2017年9月10日更新

猫が目を細めるのはなぜ?どんな意味があるの?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫の目と言えば、大きくて丸いというイメージがありますが、実際には目を細めていることも結構あります。ゆったり寛いだ様子で、目を細めているのを見ると「眠いの?」と思ってしまいますが、実は居眠りしているわけではありません。猫が目を細めるのにはどんな意味があるのでしょうか?何か考えているのでしょうか?今回は、猫が目を細めている時の気持ちを探ってみました。

 

目を細めている時の猫の気持ち

猫が目を細めている時の気持ちは、簡単に表すと「安心」と「信頼」です。もし、猫があなたの方を向いて目を細めていたら、猫は「あなたに敵意はありません」「あなたのことを信頼しています」という気持ちを伝えていると思って良いでしょう。

反対に、もし猫が目を見開いてじっとあなたを見つめていたら、そこには恐怖や敵意がある可能性があります。そんな時の猫の目はランランと輝くようで、いかにも戦闘態勢の顔つき。目を細めて寛いでいる姿とは真逆なので、はっきり区別することができます。

目を細めている時の注意点

目を細めている時の猫は、安心していると同時にとてもリラックスしています。猫をよく知る飼い主さんなら、こんな時は猫のペースを尊重してあげるはず。猫をいきなり抱きかかえて自分の膝に乗せたり、過剰に撫ぜたりするのは猫にとって、あまり嬉しいことではありません。ちょっと話しかけたり、少し撫でてあげたりするぐらいがちょうど良いと思った方が良いでしょう。

 

猫が目を細めていたら、こんなお返しをしてあげよう

猫が目を細めている時に猫が安心や信頼を感じていることはお分かりいただけたと思いますが、そんな時に試してほしい猫好き上級者ならではコミュニケ―ション方法があるのです。

それは、飼い主さんの方も猫に向かって目を細めたり、ゆっくり目をつぶったりすること。こうすることで、あなたの方も猫を攻撃するつもりがないこと(当たり前かもしれませんが)、猫に信頼を寄せていることを伝えることができます。あなたと猫の間で幸せな時間を共有することができるはずです。

他にもある愛情サイン

世の中には猫は個人主義で甘えてこない・・・と思っている人も少なくありませんが、もちろん、そうではありません。目を細める行為以外にも猫が愛情や信頼を表す仕草はたくさんあるのです。その一部をご紹介しましょう。

ゆっくり瞬き

目を細めているだけでなく、ゆっくり何度も瞬きしていたら、それも親愛の印です。「猫ヘルパー(My cats from Hell)でおなじみの猫のしつけのプロ、ジャクソン・ギャラクシーは、人間に攻撃的な猫に対して、何度も瞬きして「敵意はないから安心して」というメッセージを送ります。猫がそれに応えて瞬きを返してくれたら、心を開いてくれた証拠なのだそうですよ。

飼い主さんにスリスリ

猫は自分のテリトリーや自分の好きなものに匂いづけ・・・マーキングをするのが習性です。よく、猫が立っている飼い主さんの足に頭を擦りつけてくることがありますね。あれは、実は一種のマーキング。猫は額のあたりに匂いを出す臭腺があり、頭を擦りつけることによって「この人は、私のモノ!」と、主張するわけです。スリスリしてきたら、猫があなたを所有したいほど好いていると思って良いでしょう。

鼻チュであいさつ

猫があなたに向かって鼻をちょっと突きだすようなポーズ。そんな時に、あなたの方も鼻を猫に近づけてみてください。鼻と鼻を合わせることができたら猫があなたを信頼している証拠です。

ゴロゴロ喉を鳴らす

猫があなたに寄り添ってきたり、あなたが撫でている時に猫がゴロゴロ喉を鳴らしたりしてくれたら、猫が安心して幸せを感じているサインです。万が一、猫がひとりで静かにしている時にゴロゴロ喉を鳴らしていたら、具合が悪い可能性もありますので、注意してみてあげてください。

どこにでもついてくる

トイレに行けばドアの前で待っている、お風呂に入っていると扉の陰に猫の姿が見える・・・そんな風に猫があなたの後を追ってくるようなら、それは猫があなたに愛情を感じている証です。猫はいつでもあなたのそばにいたいのですね。

猫の愛情サインを知って猫との愛を深めよう

犬ほど派手なアクションではありませんが、猫にはさりげない愛情のサインがたくさんあります。飼い主さんなら、そんな猫のサインを知って、猫の愛情に応えなくてはいけませんね。たとえ、昼間仕事で家を空ける時間が長くても、機会あるごとに猫と愛情を交わしておけば猫も安心してあなたの帰りを待っていてくれるはずです。