猫の平熱はどのくらい?健康管理の基本、体温の測り方とその基礎知識

猫って抱き上げるととても暖かいですよね。

人よりも猫の体温が高いことは経験的にわかっていても、具体的に猫の平熱が何度かご存知でしょうか?

ふだん気にしなくても、愛猫が体調を崩したとき、一番気にすべきことのひとつは体温です。

猫の平熱ってどのくらいなのでしょう。

何度あれば熱があるのでしょう。今回は、猫の体温の基本と測定方法についてお話します。

 

猫の平熱とは?

猫の平熱は人よりだいぶ高く、38~39℃。子猫だともう少し高く、老猫だと低い傾向があります。

おおむね39.5℃を超すと「発熱している」と判断し、40℃を超すと「高熱」と考えましょう。

人もそうですが、猫も恒温動物で自ら体の熱をつくりだしています。

この熱は、生きていくうえで、そして活動するうえでもっとも都合の良い温度に調整され、その状態が「平熱」となります。

熱が高かったり低かったりするということは、体のどこかに異常がおきているかもしれないということ。

発熱は誰でも病気を疑うかもしれませんが、実は低体温も要注意。

生きる活力が失われているサインでもあり、特に子猫や老猫の場合は命にかかわることも。

ふだんから愛猫の平熱を知り、猫の異常に早めに気づいてあげられるようにしましょう。

 

猫の体温調節

猫は人間よりも体温調節が苦手です。

例えば、人は汗をかいて体温を下げることができますが、猫は汗腺がとても少ないため、体毛を舐めて湿った毛が乾くときの気化熱か、または口呼吸で水蒸気を排出することでしか体温を下げられません。

そのため猫は体に熱をためやすく、熱中症などに注意しなければなりません。

反対に寒いときはどうでしょう。

人はブルブル震えることで体温を上げようとしますが、猫は、ふだん体温調節のためにあまり震えることはありません。

体を丸めたり、温かい所へ自ら移動して体温を保とうとします。

もし震えていたら、かなり寒がっているか低体温で体調が悪い可能性があります。

 

体温の測り方

体温を知るのに猫にとって一番良い方法は、飼い主さんの手です。これが最もストレスがなく、簡単な方法でしょう。

もともと体の中でも耳はあまり温かくない場所です。

耳を触ったときに熱いと感じたら、熱があるかもしれません(ただし、寝ていると耳が熱くなっていることもあるので、起きている時に触りましょう)。

また、ふだんから体全体を触っていつもの愛猫の体温を感覚的に知っておきましょう。

もし、いつもより熱いな、または、いつもより冷たいなと感じ、さらに食欲がない、元気がないなどの症状が伴うときは、早めに病院に連れていくことが大切です。

体温計を使う場合

体温計は人用のものでかまいませんが、水銀の体温計は折れた場合危険ですので、電子体温計を使用しましょう。

1.肛門で測る

肛門で測る方法がもっとも実際に近い体温が測れます(ウンチが肛門付近に溜まっていると、ウンチの温度を測ってしまうので、排せつした後に測りましょう)。

ただし、猫も人も慣れていないと腸を傷つけることがあるので要注意。

特に猫は緊張しやすく、肛門から挿入することが難しいため、獣医さんから指導を受けてから行うほうが安全です。

肛門で測る場合は、体温計を衛生的に保つためにまずラップで先端を包み、さらに潤滑剤としてラップの上にワセリンやオリーブオイルなどを塗ります。

そして猫のしっぽを持ち上げ、肛門に体温計をそっと差し込むのですが、このとき、体温計の先端が直腸に届くように肛門から2~3㎝奥に入れるようにしましょう。

2.耳で測る

耳で測った体温は肛門で測るよりもやや低めに測定され、多少ばらつきがあります。

耳で測るときは、耳専用の体温計が必要です。動物用もありますが、人用でもかまいません。

耳の穴に体温計の先端をしっかり差し込んで測定します。差し込み方やそのときの状況によって多少ばらつきが出るので、数値が安定するまで何度か測るとよいでしょう。

3.脇や股で測る

体温計を腋や股に差し入れて測ることもできますが、毛があるために低めに測定されますし、あくまで目安と考えましょう。

 

おススメの体温計

1. 電子体温計

肛門で測ることを考え、先端が柔らかいものを選びましょう。動物用のものは、使い捨ての専用カバーがついているものもあります。

2. 耳用電子体温計

赤外線をあてて1秒で計測できます。じってしていることが苦手な猫に。

3. 非接触型体温計

最近開発されて発売され始めた、耳以外の部位で測る、赤外線を使った非接触型の体温計。

まだ発展分野なので、正確さはこれからのところもあるでしょうが、目安として測るには簡単で便利です。

猫の体温に異常があるときの観察ポイント

愛猫の体温に異常があった場合すぐに病院に行くことが大切ですが、その前に確認しておくべきポイントがいくつかあります。

これらを獣医さんに伝えることができれば、病気の診断に役立ちます。

1. 発熱、低体温の経過

いつから異常があるのか、どんなときに異常があったのか、急激に変化したのか、徐々に異常が起こったのかといった経過を観察。

2. 発熱、低体温の状況

朝や夜など時間によって体温に変化があるのか、それとも一日中異常があるのか状況を確認。

3. 発熱・低体温以外に他の症状があるか

体温の異常以外に、例えば食欲、元気のある無し、呼吸の状態、便や尿の頻度・状態、歩き方、皮膚の弾力、発疹の有無などを確認。

まとめ

猫は我慢強い動物で具合が悪いことを表に出したがりません。

元気がないと気づいたときにはすでに症状が進行していることも。人には気づきにくい猫の体調を知るには、体温は重要な基準となります。

愛猫の不調にいち早く気づいてあげられるよう、体温の変化に気を配りましょう。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

NEKOCLIP

博物館に20年勤務していた古生物学系元学芸員。猫は絶滅してしまった化石猫から イエネコ、ライオンに至るまで全部大好き。猫飼い歴ン十年の猫おばちゃんです。 飼育のお悩みから進化学に至るまで、幅広い情報と猫の素晴らしさをわかりやすく お伝えしようと思います。理学修士、ペットシッター資格、愛玩動物飼養管理士2級。 ペット用品販売会社での勤務経験もあります。