愛猫の通院、災害時の避難などに大活躍、洗濯ネット活用術

猫の外出って一苦労ですよね。

特に病院への通院は、キャリーケースに入れるだけでも大変なのに、病院についてからも診察室で大暴れ。

獣医さんに申し訳なく、ヒヤヒヤすることもあります。そんな時活躍するのが洗濯ネット。

今回は、外出からデイリーケアまで幅広く使える洗濯ネットの活用術と注意点についてお話します。

 

洗濯ネットで猫も安心・安全

多くの猫にとって自分の縄張りの外へ出ることは、大きなストレス。

移動時にキャリーケースから出た途端すり抜けて逃げてしまった、というエピソードもよく聞きますよね。

そんなとき洗濯ネットを上手に活用すれば、猫の不安やストレスを緩和し、脱出を防止することができます。

猫はもともと、狭い所に入り込み、隠れていると思うことで安心する動物。

洗濯ネットに入れると密着感があり、隠れている気分にもなるので猫の不安を和らげる効果があるのです。

また、動きを抑制することもできるので、脱走防止のほか、診察時やお手入れ時の保定にも活躍します。

猫を守るためにも洗濯ネットは自宅にに1つは用意しておきたいものです。

1.通院(診察)や移動に

外出時にキャリーケースを使用する人は多いと思いますが、暴れて扉をこじ開けたり、出したとたん逃げられたりすることも。

このような場合に、洗濯ネットに入れてからキャリーケースに入れれば、まず脱出は不可能です。

しかも洗濯ネットに入れることで猫も落ち着きます。

また、たとえキャリーケースが無くても、動きが制限されるため逃走の心配がないので、洗濯ネットに入れて直接抱っこすれば、怖がりの猫も飼い主さんの匂いや体温を感じて安心できます。

さらに診察時にもそのまま入れておけば注射などの処置がしやすくなります(獣医師の指示に従いましょう)。

洗濯ネットを常備してる病院も多いですが、他猫の臭いがついたものを借りるより、自宅のもののほうが猫の不安も和らぎます。

2.災害時の避難に

災害時は猫もパニックを起こしており、思いがけない行動に出るかもしれません。

そのため、せっかく避難先に着いてケージに移し替える際に脱走、ということも実際にあるようです。

不慣れな場所で行方不明になれば、猫が戻ってくることはとても難しいです。

安全のため、災害避難時は洗濯ネットの使用をおすすめします。

ただし、緊急のときにすぐに入らない場合は無理に使わず、落ち着いてから、車の中など脱走できない場所で入れなおしましょう。

3.デイリーケアに

猫が苦手な日常のお手入れも、洗濯ネットを使えば簡単に行うことができます。

ただし、デイリーケアは使用頻度が高いため、嫌がるのに無理矢理使うと洗濯ネット自体が恐怖の対象になってしまいます。

猫の性格をよく考え、また様子をよく観察して行うようにしてください。

爪切り

洗濯ネットに猫を入れ、少し開けたチャックから手先だけを出せば簡単に爪を切ることができます。

もし手だけ出すことが難しいなら、洗濯ネットの網目から爪だけだしてもよいでしょう。

シャンプー

たいていの猫はお風呂嫌いですが、洗濯ネットに入れると暴れることなく落ち着いてシャンプーすることができます。

洗いからタオルで乾かすところまで、すべてネット越しに行えます。

 

洗濯ネットの選びかた

洗濯ネットは安価なもので十分ですが、大きさは猫にきつすぎず、かといって大きすぎず、一回りほど大きめの物を選びましょう。

洗濯ネットには目が粗い網状ものと、目の詰まった布状のものと2種類ありますが、猫にとって外が見えないほうが落ち着くなら目の詰まったもの、見えたほうが安心する場合は、目が粗いものがよいです。

飼い主側からすると、目が粗いほうが爪切りやシャンプーなどがしやすいですし、猫の様子が見えたほうが安心です。

また、チャックをこじ開けようとする猫もいますので、閉めたときにチャックの持ち手を止めるストッパーがついているものがおススメです。

 

洗濯ネットを猫に負担なく使うには

1.洗濯ネットにふだんから慣れさせる

ふだんから猫の寝床に敷くなどして、怖いものではないことを印象づけましょう。

2.爪切りなどのデイリーケアは短時間で

洗濯ネットに入れられて嫌なことをされるわけですから、爪切りやシャンプーはできるだけ短時間で終わらせるようにしましょう。

特にシャンプーは時間がかかるので、あまりにも嫌がる場合は無理に行わないようにしましょう。

3.一度使ったら洗う

通院や爪切りなど嫌なことをされると、猫から警戒フェロモンがでてしまい、人には感じられなくても洗濯ネットに臭いがつきます。

次に使うとき、嫌な記憶を呼び覚ましやすいので、一度使ったら洗っておくほうがよいでしょう。

4.嫌な記憶と結びついてしまったら頻繁に使わない

もし、洗濯ネットが嫌な記憶と結びついてしまって、洗濯ネットを見るたびに逃げるようになってしまったら、通院などどうしても必要な時だけにし、デイリーケアなどで頻繁に使わないようにしてください。

かえってストレスになることもあります。

 

まとめ

猫を守るためにも洗濯ネットを活用することはとても効果的です。

しかし洗濯ネットも万能ではありません。

入れたときの猫の様子をよく観察し、どんなシーンで使用すべきか愛猫の性格をよく考慮して効果的に使うようにしましょう。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

NEKOCLIP

博物館に20年勤務していた古生物学系元学芸員。猫は絶滅してしまった化石猫から イエネコ、ライオンに至るまで全部大好き。猫飼い歴ン十年の猫おばちゃんです。 飼育のお悩みから進化学に至るまで、幅広い情報と猫の素晴らしさをわかりやすく お伝えしようと思います。理学修士、ペットシッター資格、愛玩動物飼養管理士2級。 ペット用品販売会社での勤務経験もあります。