2017年12月28日更新

あんなしぐさ、こんな行動も?猫のマーキングと困ったときの対処法

NEKOCLIP



ペットシッター、愛玩動物飼養管理士2級

博物館に20年勤務していた古生物学系元学芸員。猫は絶滅してしまった化石猫から イエネコ、ライオンに至るまで全部大好き。猫飼い歴ン十年の猫おばちゃんです。 飼育のお悩みから進化学に至るまで、幅広い情報と猫の素晴らしさをわかりやすく お伝えしようと思います。理学修士、ペットシッター資格、愛玩動物飼養管理士2級。 ペット用品販売会社での勤務経験もあります。

 

マーキングとは、縄張り主張や異性へのアピールのために臭いによって自分の「印」をつける行動のこと。

猫のマーキングといえば「おしっこかけ」をイメージする方も多いでしょうが、飼い主さんが日々目にする何気ない行動も実はマーキングであることが。

今回は、マーキングの種類と困ったときの対処法についてお話します。

 

フェロモンと猫のマーキング

マーキングは、体の各所にある臭腺から分泌される臭いの元「フェロモン」をつける行為で、縄張り主張、異性へのアピール、親しい猫とのあいさつなどのために行われます。

フェロモンには「安心フェロモン」「警戒フェロモン」「性フェロモン」があり、その時の感情や用途によって使い分けられます。

猫はフェロモンの臭いで他の猫と情報交換を行っているのです。

安心フェロモン

縄張りを主張したり、親しい猫・人とのコミュニケーションに使われるフェロモン。

額、あごや頬、しっぽのつけ根の臭腺から分泌されます。

この臭いで猫は安心してくつろいだ気分になるため、安心フェロモンと呼ばれています。

警戒フェロモン

主に縄張り主張に使われるフェロモンで、肛門や足の裏の臭腺から分泌されます。

人の冷や汗と同じく、緊張・警戒したり、興奮すると分泌されるため、警戒フェロモンと呼ばれています。

性フェロモン

自分が発情したことを他の猫、とくに異性に対してアピールするためのフェロモンで、尿に混じっています。

マーキングの種類

マーキングの代表格「スプレー」

トイレ以外でおしっこをする「そそう」ではなく、立ったまま壁に少量のおしっこを飛ばすのが「スプレー」です。

警戒フェロモンや性フェロモンが含まれ、縄張り主張や性衝動によって引き起こされます。

オスもメスもしますが、縄張り主張のスプレーは多頭飼いの場合に、性的スプレーは去勢・不妊手術をしていない場合にみられます。

「スリスリ」もマーキング

外出から家に帰ると、猫が足元にきて体をスリスリしてくることってありませんか?

とても愛おしいしぐさですが、実はこれもマーキングの一種。

頬やあご、しっぽのつけ根を押しつけ、その部分の臭腺から出る安心フェロモンをこすりつけます。

飼い主さんに甘えているのもありますが、自分の所有物としてマーキングしているということなのです。

他に、家具や部屋の壁、柱の角にスリスリするのも同じマーキング行動。

縄張りを主張し、安心フェロモンで居心地をよくしているのです。

スリスリされた所は黒っぽく変色するので思わず掃除したくなりますが、猫のためにはあまり徹底して落とさないほうがよいでしょう。

猫同士の「頭突き」もマーキング


猫同士(飼い主さんにも)頭突きし合うのは、友好のあいさつであるとともに、安心フェロモンをつけてお互いの臭いを確認する、マーキングの意味があります。

「爪とぎ」もマーキング


毎日の爪とぎも縄張りを主張するマーキング行動。

足裏から分泌される警戒フェロモンを爪とぎでつけています。

遊んでいる最中や食事前に突然バリバリする猫がいますが、警戒フェロモンで「元気な猫がここにいるぞ!」とアピールしているのです。

 

マーキングによる問題行動と対処方法

マーキングは猫の本能であり、猫にとって必要不可欠な行動です。決して叱らないようにしましょう。

スプレー尿の対処方法

猫の尿には他の動物にはない独特の臭い成分が含まれ、特に未去勢のオス猫の尿に多いとされます。

スプレー尿だとさらに濃縮されて一段と臭く、マーキングの中で最も問題になる行為でしょう。対処としては、

1.去勢・不妊手術を行う

去勢・不妊を行えば性衝動が抑えられて行為そのものが減り、悪臭も軽減されます。

2.ストレスを取り除く

縄張り主張は、ストレスが引き金であることも。

新入り猫がきた、他の猫と不仲になった、家族の誰かがいなくなった、引っ越した、などがよくある原因です。

いつもよりたくさん愛情をかけ、1人になれる場所や逃げ込める場所をつくってストレスを軽減してあげましょう。

また、市販の安心フェロモンスプレーを使って部屋を安心フェロモンで満たすことで、落ち着いてくることがあります(効果には個体差があります)。

3.頻繁にする場所にはペットシーツを

尿が一度つくと洗ってもなかなか臭いが落ちません。

スプレーは場所がある程度固定されるのでペットシーツを貼り、直接尿がかからないようにしましょう。

困った爪とぎの対処方法

爪とぎを壁や家具でされるとひどい傷になってしまいますよね。対処法としては、

1.猫の好む爪とぎ器を複数用意

さまざまな形状・素材の爪とぎ器が市販されていますので、猫が好みそうなものを数種類用意してあげるとよいでしょう。

2.爪とぎする場所に猫の嫌いな匂いをつける

柑橘系など猫が嫌う匂いを爪とぎする場所に吹きつければ、そこを避けるようになります。

3.爪とぎ防止シートを貼る

市販の爪とぎ防止シートをされたくない壁や家具に貼れば、爪とぎされても傷になりません。

まとめ

マーキングは、飼い主さんがあまり目くじらをたてて問題視するとかえって状況が悪化することも。

困ったことがあってもおおらかな気持ちで、1つずつ根気よく対処してあげることが大切です。

 
 

関連カテゴリ