2017年9月14日更新

もしかしてバカにされてる?猫が飼い主にお尻を向けて寝る理由

NEKOCLIP



ペットシッター、愛玩動物飼養管理士2級

博物館に20年勤務していた古生物学系元学芸員。猫は絶滅してしまった化石猫から イエネコ、ライオンに至るまで全部大好き。猫飼い歴ン十年の猫おばちゃんです。 飼育のお悩みから進化学に至るまで、幅広い情報と猫の素晴らしさをわかりやすく お伝えしようと思います。理学修士、ペットシッター資格、愛玩動物飼養管理士2級。 ペット用品販売会社での勤務経験もあります。

 

猫にお尻を向けて寝られること、よくありませんか?わが家の猫たちも、私が寝るとすぐ肛門を見せにきます。胸の上に乗るときは、私の顔にお尻を向けて香箱座り。なんだかバカにされている気分になります。でもこの行動、本当に飼い主をバカにしているのでしょうか。

 

猫がお尻を見せる意味

お尻を向けるのは、人であればあまりお行儀のよくない行為。ギャグマンガでよく見かける、ちょっと人を小馬鹿にした態度です。猫にされても、つい同じイメージで「もしかして猫に嫌われているのかな」と思ってしまいますが、猫にとってお尻を向けるという行動は、人間界とはまったく別の意味があります。

そもそも猫には、お尻を向けたら失礼に当たる、なんていう概念はありません。むしろ、仲良しの意味合いがあるのです。
多頭飼いをしていると気づく方も多いと思いますが、猫同士お尻を嗅ぎ合っていることがあります。これは猫界の挨拶です。お尻にはフェロモンを出す分泌腺があり、猫はその臭いで相手の正体を知ります。フェロモンにつまっている、いわば自己紹介的情報をお互い嗅ぎとろうとしているのです。つまり飼い主にお尻を見せるのは挨拶する仲だと猫が認識しているからと考えられます。

また、子猫が親猫に舐めてーとお尻の穴を見せるように、飼い主に対して子猫気分で近づいているとの説もあります。
猫同士お尻を向けて座ったり、寝ていたりすることもあります。これも相手が敵対する猫ならしません。猫の「お尻付き合い」は人と違って良い関係の現れなのです。

一緒に寝てくれること自体好かれている証拠

もし飼い主さんが嫌いなら、猫はハナから一緒に寝てはくれないでしょう。一緒に寝てくれる、というだけで好かれている証拠なのです。また、「こいつは安全」とも思われているはず。わが家では4匹の猫全員が私と一緒に寝て、旦那のほうには一切いきません。なぜかというと、旦那のいびきが破壊的にうるさく、寝返りも激しいからです。私は猫にとって安全で居心地の良い場所、ということのようです。

 

寝ている時の飼い主さんと猫のポジションはその時の気分をあらわす

飼い主と一緒に寝ると一口にいっても、猫は布団のいろいろな場所で寝ます。飼い主の足元、足の間、胸の上、腕の中、頭の横、などなど。このポジションは、猫の性格や、その時の気持ちを表しています。飼い主さんに遠いほど、警戒心が強かったり、あまり構われたくないと思っています。一緒には寝たいけども近くはちょっと嫌かも、ということです。逆に、顔の近くに来る猫はより甘えん坊さんで、できるだけ飼い主の近くにいたいという気持ちが強いということでしょう。

お尻を向けるのは信頼されているということ

胸の上や頭の隣に座りこんで、でもお尻を飼い主さんに向けている場合は2つの解釈があると考えられます。

1つは、飼い主は安全だからお尻を向けても大丈夫、と猫が考えているということ。猫は危険と感じているものや動物に対してあまり後ろを見せたがりません。背後をとられるということは、襲われる危険性や、負けを意味するからです。つまり飼い主はそんなことをするわけがないと安心しているということでしょう。仲の良い猫同士、親子の猫も互いにお尻をくっつけて寝るのは信頼の証であり、飼い主に対しても同じように思っているのです。

もう1つは、目と目を合わすのはちょっと、と思っていることです。飼い主の側にいたい、甘えたいと思いつつも、でも目と目を合わすのはバツが悪いなと感じているのかもしれません。猫はあまりがっちり視線を合わせることを好みません。目をじっと見つめるのは敵意を意味することがあり、顔が互いに近づくのを苦手とする猫もいます。お尻を向けることで視線を避けつつ甘えているということなのでしょう。

まとめ

猫のしぐさを人間基準で判断すると猫の本心とはちがった解釈をしてしまうことがよくあります。猫は基本的にシャイな生き物。お尻を向けていても飼い主さんは十分好かれていますので安心してくださいね。

 
 

関連カテゴリ