2017年9月16日更新

猫が失敗した後に毛づくろいをするのは照れ隠しのため?

NEKOCLIP



ペットシッター、愛玩動物飼養管理士2級

博物館に20年勤務していた古生物学系元学芸員。猫は絶滅してしまった化石猫から イエネコ、ライオンに至るまで全部大好き。猫飼い歴ン十年の猫おばちゃんです。 飼育のお悩みから進化学に至るまで、幅広い情報と猫の素晴らしさをわかりやすく お伝えしようと思います。理学修士、ペットシッター資格、愛玩動物飼養管理士2級。 ペット用品販売会社での勤務経験もあります。

 

猫が高い所から落ちたりジャンプに失敗すると、照れ隠しと言わんばかりに毛づくろいを始めます。恥ずかしいのかな?ごまかしてるのかな?と思ってしまいますが、本当の理由はちょっと違います。猫にとって毛づくろいはどのような意味があるのか、どうして失敗した時に急に毛づくろいするのか考えてみましょう。

 

猫にとっての毛づくろいの意味とは

もちろん、毛の生えた哺乳類であればどの動物も毛づくろいをしますが、猫は起きている時間のおよそ3~5割も毛づくろいに費やすといわれるほど、特に念入りに毛づくろいをする動物です。猫にとって毛づくろいはどのような意味があるのでしょうか。

1.体を清潔に保つ

毛づくろいの一番の目的は、やはり体を清潔に保つためです。これにはもちろん、フケやゴミ、寄生虫などを取り除いたり、皮脂腺分泌を促してきれいな皮膚と毛並みを維持するなど、健康面での意味が大きいのですが、獲物に自分の匂いをさとられないようにするという捕食時の戦略的な意味もあると考えられます。猫は藪や木陰に潜んで獲物を急襲する「待ち伏せ型」の狩りを行う動物。もし自分の匂いがプンプンしていたら獲物に気づかれてしまいます。体の匂いをある程度抑えるために毛づくろいをしているとも考えられています。

2.体温を調節する

猫には汗をかくための汗腺がほとんどありません。そのため、猫の毛づくろいは体温調節の主要な手段となっています。暑いときには体毛を唾液で濡らし、唾液が蒸発するときに発生する気化熱によって体温を下げ、反対に涼しいときには、余分な水分を取り去って気化熱が発生しないようにしているのです。

3.ストレスを緩和する

猫の毛づくろいには、ストレスの緩和という重要な役割があります。猫は自分自身を落ち着かせたり、ストレスから逃れるために毛づくろいをよく行う動物です。

失敗したときの、猫の毛づくろいの理由

猫が思いもよらず高い所から落ちてしまったり、ジャンプに失敗したときに見せる毛づくろいは、上記「3」の理由からです。「失敗しちゃった、びっくりした、どうしよう」あるいは、「まったくなんで失敗したのかな?イライラする」といった驚きや焦りを感じ、ストレスのある状態から自分を落ち着かせるために毛づくろいをしていると考えられます。

行動学的には「転位行動」といい、他の動物でも人でも見られる行動で、したいことができなかった葛藤や欲求不満を解消し、心の安定を図るための行動とされています。例えば、人がイライラしたときにみせる貧乏ゆすりなども転位行動だそうです。

他に、猫同士がケンカをしていて興奮状態がお互い高まってきたとき、突然毛づくろいを始めることがあります。見ているこちらからすると、何やってるの?ケンカはどうした?と思ってしまいますが、これもストレスに耐え切れなくなって、自分を落ち着かせようとしているのです。

 

毛づくろいは健康のバロメーター

猫は老化したり病気になると毛づくろいをする元気がなくなって、毛並みがボサボサになります。このように身体的な健康面も毛づくろいでわかりますが、心理面も毛づくろいの仕方でわかります。

ストレスの多い猫は過剰に毛づくろいを行うことがあるからです。多頭飼いで弱い立場の猫に見られたりしますが、他の猫から追いかけまわされるなど家での居心地が悪かったりすると、その転位行動として毛づくろいが過剰になるのです。その結果お腹や腕などにハゲをつくってしまいます。ひどいときは皮膚に血がにじんでしまうことも。

もし、そのような症状がみられたら猫が助けを求めているサイン。いつもより気を配り、その猫が安心してくつろげる居場所をつくってあげましょう。

まとめ

このように、猫にとって毛づくろいは身体的にも心理的にも非常に大事な行動です。人間にとってのお風呂と同じようなことかもしれません。そのため、毛づくろいを妨げるようなこと、例えば服を着せるなどは必要がない限りしないほうがよいでしょう。猫の楽しい毛づくろいタイムを大切にしてあげましょう。

 
 

関連カテゴリ