2017年10月26日更新

ミックス犬の「チワマル」。飼い方や寿命、性格、価格は?

ペット生活



編集部

犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

「チワマル」と呼ばれるミックス犬はご存知でしょうか?今回は、ミックス犬の「チワマル」の飼い方や寿命、性格、価格などについてご紹介したいと思います。

 

チワマルってどんな犬?


(マルチーズ)

(チワワ)

チワマルは、「チワワ」と「マルチーズ」の純血種を掛け合わせて生み出されたミックス犬です。

他にも、「マルチワ」や「マルチワワ」、「チワチーズ」と可愛らしい名前でも呼ばれています。

どちらも人気犬種の上位にランクインされる人気犬種同士のミックス犬です。

チワワとマルチーズの特徴

チワワと言えば、世界で最小の犬種として知られており、驚くのは小さな体でありながら自分よりも大きな体の犬に果敢に立ち向かう勇敢さです。

一方、マルチーズは昔からヨーロッパの貴族たちに愛されてきた抱っこ犬で、真っ白の美しい被毛は多くの人々を魅了してきました。

現代でも、ドッグショーなどでは床に付くほどの長くて真っ直ぐな被毛が全身を覆っており、容姿の美しさを競っています。

チワマルの性格

チワマルの性格は、どちらにも共通している愛情深くて甘えん坊、そして人懐っこい性格を引き継いでいます。

チワワの勇敢と言う性格を裏返せば、気が強いとも言うことができますが、マルチーズの落ち着いた性格によって、見事にカバーされており、穏やかな性格が特徴的です。

チワマルの身体的特徴

外見は、マルチーズの特徴が濃く現れやすい傾向にありますが、チワワの大きな瞳やアップルヘッドなどの特徴が所々で見ることができます。

全体的な印象としては、体が小さめのマルチーズという印象が強いと言われています。

チワマルの体の大きさ

世界最小のチワワとそれよりも大きいマルチーズのミックス犬となると、チワマルの体の大きさも気になるところです。

チワマルの体重はと言うと大体2.5kg前後で、体高は大体22㎝前後と言われています。

マルチーズの体重が2.5kg前後なので、それくらいの大きさに成長することが予想されています。

チワマルの毛色や毛並み

マルチーズは純白の白一色だけの毛色ですが、チワマルの毛色はチワワの毛色が濃く現れやすいとされています。

そのため、

  • ホワイト
  • クリーム
  • ブラック
  • ブラウン
  • レッド

などの色が組み合わさって毛色として現れます。

一方、チワマルの毛並みは、マルチーズの肌触りが良いふわふわの毛が色濃く現れます。また、シングルコートのため、抜け毛も少ないと言われています。

チワマルの体臭

チワマルの体臭についてですが、チワワもマルチーズも元々は体臭が少ない犬種であるため、チワマルの体臭も比較的少ない特徴を引き継いでいます。

そのため、体臭が臭いと感じた場合は、健康状態やブラッシング不足などをチェックしましょう。

チワマルの平均寿命

チワワの寿命が大体10~18年程度で、マルチーズの寿命は大体12~15年程度と言われていることから、チワマルの平均寿命は大体12~15年程度とされています。

ただ、病気にかからずに元気で一生を過ごせばという前提を忘れてはいけません。

一般的に、ミックス犬だと遺伝性の疾患にかかりにくいとも言われていますが、必ずしも病気にかからないとは言い切れません。

そのため、次のような病気に注意するようにしましょう。

例えば、

  • 膝蓋骨脱臼
  • 低血糖症
  • 涙やけ
  • 憎帽弁閉鎖不全症
  • 水頭症

などが挙げられます。

 

チワマルの価格と購入先

チワマルは人気犬種同士のミックス犬でもあり、とても人気が高いミックス犬です。

ただ、国内でチワマルを専門とするブリーダーが少ないため、ブリーダーで探そうと思うと、比較的手に入れにくいとされています。

チワマルを購入できる場所もしくは譲り受けることができるのは、

  • ブリーダー
  • ペットショップ
  • 里親募集

などが挙げられます。手に入れにくいチワマルですが、気になる価格は大体12万円~17万円前後と言われています。

ただ、海外のブリーダーから購入する場合は、それ以上に高くなる可能性もあるので、予算に合うかどうかも検討材料の一つに入れておくと良いでしょう。

チワマルの飼育上の注意

チワマルを飼育する際に注意しておきたいことは、

  • 無駄吠えのしつけ
  • しつけは根気強く行う
  • 高い場所からジャンプさせない
  • ブラッシングやトリミングなど被毛のお手入れを定期的に行う
  • 適度な運動を心がける

などが挙げられます。チワマルの性格がチワワ寄りであれば、少し頑固な一面もあるので、しつけには根気強さが必要となってきます。

例え、チワマルが失敗することがあっても、叱ったりせずに長い目で見てあげましょう。

何より、飼い主さんの一貫したしつけが重要になってきます。

さいごに

チワマルは見た目にも可愛く、甘えん坊な性格がありますから、ついつい甘やかし過ぎてしまうことがあります。

ただ、甘やかし過ぎると、ワガママな犬に育ってしまいます。

ワガママな愛犬も可愛いものですが、そこは飼い主としての威厳を保つためにも、愛犬が飼い主の指示を無視して不慮の事故などにならないためにも、しっかりとしつけはしておきましょう。