愛犬の飲み水の種類は?与え方は?量は?意外と知らない水について考えよう【獣医師が解説】

愛犬の健康に気を使っている飼い主さんでもあまり気にすることのない犬の飲み水。

健康に良さそうなミネラルウォーターや井戸水は「犬にも良いのでは?」と考えている飼い主さんも多いようですが、実はそうとは言えないのです。

むしろ、犬に与える水は、普通の水道水の方が安全なのです。

また水の種類だけでなく、水の与え方や水を飲む量にも注意しておくと、より良い愛犬の健康管理ができます。

今回は、犬の飲み水についての記事です。

なぜミネラルウォーターが良くないのか、また水を飲む量はどれくらいなのかなど、愛犬の健康のための飲み水について考えてみましょう。

 

水の選び方

さっそく、水の選び方についてお話しします。水の種類それぞれのメリット、デメリットを考えてみましょう。

ミネラルウォーター

メリット

ミネラルウォーターは、普段不足しがちなカルシウム・マグネシウム・ナトリウム・カリウムなどのミネラルが取れるということで、ヒトでは健康のためにすすめられています。

また、水道水に比べると安全で品質が良い水という点もメリットだと言われています。

ただし、品質がしっかりしたドッグフードには、犬に必要なミネラル成分がバランスよく含まれており、ドッグフードを食べている犬ではミネラル不足を起こすことは少ないです。

つまり、犬がミネラルウォーターを飲むメリットはあまりないのですね。

デメリット

犬にミネラルウォーターを飲ませる場合には、いくつか注意点があります。

一番気をつけておかなければならないのは尿路結石です。

犬の尿路結石(膀胱結石・腎臓結石など)には、リン酸アンモニウムマグネシウム(ストラバイト)とシュウ酸カルシウムという2種類の結石が多いのですが、マグネシウムやカルシウムをたくさん取りすぎると、これらのミネラルが尿に排泄されて、結石になりやすくなってしまいます。

また、腎不全やホルモン異常があったり、ある種の薬を飲んでいたりすると体内のカリウム濃度が高くなりすぎることもあります。

カルシウムも取り過ぎるとミネラルバランスの崩れを起こしてしまうことがあります。

品質の良いドッグフードを食べていれば、必要なミネラルは取れていますので、無理にミネラルウォーターを飲ませる必要はありません。

同様の理由から、犬には井戸水もあまりおすすめではありません。

水道水

メリット

水道水はミネラル成分があまり入っていないため、ミネラルの過剰摂取を気にする必要のない水になります。

費用も高くないため、水が傷みやすい夏場に、費用を気にせず1日数回飲み水を交換できるというのもメリットの一つです。

デメリット

水道水を飲ませるデメリットはほとんどありません。

ヒトでは水道水に含まれる塩素によってアトピーのリスクが高まる可能性が指摘されていますが、犬では不明です。

もし皮膚が弱い犬を飼っている場合には、水道水による影響の可能性も否定はできませんので、次に紹介する浄水器を考えてみてもいいでしょう。

浄水器

メリット

浄水器にはいくつかの働きがありますが、塩素や水道管から溶け出した有害物質を除去する目的で付けることが多いです。

つまり、浄水器を通した水は、水道水の安全性をさらに高めたものであり、犬に最もおすすめになります。

デメリット

浄水器を通した水を飲ませることにはほとんどデメリットはないと言ってもいいでしょう。

ただし、ミネラルを添加するタイプの浄水器もあるので、そちらは避けるようにしてください。

 

水の与え方

次に水の与え方についても正しい方法を知っておきましょう。

器の選び方

普段使うための器選び

普段使う器の素材はステンレスや陶器のものをおすすめします。

プラスチックは安く購入できますが、耐久性が弱く、場合によってはかじって壊して、破片を食べてしまうことがあります。

また、器の大きさは犬の大きさに合わせてもらい、フード皿より深めのものを用意しておくと、床が濡れにくく使いやすいです。

ボトルタイプの水入れは飲みにくく、清潔に保つのも難しいため、おすすめいたしません。

散歩中に使うための器選び

散歩中に便利なのがシリコン製の水受けです。たたんでコンパクトにして持ち歩けるものもありますので、ペットボトルに水を入れておき、水が必要な時にその水受けに入れて飲ませてあげることができます。

また、犬の散歩専用の丸型水筒も市販されており、こちらも使いやすくておすすめです。

ペットボトルの蓋に付けられる飲み口もペットグッズとして販売されており、それを使えばボトルから直接犬に飲ませることも可能です。

夏場や長時間の散歩のときには、脱水や熱中症のリスクを減らすためにもこういったアイテムを持ち歩くといいでしょう。

犬種によって考えたい器選び

大型犬・小型犬ではそれぞれ必要な水の量が違いますので、まずは必要な水の量を考えて器の大きさを選びましょう。

犬に必要な水の量は、記事の後半にお話ししますのでそちらもチェックしておいてくださいね。

それから、シェルティーやダックスフントなどの鼻が長い長頭種では比較的深いお皿、シーズーやパグなどの短頭種では浅めのお皿を選ぶことも大切です。

顔の形にあった器を考えてあげることで、水を飲みやすく汚れにくい器選びが可能になります。

水を飲ませたいタイミング

ヒトでは飲みたい時に水が飲めるのと同じように、犬でも常に水が飲めるようにしておいてください。

一日の中で最もしっかり水を飲ませたいのは、散歩の前です。散歩中にはぁはぁと息を切らして走ると体の中が脱水状態になってしまいます。

散歩後にも水を飲ませて欲しいですが、散歩前に水分摂取しておくことで脱水の予防ができます。

夏場は水分が逃げやすくなり、脱水により熱中症のリスクが非常に高くなるので、極力散歩前には水を飲ませるようにしましょう。

また、食餌前後に水を多めに飲ませることで、フードの食べすぎの防止になる可能性があります。

肥満気味の子ではご飯の前後に多めに水分を取らせましょう。

 

犬は一日にどれくらいの水を飲む?

犬が一日に必要とする水の量は、犬の大きさや季節によって変わってきます。

体重で計算する水の量

犬に必要な水分量は体重(㎏)×30+70(ml)で計算できると言われています。

ただし、これは体に必要な水分量であり、そこから食事中の水分量を引いて計算します。

一般的には犬は1日当たり体重(㎏)×40~60(ml)程度の水を飲むと言われています。

1日に飲む水の量は、5㎏の子であれば約300ml、10㎏の子では約500ml、20㎏くらいの大型犬であれば約1,000mlになります。

ウェットフードを食べている場合には、フードに含まれる水分量が多くなるため、ドライフードを食べている犬に比べ飲水量は少ない傾向にあります。

飲水量は季節によっても変動する

犬もヒトと同じく、飲水量は夏と冬で大きく変わります。

夏にハァハァしている場合は、舌から体温を下げるために大量に水分を蒸発させている可能性が高くなります。

夏には不感蒸泄(汗以外で体から出ていく水分)が増えるため、夏はいつでも水分をとれるようにしておきましょう。

また、冬はヒトでも犬でも冷たいものを飲みたがらないため、水分摂取量が減ってしまいます。

夏に比べ必要水分量が少なくても、それ以上に飲水量が減ってしまうと脱水してしまいます。

特にこたつの中に潜り込む癖のある子では、不感蒸泄が増えて、夏よりさらに脱水しやすくなります。

また、冬場に飲水量が減って、尿が濃くなることで膀胱結石が悪化してしまう子もいます。

冬場はフードを少しふやかしたり、ぬるま湯を準備するなど意識的に水を取らせるようにしてみましょう。

 

愛犬が水を飲まない時は

愛犬が水をあまり飲まないときには以下のようなことを考えてみましょう。

水を飲まない時にできる工夫

飲水量を増やすためにできることは以下の通りです。

  • ドライフードをふやかす
  • ドライフードを水に沈める
  • ドライからウェットフードに変える
  • 一度沸騰させた水を飲ませる(カルキ臭が抜けて飲みやすくなります)
  • 水に肉の煮汁などを混ぜる
  • 流水を作れるグッズを使う(置き水より流水を好む犬は多いです)

水を飲まない時に考えられる病気

飲水量が減るような病気は多くはありませんが、以下のような場合には水を飲まなくなることがあります。

  • 口の痛み
  • 脳神経の異常
  • 電解質バランスの大幅な崩れ:ホルモン異常や腎不全など
  • 水を飲めない:低血圧や低血糖など重篤な病気
  • 強い吐き気:重度の胃腸障害や腎不全・肝不全・膵炎など

本当に飲水量が減っている場合には、緊急性の高い病気が隠れている可能性もあります。

全く水を飲まないようなことがあれば、できるだけ早めに動物病院で診てもらってください。

水をたくさん飲む時は

愛犬が水を大量に飲むときには、以下のようなことを考えてみましょう。

目安として、体重1㎏あたり100ml(5㎏の子であれば500ml)以上飲む場合には、異常が隠れている可能性が高いと思ってください。

異常に水を飲む場合に考えられる病気

愛犬の飲水量が増えている場合(多飲多尿)、以下のような病気が考えられます。

  • 腎不全
  • クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)
  • 高カルシウム血症
  • 子宮蓄膿症(未避妊のメス)
  • ホルモン疾患 など

特に中年以降で飲水量が増える場合には、何らかの病気が隠れている可能性が高くなります。

病気によっては数日で一気に調子が悪くなってしまうこともあるので、早めに動物病院で診察してもらってくださいね。

まとめ

犬が生きていくのに欠かせない「水」。普段何気なく与えている飼い主さんも多いと思いますが、飲み水を考えてあげることで愛犬の健康を守るだけでなく、病気の早期発見にもつながります。

水の種類や水の与え方、飲水量のチェックなど、この記事を参考にもう一度愛犬に与える水を考えてみてくださいね!

 

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

後藤大介

岐阜大学農学部・獣医学科(現応用生物科学部・共同獣医学科 ) 卒業。大阪・北海道の動物病院に勤務し、2018年、岐阜市にアイビーペットクリニックを開業。生まれ育った地元で、ペットと家族の幸せのためのお手伝いをしたいと考えています。病気の治療だけでなく、ペットの健康のための情報発信や、地域の飼い主さん同士が交流できるような動物病院を目指しています。