猫の目が充血してる?猫の結膜炎は失明の恐れもあります!【獣医師が解説】

愛猫に目脂や涙が多く、眼が充血している、などという状態を見かけたことはありませんか?

もしかしたら結膜炎かもしれません。

猫において結膜炎は比較的多く見られる疾患です。

結膜炎には細菌性やウイルス性などの感染性のもの、自己免疫性(アレルギー性)のものなど、様々な原因がありますが、猫の結膜炎では、感染が原因になっていることが多いです。

点眼薬で良化することが多いですが、全身的な治療が必要なこともあります。

たかが結膜炎でも、放置すれば失明の恐れがあることもあります。

今回は猫の結膜炎についてです。症状、原因、治療などを中心にお話を進めたいと思います。

 

症状

まずは、結膜炎になったらどのような症状が出るのでしょうか。

結膜は、「あかんべー」をした時に赤く見える、瞼の裏の部分です。

結膜炎とはこの結膜に炎症が起きた状態です。

そのため、結膜が充血して赤くなる、浮腫んで腫れる、目脂が増える、濾胞といって粒状感のある病変が形成されるなどという症状が出ます。

これらは少し眼を注意して見てあげれば、私たちが気づいてあげられる症状になります。

猫が感じる症状としては、痛みや痒みなどの違和感が挙げられます。

このように違和感を感じると、顔を擦るなど、しきりに目を気にする仕草が見られます。

 

猫の結膜炎の主な原因

では、結膜炎の原因についてお話を進めていきましょう。

ウイルス感染

猫の結膜炎の大部分を占めます。

一般的に猫風邪と呼ばれる、猫ウイルス性鼻気管炎(FVR)では、上部気道にウイルスが感染する猫の疾患です。

一度ウイルスに感染すると、ウイルスは体の中に存在し続け、猫の抵抗力が落ちた時に症状が出るようになり、生涯に渡って付き合って行くことになります。

ワクチンでの予防は可能ですが、ウイルスに感染してしまっている場合には、症状が軽く済みます。

細菌感染

感染する細菌の代表的なものは、クラミジアです。

クラミジアは猫ヘルペスウイルスI型ととともに猫の結膜炎の原因の大部分を占めます。

クラミジア単独での感染だけでなく、猫ヘルペスウイルスⅠ型との混合感染も多いです。

クラミジアの感染は、結膜炎の症状がとても強く出ます。

感染初期には黄色〜黄緑色の眼脂が見られ、眼からの分泌物を介して感染が広がります。

また、クラミジアは、人獣共通の感染症です。

猫から人に感染することは稀だと言われていますが、愛猫がクラミジアと診断された場合には、猫との接触後はしっかり手を洗うなどして感染予防に努めてください。

寄生虫感染

特に西日本において、東洋眼虫という線虫類の寄生がみられることがあります。

東洋眼虫は、メマトイという昆虫が媒介します。結膜が充血し、どろっとした目脂が出ます。

なりやすい猫

先程、原因についてお話ししましたが、猫の結膜炎はウイルスや細菌の感染が原因になっているので、抵抗力の弱い猫でみられることが多く、また重症化しやすい傾向にあります。

抵抗力の弱い猫、というのは、特に子猫や高齢の猫、腎不全や猫エイズなどの基礎疾患がある猫です。

特にクラミジアの感染は1歳未満の子猫に発生が顕著です。

これは、成猫では免疫力の獲得により、発症率が下がるからだと考えられます。

また、屋外飼育の猫では野良猫からこういった感染症をうつされることがありますし、寒い季節に体が冷えることは抵抗力も落としてしまいますので、できれば外に出さない方が良いですね。

 

重症化してしまった場合

たかが結膜炎だと思って様子を見ていると、重症化することもあります。

結膜炎は猫の風邪症状の一つとして発現することが多いので、放置をしてしまうと、風邪がひどくなり、肺炎などに移行することもあります。

また、眼の症状もひどくなると、角膜と結膜が癒着してしまい眼が開かなくなったり、感染が眼の内部まで及べば、失明の恐れもあります。

初期の段階で治療に入ることができればこのような事態は避けられますので、たかが結膜炎と侮らず、治療をするようにしましょう。

 

治療

治療期間

通常は1〜2週間程度で改善します。

しかし、結膜炎も、放置してしまった場合には治療期間も長引くことがあります。

また、クラミジアと猫ヘルペスウイルスⅠ型の混合感染では、なかなか治療に反応せずこじれてしまい、慢性的な結膜炎へと移行してしまうこともあります。

治療方法

結膜炎は風邪症状の一つとして発現していることが大部分を占めます。

このため、結膜炎の治療を行うだけでなく、全身的な治療も行います。

ウイルスが原因になっている場合には、特効薬はないため、病気を治すためには猫自身の持つ免疫力が大切になってきます。

免疫力を上げるために有効とされているのがインターフェロンです。

猫の風邪では、インターフェロンを全身に投与する他、結膜炎に対してはインターフェロンを含んだ点眼薬で治療を行います。

細菌の感染がある場合には、抗生物質の点眼薬を中心に治療をしますが、全身的な抗生物質の投与が必要な場合もあります。

予防方法

猫伝染性鼻気管炎は猫ヘルペスウイルスⅠ型、カリシウイルスが原因になっているとされ、これらはワクチンでの予防が可能です。

ヘルペスウイルスは一度体に入ると生涯保有し続け、猫の免疫力が落ちた時に悪さをします。

しかし、たとえウイルスを保有していても、ワクチン接種をしておくことで症状の重症化を防ぐことができます。

また、結膜炎の原因の多くは感染です。感染の機会を作らないことも予防につながります。

屋外に出ることが習慣になってしまっている場合には、習慣を改めることは難しいものです。

そのため、子猫の頃から外に出さない習慣にすることが大切です。

早期発見

毎日愛猫を見ていればおのずと眼の状態はチェックできていると思います。結膜の状態を確認しようと思うと、あかんべーをさせてまぶたの裏を見なければなりません。特に結膜炎を起こしている時には、猫も見せるのを嫌がることが多いので、眼脂や涙の量が増えているのであれば、なんらかの眼の異常があるものとして動物病院で診察を受けられると安心です。

また、鼻水やくしゃみも猫の風邪症状ですので、鼻水やくしゃみが気になる時には結膜炎もあるかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

猫の結膜炎は珍しい病気ではありません。しかし、侮っているとこじれて重症化してしまい、愛猫が苦しい思いをしてしまうかもしれません。普段から愛猫の顔をよく観察してあげ、気になる症状がある場合には早めに動物病院を受診しましょう。また、ワクチン接種は有効な予防手段ですので、必ず接種するようにしてあげてください。

関連記事