2017年9月5日更新

「あれ?また袋に入ってるの?」 猫が袋を好きな理由とは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

床の上にわずかな時間、放置してあった袋。片づけようと持ち上げると、「なんだ?重い・・・、動かない!」・・・いつの間にか中に猫が入っていることがありますよね。猫は袋が大好き。買ってあげたおもちゃより、スーパーの袋の方がお気に入りなんてことも良くあります。なぜ、猫は皆、袋が好きなのでしょうか?自然界にはなかったはずなのに不思議ですね。今回は猫が袋を好きな理由について探ってみます。

 

なぜ、猫は袋が好きなの?

猫は地域や猫種、年齢に関係なく、袋が好きですが、これは猫の動物としての習性に由来しているからです。

身を守れる気がする

野生だった頃の猫は単独行動していましたから、自分の身は自分で守る必要がありました。休む時や寝る時には敵に見つかりにくく、背後から襲われないくぼみや倒れた木の陰などがちょうどよい隠れ家だったのです。だから、猫は体がちょうど収まるぐらいの場所を好むのです。

室内で飼われるようになってからも猫の習性は基本的に変わりません。狭くて自分の体のサイズにほぼぴったりの袋は、いまでも猫に安心を与えてくれる場所なのです。

獲物を狙うのに最適

室内で定期的にごはんをもらう生活をしていても、猫には狩りをする本能が残っています。獲物を見定めたら身を隠し、距離をはかって一気に飛びつくのが猫の狩りのスタイル。袋は猫が身を隠すのにちょうどいい場所なのです。

もし、あなたの家に猫が遊び飽きてしまったおもちゃがあるなら、袋を遊びにプラスしてみてください。猫が袋に入ったら、猫からちょっと見える程度の場所でおもちゃを動かしてあげましょう。狩りの本能に火がついて、飽きてしまったおもちゃでも面白いぐらいに反応してくれます。(個体差はあります!)

袋が立てる音が好き

猫はシャカシャカ音が大好きです。これはシャカシャカ音が、小動物が動いたり走ったりする時に葉っぱなどに当たって立てる音に似ているからという説があります。袋は猫が飛びついたり、触れたりする度にカサカサ、シャカシャカと音を立てますので、猫の好奇心を刺激するのです。

猫が好きなのはどんなタイプの袋?

猫が好きなのは、自分が入った時にちょっと隙間が空く程度の大きさで、音がする袋です。具体的にあげてみると・・・

  • スーパーのビニール袋
  • デパートなどで貰う紙袋
  • お米が入ってくるクラフト袋

猫は袋に入る前に、まず安全を確かめますので、平べったい袋よりも、マチがあって中が覗きやすい袋の方がお好みのようです。

 

猫が喜んでる!でも、袋を放置するのは危険!

いくら猫が気に入っていても、袋には危険な面もありますので放置しない方が無難です。

呑み込む危険がある!

ビニールなどの素材は、猫が噛んで呑み込んでしまう可能性があります。消化できない袋を呑み込んでしまうと最悪、腸閉塞になる可能性もありますので、噛み癖のある猫の場合、遊んでいる間はそばで見守った方が良いでしょう。

体に引っ掛かることもある!

スーパーの袋で遊ぶと、取っ手の部分が首や足に引っ掛かって取れなくなるケースがあります。さらに怖いのがビニール袋に絡まって窒息する可能性です。ビニール袋は特に危険があると心得ましょう。

踏まないように注意!

中身が見えない袋の場合にありがちなのが、猫が中にいるのに気づかずに飼い主さんが踏んだり座ったりしてしまうこと。猫が骨折したり、ケガをしたりする可能性があります。

袋遊びは猫にとって楽しい遊びですが、うっかりすると命を奪う事故にもなりかねません。せっかくの楽しい遊びが悲劇になってしまわないよう、袋遊びは飼い主さんが見ている時だけにするようにしましょう。

気をつけて遊べば、袋は猫のストレス解消にぴったり

猫のストレス解消や運動不足解消には、狩猟本能を刺激してあげるのが一番です。袋遊びは猫の本能を刺激してくれますし、お金を掛ける必要もありません。ぜひ、家にある袋を活用して猫と遊んでみてください。いろいろな種類の袋を使えば、きっと猫も飽きずに遊んでくれるはずです。ただし、遊んでいる間はしっかり見守ること。特に子猫の場合、事故に逢いやすいので注意してくださいね。