猫がコーヒーを飲んでしまった!カフェイン中毒とその対処法

昨年、栄養ドリンクの飲み過ぎで人が亡くなったというニュースが流れたことがありました。

その原因は私たちもよく知る「カフェイン」。コーヒーに多く含まれていて、よく「眠気覚ましに1杯」といいますが、これはカフェインの覚醒作用によるもの。

しかし過剰摂取すれば人でも中毒を起こしてしまい、時には命にもかかわることも。

もし猫がうっかり摂取してしまったら、どうなってしまうのでしょうか。

 

カフェインってどんなもの?

カフェインとは、アルカロイドの1種で眠気を覚ます覚醒作用のほか、強心作用(心臓の動きを活発にする)、解熱鎮痛作用、利尿作用がある物質です。

その名の通りコーヒーに多く含まれていますが、実は私たちにとって身近な食品である緑茶、ウーロン茶、紅茶、ココアなどの飲み物やチョコレートにも含まれています。

さらに、覚醒作用を利用するために栄養ドリンクや眠気覚ましのドリンクには人工的に添加されていたり、頭痛薬や感冒薬にもよく使われていたりします。

しかしその一方で過剰摂取すると人でも中毒を起こし、不眠や緊張感などの精神障害やおう吐、心拍数の増加などの身体的症状が現れ、重症の場合は不整脈やけいれんを起こして死亡することもあるのです。

 

猫にとっては毒でしかない

人では、覚醒作用など有益なこともありますが、猫にとって有益なことは全くありません。

中枢神経を直接刺激し、極度に興奮状態となって死亡する事故も起きています。

したがって、コーヒーなどカフェインを多く含む飲み物を猫に与えることはとても危険なのです。

猫の場合、およそ体重1㎏あたり100~200㎎のカフェインを摂取すると中毒を起こすといわれています。

ただし、中毒症状というのは個体差が大変大きく、これよりも多く飲んでも大丈夫な猫と、体重1㎏あたりわずか20㎎でも中毒症状が起こる猫もいます。

つまり、少量だから大丈夫という保証はないため、絶対に飲ませないことが大切です。

カフェインを含む身近な飲み物と含有量(100mlあたり)

  • インスタントコーヒー 40~100㎎
  • ドリップコーヒー 40~80㎎
  • エスプレッソコーヒー 80~200㎎
  • ウーロン茶 20㎎
  • 紅茶 30㎎
  • 抹茶 30㎎
  • コーラ 10㎎
  • 栄養ドリンク 50㎎
  • 眠気覚ましのドリンク 100㎎

カフェインが含まれる食品

  • コーヒーゼリーなどコーヒーを原料とした加工品
  • チョコレート
  • 茶葉(緑茶でも紅茶でも)

※ 茶葉には多くのカフェインが含まれるため、少量でも過剰摂取の危険があります。

 

中毒を起こしたらどんな症状が出る?

猫がカフェインを飲んでしまったら、次のような症状が1時間くらい後にあらわれます。

  • 落ち着きがなくなる
  • ふらつく
  • 呼吸が荒くなる
  • 興奮状態になる
  • おう吐/下痢をする
  • そそうをする

重症化した場合

  • 呼吸困難
  • けいれん
  • 不整脈
  • うっ血/出血
 

愛猫から危険な飲み物を遠ざける方法は

ついうっかり、コーヒーを食卓に出しっぱなしにしていたら、猫が前足をつっこんでペロペロしていた、なんてことありませんか?

このような誤飲を防ぐのに一番良い方法は、フタ付きのカップで飲むことです。

また、コーヒー豆は放置せず、すぐに棚にしまうか、使用後のコーヒーガラもフタ付きのごみ箱に捨てるように気をつけましょう。

また、ありがちなのが飲み終わった後のコップを、シンクの中に水を入れて放置することです。

これをすると猫は水だと思っていつも通り飲んでしまうことも。水で薄まっているとはいえ気持ちの良いものではありません。

使ったコップは面倒でもすぐ洗って片づけましょう。

もしも愛猫が中毒を起こしたら

もしも愛猫がコーヒーを誤飲してしまったら、素人判断をせずにすぐに病院へ連れて行くことが大切です。

ただし、病院に行く前に次のようなことを確認しておくと、治療の助けになります。

また、症状がひどい場合は、病院へ向かう前に電話をし、状況をあらかじめ伝えておけば到着後速やかに適切な処置を受けることができるでしょう。

1.何をどのくらい飲んだか

商品名をチェックしたり、コーヒーの包装などを持参したりしても良いでしょう。

もし現場を目撃していれば、どのくらい飲んだかおおよそでも伝えられるようにしましょう(小さじ1杯くらい、コーヒーカップに1/4程度、など)

2.いつ飲んだか

現場を押さえている場合は、いつ飲んだのかを記憶しておきましょう。

もしはっきりわからなくても、およそ1時間前とか2時間くらい前など、わかる範囲で伝えられるようにしましょう。

3.どのような症状か

もしおう吐や下痢の症状があれば、どのくらいの間隔で何回あったか、どんなものを吐いたか、下痢はどんな状態だったかを観察し、さらに食欲はあるか、呼吸は正常か、ふらついたりしていないか、などについても把握しておきましょう。

ただし、けいれんや呼吸困難、倒れて動かないなどの症状がある場合は一刻を争うので、直ちに病院に連れて行くようにしてください。

まとめ

猫は犬と違って知らない食べ物に対して警戒心が強いものですが、ミルクの匂いがしたり、人が美味しそうに飲む姿をみて、うっかり誤飲してしまうこともあります。

実際わが家でも、ちょっと目を離したすきにカフェオレをひと舐めされてしまいました。

誤飲が起こらないようにすることは飼い主の責任ですが、カフェインは私たちが日常よく飲んだり食べたりするものに多く含まれていますので、特に注意が必要です。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

NEKOCLIP

博物館に20年勤務していた古生物学系元学芸員。猫は絶滅してしまった化石猫から イエネコ、ライオンに至るまで全部大好き。猫飼い歴ン十年の猫おばちゃんです。 飼育のお悩みから進化学に至るまで、幅広い情報と猫の素晴らしさをわかりやすく お伝えしようと思います。理学修士、ペットシッター資格、愛玩動物飼養管理士2級。 ペット用品販売会社での勤務経験もあります。