2017年9月20日更新

猫ボラは秘密結社か?【ねりまねこ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

飼い主のいない猫は誰にも責任はないのでケアする人もいません。

それを見過ごせない人が仕方なく自腹で保護や不妊手術をしているのが現状です。

それでも

時代は少しづつ変わってきています。

その中に、誰にも知られず地道に捕獲・不妊手術を行うボランティアさんについてこのように書かれています。

“ノラ猫撲滅運動”を地道にやっている人達を、僕は勝手に“秘密結社”なんて名前をつけて呼んでる。

そう、長らく猫のボランティア活動は秘密結社だったのです。

批判を恐れて表に出ないで、夜陰に紛れ自腹で捕獲する、秘密結社のような活動が人々の無理解や誤解を生んでいるのかもしれません。

時代は変わりました。

野良猫問題は善意の個人の力だけでは解決が難しいです。

社会問題として認識し地域社会の中で課題解決をめざす自治体も増えてきました。

世間の無理解を嘆く前に、

公共の利益のために飼い主のいない猫対策を行っていることをもっと表に出て伝えなければと思います。

 
 

関連カテゴリ