2017年9月13日更新

町内会で地域猫活動を行う【ねりまねこ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

先日、7人の侍からお預かりした子猫たち元気です。

このサイズなら慣れるし、私達なら飼い主探しもできます。
保護するなら、今です!!

離乳食も食べてます。

トイレもちゃんと使えます。

シッポが小さくてかわいい

感染症などの予防のため、ワクチン接種して安定するまではケージで隔離します。

黒白は女の子ですが、つけひげが横にずれちゃった(;^_^A

 

私達は毎週、金曜は捕獲デーと称して、TNRを行っています。

7人の侍たちも6月・7月は毎週、火曜日が捕獲デーだそうです。

実働部隊の皆様は猫を飼っているわけでも、特に好きなわけでもありませんが

町の問題を解決するため地域コミュニティーの活動として取り組んでいます。

当初は、増えすぎた猫の糞尿被害餌やりへの苦情などから対策が始まりましたが・・・

今では、被害対策にとどまりません。

「猫と仲良くくらす街づくり」というテーマで広報・啓発のイベントを行い、町民の意識の底上げをしようとしています。

私達でも、自分の町内でそこまではやっていないし、考えもしませんでした。

町内会の底力を見ました。

私達も見習って、町内会でどんな働きかけができるか考えてみましょう。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 
 

関連カテゴリ