすこともあるとされています。

ちなみにあくびが人の間や人と犬の間で伝染することは知られていますが、人と猫の間では確認されていません。

あくびに伴う行動

毛づくろいの最中や伸びのついでのあくびは、私たち人間同様、猫にも日常よく見られる行動です。

例えば眠る前の毛づくろいであれば、当然眠たくなっているため、あくびも生じます。

また、寝起きで筋肉をほぐす伸びをする時に、よく一緒にあくびが出ます。

眠気以外に猫のあくびはどんな時に起きる?

人は、眠くもなんともないのに、とても緊張したりするとあくびが出ることがありますが、猫の場合も緊張している時など感情の動きとリンクしてあくびをすることがあります。

次に、猫の感情に関係するあくびについてお話します。

ちょっと怒っている時

寝ているところを無理やり起こされた時にするあくびは、人のように、寝ぼけてあくびしているわけではないようです。

「もう!起こさないでよ!」、「今かまって欲しくない!」などと、ちょっとイラっとしているサインとされます。

叱られて緊張している時

飼い主さんから叱られたというストレスによって緊張している時、猫はその緊張をほぐそうと転移行動としてあくびをすることがあります。

このような場合、眠くてあくびをしている時とは異なり、眼はつぶっておらず、開いたままです。

叱っているのにあくびをされると、まるで飼い主さんの言うことを聞いていないように感じるかもしれませんが、実は猫にとってはかなりのストレスとなっている証拠といえます。

つまり、あくびが出たら、それ以上叱ってはいけないということ。

しかし、そもそも猫にしつけをする際は、「叱る」という方法自体を避けたほうがよいでしょう。

嫌な猫に出会って緊張した時

猫は苦手な相手にバッタリ出会うと、虚勢を張って「お前のことなんか、別になんとも思ってないもんね」ということを示すために、緊張をほぐそうとして歩きながら伸びをすることがあります。

その際、あくびが伴うこともよくあります。

かまって欲しい時

「抱っこしてよ!」、「遊んでよ!」などといった甘えの要求に対して飼い主さんが応えられなかった時、猫は不満な気持ちの表れとしてあくびをすることがあります。

このようなあくびが頻繁にみられる場合は、愛猫に不満がたまっているのかもしれません。

おもちゃで遊んだり、念入りにグルーミングしたり、かまってあげる時間をできるだけ増やすようにしてください。

あくびでわかる猫の病気

猫があくびをした時に、気づくことができる病気の兆候があります。

それは口臭です。口臭がひどい場合は、口内炎や歯肉炎など口腔内に問題があることがあります。

または、腎臓病や肝臓病、糖尿病が重症化している場合も、ひどい口臭がすることが。

猫は動物なのだから口臭が多少きつくてもかまわないと思われがちですが、決してそうではありません。

もし、いつもよりもきつい口臭がある場合や、臭いがいつもと違うと感じたら、一度獣医師に相談し、口の中をチェックしてもらいましょう。

また、ふだんから歯のケアを行い、口腔を清潔に保つことが大切です。

まとめ

人も緊張していたり、恐怖を感じたりすると意に反してあくびが出ることがありますよね。

猫も同じです。あくびと言えば眠くてぼんやりしているという、のどかな印象を受けますが、猫の場合は実はそうでないことも多々あるのです。

もし愛猫が、特に眠い時間帯でもないのにしょっちゅうあくびをしているようならストレスがたまっているのかもしれません。

日常からよく遊んであげるなど、かまってあげる時間を作り、ストレスを減らすように気をつけましょう。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

NEKOCLIP

博物館に20年勤務していた古生物学系元学芸員。猫は絶滅してしまった化石猫から イエネコ、ライオンに至るまで全部大好き。猫飼い歴ン十年の猫おばちゃんです。 飼育のお悩みから進化学に至るまで、幅広い情報と猫の素晴らしさをわかりやすく お伝えしようと思います。理学修士、ペットシッター資格、愛玩動物飼養管理士2級。 ペット用品販売会社での勤務経験もあります。