猫も糖尿病になる?予防や早期発見方法を知っておこう!【獣医師が解説】

糖尿病は、私たち人では生活習慣病とされていて、その罹患率も高いものとなっていますね。

しかし、糖尿病が増えているのは人だけではありません。動物たちも糖尿病にかかってしまいます。

犬や猫の糖尿病は人の糖尿病と全く同じわけではありませんが、特に猫の糖尿病は人のⅡ型糖尿病に近いとも言われており、食餌管理やインシュリン投与によりコントロールが可能です。

今回は猫の糖尿病についてです。

症状や治療について、私たちの糖尿病とも比較しながらお話しを進めたいと思います。

 

糖尿病の症状

糖尿病とは、血液中の糖分が処理し切れずに過剰になった状態です。

糖分がうまく体で利用できないため、栄養は摂取しているのに足りていない状態です。

また、過剰な糖分が尿中に排泄されるため、本来なら尿中に排泄されるべきものが排泄されません。

その結果尿量だけが多くなり、脱水を起こします。脱水のため喉が渇きたくさんの水を飲むようになります。

猫では、私たち人間の糖尿病とは異なり、合併症の発症は起こりにくいと言われています。

では、具体的にどのような症状が出るのか、代表的なものを挙げていきますね。

多飲多尿

過剰な糖が尿に排泄されて多尿になるために脱水を起こします。

そのため喉が渇き、水を飲むようになります。たくさんの水を飲むため、また多尿になります。

脱水を起こすと毛艶も悪くなります。動物病院へ来られる患者さんはこの多飲多尿に気づかれることが多いです。

多飲多尿は糖尿病だけで出る症状ではありませんが、飲水量や排尿量が多ければ早めに動物病院へお連れください。

猫の1日飲水量の目安は体重1Kgあたり50ml程度です。

もし、体重1Kgあたり100mlを超えるようなことが続く場合には多飲多尿を疑います。

多頭飼育では飲水量、尿量をチェックすることが困難な場合が多いですが、疑わしい場合には、可能ならお部屋を分けるなどして個体管理をすることをお勧めします。

体重減少

糖尿病では、インシュリンが不足するため、食べ物から摂取した糖分がうまく利用できません。

そのため、食べているのに栄養が不足してしまい、体重が減ってきます。

食欲不振、活気がない

高血糖が続くと脳を刺激して気分が悪くなり、悪心や吐き気が出るため、食欲が減ってきます。

猫は犬と異なり、置きエサにして少しずつゆっくりとフードを食べることが多いです。

特に多頭飼育をされているとどの子が食べたのか把握をすることが難しいです。

調子が悪そうな子がいる場合には、その子だけ別のお部屋に隔離する、ケージに入れるなどして観察をしてあげてください。

嘔吐、ぐったり

糖尿病が進行して持続的な高血糖となると、体が糖分ではなく脂肪を分解してエネルギーを得るようになります。

そのような状態になると脂肪の代謝産物が体に蓄積して、体に弊害がでます。

この弊害が出た状態を、糖尿病性ケトアシドーシスと言い、24時間の管理のもと、入院加療が必要です。

 

早期発見

猫も人と同じように、できれば早期発見をしてあげたいものです。

早期発見をして早く治療に入ってあげることで完治も望めるかもしれません。

健康診断

定期的な健康診断を受けることは、糖尿病だけでなく、さまざまな病気の早期発見につながります。

5歳を越えるとそろそろ中年、猫も人でいうおじさんやおばさんにさしかかります。

8歳を超えればシニア世代です。定期的な健康診断を受けるようにしましょう。

体重

肥満は糖尿病のリスクファクターの一つです。

避妊や去勢手術を受けると、食欲のセーブがきかずに、どうしても食べ過ぎから肥満になりやすくなります。

私たちでもそうですが、一度太ってしまうと体重を落とすことはとても大変ですよね。

猫に運動させることはかなり難しいですので、フードでのコントロールが中心になります。

避妊、去勢手術後は低カロリーのフード、ダイエットフードなどに切り替えて、太らないように気をつけてあげましょう。

 

気をつけてあげること

太らせないようにする

避妊や去勢手術が終わったら、太っていなくても、カロリー制限をしたフードにすることをお勧めします。

飲水量、排尿量を気にしてあげる

猫の1日あたりの飲水量の目安は体重1Kgあたり50ml程度です。

もし、体重1Kgあたり100mlを超えるようなこ場合には多飲多尿のサインで、なんらかの異常が考えられます。

いつもより飲水量が多く感じる場合でも一過性のものであれば、フードや環境が原因となっていることもありますが、続く場合には心配です。実際に飲水量を計るようにしましょう。

 

なりやすい猫?

  • 肥満、または過去に肥満であった猫
  • 慢性膵炎に罹患している猫
  • 難治性口内炎、好酸球性肉芽種症候群などで長期間にわたってステロイド投与をしている、または長時間作用型のステロイド投与を受けている猫

糖尿病の原因

肥満

脂肪組織は、血糖値を下げるためのインシュリンの効果が出にくくなります。

そのため、血糖値を下げるために痩せている猫よりも多くのインシュリンが必要になり、インシュリンが枯渇しやすくなる可能性があります。

慢性膵炎

猫の糖尿病の一番の原因と言われています。

猫では膵臓の細胞にアミロイドという特殊なタンパクが沈着することで膵臓の細胞が徐々に不可逆的なダメージを受けます。

膵臓の細胞は消化酵素だねでなく、血糖値をコントロールするためのホルモン、インシュリンとグルカゴンを分泌するはたらきがあります。

そのため、膵臓のダメージはインシュリン不足を引き起こし、糖尿病の原因となり得ます。

ステロイド治療

ステロイドは副腎という組織で作られるホルモンで、正常な猫の体内にも存在します。

ステロイドホルモンはストレスに負けないような働きもあり、体にとって必要なホルモンです。

しかし、ステロイドには血糖値を上げる作用もあります。そのため、過剰に体内に存在することは糖尿病を誘引してしまう恐れがあります。

難治性の口内炎や好酸球性の疾患など、ステロイドでの治療が必要な基礎疾患がある場合。

長期に渡るステロイドの治療や持続的に効果を示すようなステロイド剤の使用により、副作用が強く出る可能性があり、糖尿病が誘発されることもあります。

糖尿病の治療

それでは、実際に糖尿病と診断された場合には、猫ではどんな治療を行うのかをご紹介していきます。

治療の目標は、「適正体重の維持」と「血糖値のコントロール」、です。

糖尿病用の療法食の使用

高繊維の食餌に切り替えて、糖の過剰摂取を防ぎます。

様々なメーカーで糖尿病用の療法食は製造されています。

糖尿病では、太り過ぎはもちろんですが、痩せ過ぎも良くありません。フードを用いて適正体重がキープできるようにします。

インシュリンの投与

不足しているインシュリンを注射して体外から補います。

インシュリンを投与することで再度食物中の糖を利用できようになり、糖尿病の症状が出なくなります。

インシュリンの投与では、低血糖にならないような量を調整する必要があります。

低血糖を引き起こすと震えや嘔吐などの臨床症状が出ますが、低血糖に対し体が血糖を上げるように反応するため、反動で高血糖を引き起こしてしまいます。

高血糖を引き起こすと、再度、血糖値のコントロールをするのが難しくなりますので、正常値より少し高めの血糖値を目指します。

インシュリン治療を開始するにあたっては、血糖値曲線の作成をし、インシュリンの投与量を決めますので、入院が必要になることが多いです。

皮下補液による脱水と電解質補正

血糖値がうまくコントロールできている場合には、あまり必要になることはありませんが、血糖値コントロールの初期の段階や、糖尿病性ケトアシドーシスの回復直後では必要に応じて行います。

糖尿病性ケトアシドーシス

糖尿病はインシュリン不足から、食物中の糖が利用できなくなる病態です。

つまり、食べていてもエネルギー不足になっています。

そのため、体内ではエネルギーを作り出すために、体に蓄積されている脂肪分を分解して無理やりエネルギーを得るようになります。

その結果、ケトンという代謝物が産生され、それが体に蓄積してしまい、体のバランスがくずれてしまった状態を糖尿病性ケトアシドーシスと言います。

この状態は糖尿病でもかなり重症な状態です。糖尿病に気づかず重症化することもありますし、治療中でも慢性膵炎の活動期などでうまく血糖値のコントロールができない場合にも起こり得ます。

自力での飲水などもできなくなり、吐き気、嘔吐が、みられ、ぐったりした状態になります。

点滴により、血糖値、脱水の補正、電解質のバランスを整え、自力で飲水ができる状態まで点滴を続けます。

回復後は、食餌管理とインシュリンの投与を行い、血糖値をコントロールします。

自己判断は危険

多飲多尿は糖尿病のサインの一つですが、だからと言って、糖尿病であるとは限りません。

しかし、多飲多尿や食べていても痩せてきた、などという兆候は猫の体になんらかの異常がある可能性があります。

普段から愛猫の様子をよく観察してあげ、異変を感じたら動物病院で検査をしてもらいましょう。

たとえ経験を積んだ獣医師でも、症状だけから糖尿病や慢性腎不全の診断はできないものです。

検査を行い、検査結果を考察して診断を確定します。

糖尿病の予防

さいごに、糖尿病は予防できるのでしょうか。

予防できるのであれば予防してあげたいものですよね。

予防策として効果のあることは、体重のコントロールです。

これまで何度も話題に上がっているように、糖尿病の一番のリスクファクターは肥満です。

私たちも、太ってしまってから体重を落とすことは困難ですよね。

なので、太ってきたかも、と感じるようになる前に対策をしてあげてください。

猫も体重増加のタイミングがあります。生後4〜5ヶ月になると脂肪組織が発達してきますので、成長期の子猫とはいえ食べさせすぎることは良くありません。

また、避妊手術や去勢手術をすると性ホルモンの影響がほとんどなくなるため、食欲が増進する傾向にあります。

このようなタイミングでは注意をしてあげるようにすると体重増加の対策を取りやすいと思います。

猫は犬とは異なり、私たちが思うように運動をさせることが難しい動物です。

そのため、体重管理のメインとなるのは食餌の管理になります。

いくら低カロリー、ダイエット食を食べさせていても、たくさんあげ過ぎてしまっては元も子もありません。

飼い主さんも心を鬼にして体重管理を行ってあげてください。

さいごに

いかがでしたか?

猫の糖尿病はヒトの成人病と同じタイプであると言われてきましたが、近年、その原因には慢性膵炎による膵臓へのダメージが多いことがわかってもきました。

しかし、肥満はリスクファクターであることには変わりありません。

避妊手術や去勢手術も避けては通れないものであると思いますので、愛猫の好きなフードを見つけてあげ、上手に体重のコントロールをしてあげてくださいね。

関連記事