猫はストーブの熱さを感じないの?各暖房器具を安全に使うコツも解説

寒さが厳しい冬は、ストーブの前で暖をとる猫が多くなるものです。

しかし、ストーブを使用することで、猫が危険な目に合ってしまうこともあります。

今回は、ストーブが危険な理由や各暖房器具を安全に使うコツなどを詳しくご紹介いたしますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

どうしてストーブは危険なの?

火傷をしてしまう可能性がある

猫は暖かい場所を好むため、知らず知らずのうちにストーブに近づきすぎてしまうことも多いものです。

だからこそ、熟睡しているうちに背中や尻尾の毛が焦げてしまうこともあります。

こうした状態に飼い主さんが気づいてあげられないと、猫が火傷を負ってしまう可能性が高くなるのです。

火事の原因にもなる

ストーブは直接火の暖かさを感じられますが、火事の原因を作りやすい暖房器具です。

特に、自分の体が焦げていることに猫自身が気づいたときは、注意が必要になります。

異変を感じると、猫はパニック状態になってしまうことが多いものです。

パニック状態になった猫はおうちの中を走り回ってしまい、火事の危険性があがります。

また、ストーブによる火事は、飼い主さんの不注意が原因で引き起こされてしまうことも少なくありません。

高齢の飼い主さんはストーブを使う機会も多いかと思いますが、消し忘れやうっかりミスで火事が発生してしまうケースも多いので、十分注意しましょう。

 

ストーブは熱くないの?


猫の体は人間とは違って、ふわふわとした被毛に覆われていますよね。

被毛は体温調節に役立ってくれますが、一方で熱を遮断してしまうというデメリットも持ち合わせています。

そのため、熱さに鈍感になり、ストーブに近づきすぎて、被毛やヒゲが燃えてしまうのです。

 

猫にとって安全な暖房器具とは?


飼い猫に寒い冬を快適に乗り越えさせてあげるには、どんな暖房器具を選べばよいのでしょうか。

これから各暖房器具のメリットやデメリット、安全に使うコツを詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

石油ストーブ

石油ストーブのメリットはなんといっても、部屋全体を暖めやすいことです。

広い部屋でもすぐに暖かくでき、火力としても使用することができるのも大きな魅力だといえるでしょう。

さらに、石油ストーブの燃料である灯油は、燃えると水蒸気は発生させるという特徴があるため、部屋が乾燥しにくいのです。

しかし、石油ストーブは便利な反面、猫の火傷を招きやすいというデメリットを持っています。

ストーブの鉄板部分はとても熱くなっているので、上に乗ったり、近くに寄ったりしたときに火傷の危険性が高くなるでしょう。

灯油を使うため、猫が一酸化中毒を引き起こす可能性もあります。

だからこそ、石油ストーブを安全に使うには、定期的に換気をして新鮮な空気をお部屋の中に取り入れましょう。

さらに、猫がストーブに近づきすぎないよう、100均のワイヤーネットなどを使用して、柵を創るのも効果的です。

ファンヒーター

各家庭の普及率が多くなってきたファンヒーターは、石油ストーブよりも火事の危険性が低いのがメリットです。

温度調節をしながら、部屋全体を早く温められるのも大きな魅力だといえるでしょう。

しかし、LPガスや灯油を使うものは一酸化炭素が大量に放出されるため、猫に息苦しさを与えてしまうこともあるので、注意が必要です。

ストーブのように直接火を使わないからといって油断をしていると、猫の被毛が焦げてしまったり、火事を引き起こしてしまったりすることもあります。

ファンヒーターによる一酸化中毒は、都市ガスを使用するタイプのものを購入することで防げるので、こまめな換気をしながら使用していきましょう。

また、ファンヒーターにはほこりが舞いやすいというデメリットもあるので、慢性鼻炎の猫が使用するときは加湿器などを設置し、病気が悪化しないように配慮してあげることも大切です。

こたつ

こたつは猫も好みやすく、メリットも多くある暖房器具です。

最大のメリットはストーブやファンヒーターとは違い、空気が汚れないことだといえるでしょう。

一酸化炭素が発生する心配もないので、猫に息苦しさを感じさせることもありません。

電気代もあまりかからないので、コスパよく使用することができます。

しかし、だからといって、飼い猫のためにこたつを点けっぱなしにするのは避けましょう。

こたつも点けっぱなしにすると、火事を招く危険が高くなります。

また、居心地の良さを感じ、こたつの中で酸欠状態や脱水症状、低温やけどを引き起こしてしまう猫も少なくありません。

老猫や長毛種の場合は熱中症に陥ってしまう危険性もあり、注意が必要です。

そして、こたつに潜ると見える赤い赤外線ランプは、猫の目に悪影響を与えるといわれており、長時間見続けると失明の危険もあるとの指摘もされています。

こうしたデメリットがあるので、安全に使用したいときはペット用のこたつを使用するのもおすすめです。

ペット用のものなら、目に優しい作りになっていたり、飼い猫に合わせた温度調節ができたりします。

また、飼い主さん側も日々のお手入れで、火事や思わぬ事故を防ぐことが大切です。

普段から意識的にコンセントを抜く習慣をつけ、猫の毛やほこりを綺麗に取り除いておくようにしましょう。

エアコン

ボタンひとつで部屋全体を暖めることができるエアコンは、安全性が高いことが最大のメリットです。

石油ストーブとは違い、温度調節ができるので適温の中で飼い猫を過ごさせてあげることができます。

しかし、部屋が乾燥しやすくなるため、慢性鼻炎の猫が呼吸しづらくなったり、乾燥に伴い、水分不足に陥りやすくなったりします。

また、知り合いの電気屋さんによれば、何十匹もの猫を多頭飼いされているおうちでは、猫が出すフェロモンによってエアコンのセンサーが壊れてしまうというケースが実際に発生したそうです。

そのため、多頭飼い生活を楽しんでおられる方はこまめにエアコンの掃除を行うようにしましょう。

使用するときは、水をたっぷりと用意したり、部屋を加湿したりすれば猫も心地よく過ごせるようになります。

猫が快適だと感じる温度は20~23度程度だといわれているので、人が温かいと感じる温度設定にしないことも大切です。

ペットヒーター

飼い猫の周辺だけを温められるペットヒーターには空気が汚れず、掃除がしやすいというメリットがあります。

しかし、ペットヒーターは温度調節ができないことが多いものです。

そのため、飼い猫がペットヒーターの上にずっと座っていると、低温やけどをしてしまう危険があります。

さらに、好奇心旺盛な子猫に使用させると、コードを噛まれてしまうこともあるでしょう。

こうしたデメリットを解決するにはペットヒーターをタオルや毛布などで包んで、直に座れないようにしましょう。

飼い猫にコードを噛む癖がある場合は、コイルチューブなどを使用して対策を行うのも効果的です。

ゆたんぽ

猫の体を手軽に温められるゆたんぽは猫に好まれやすく、子猫や老猫の体力を消耗させないというメリットがあります。

子猫の場合は、母猫の温もりを思い出し、体を温めながら安心感を抱けるでしょう。

しかし、ゆたんぽは電動の暖房器具ではないため、取り換えが必要で、手間がかかります。

また、ペットヒーターと同じで、一カ所にずっと座っていると低温やけどを引き起こしてしまうこともあるでしょう。

低温やけどは、ゆたんぽをタオルや専用のカバーで包むことで対処できるので、絶対にそのまま使用させないようにしてください。

取り替える手間が面倒だと感じる方は、レンジで温められるゆたんぽを購入するのもおすすめです。

床暖房

近年、各家庭に取り入れられることが多い床暖房は新鮮な空気のまま、猫に暖かさを感じさせてあげることができます。

こたつやペットヒーターとは違い、コードを使用しないので、感電の心配がないのも嬉しいポイントです。

しかし、こちらもデメリットとして、低温やけどの危険性が挙げられます。

床暖房は床全体が温かくなるため、長時間点けっぱなしにしておくと部屋の温度自体があがり、脱水症状や熱中症を引き起こしてしまう恐れもあるでしょう。

そのため、床暖房を使用するときは猫が涼める部屋を用意してあげるのがおすすめです。

床暖房の熱さを猫が直に感じないよう、毛布を猫の下に敷くのも効果的なので、ぜひ試してみてくださいね。

 

安全な暖房機器で冬を乗り切ろう


私たちが普段何気なく使っているあったかグッズも、猫の目線から見てみればデメリットがたくさん潜んでいます。

飼い主さんは飼い猫の体調や行動を見ながら、安全に暖房機器を使えるように、配慮してあげましょう。

ぜひ今年は、飼い猫に合わせた暖房機器で快適に冬を乗り越えられるようにしてみてくださいね。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

古川諭香

キャットケアスペシャリストの資格を活かし、さまざまな猫メディアにて猫情報を分かりやすく配信中。自身も猫サイトを立ち上げ、愛猫と楽しく暮らしていくための秘訣や猫に関する知識などを分かりやすく解説。猫と一緒に暮らせる猫仕様の家も建設し、人と猫が快適に生活していくための方法も伝授している。