猫の喘息になるの?早期発見するためにも咳き込んでたら動物病院へ!【獣医師が解説】

愛猫が咳き込み苦しそうにしている、吐きそうな様子なのに吐かない、ゲーゲー言って発作を起こしている、などという様子を見かけたことはありませんか?

もしかしたらそれは喘息かもしれません。

人と同様に猫にも喘息があり、その原因はアレルギーだと言われています。

猫のアレルゲンになり得るのはどのようなものがあるでしょうか?そして、猫喘息は治るのでしょうか?

今回は猫の喘息についてです。どのような仕組みで喘息が起こるのか、その原因や診断、治療、予後についてもお話しをしたいと思います。

 

猫の喘息とは

猫の喘息の症状

急な発作的な症状として出ます。ゲーゲーと言って吐くような発作的な咳をしますが、咳だとは気付かず、吐き気を催して、吐きそうだ、嘔吐しそうだ、と思われることもあります。

ひどい咳から誘発されて吐き気を催して泡状の唾液が吐き戻されることはありますが、もちろん、嘔吐症状とは違いますので大量に吐いたりすることはありません。

実際に動物病院へ来られる患者さんの中には吐きそうで吐かない、と言われる方もみえます。

何回か発作様の症状を繰り返すと何事も無かったようにおさまり、元に戻ります。

原因

シャム猫に喘息の素因があると言われていますが、どんな猫にも起こり得ます。

年齢的には、子猫よりは若い成猫に比較的よくみられます。

原因はアレルギーであることが示唆されています。

アレルゲンとして考えられる物質を挙げていきます。

  • ハウスダスト
  • ダニ
  • カビ
  • ノミ
  • 花粉
  • スプレーなどのエアロゾル
  • タバコの煙
  • 芳香剤、消臭剤、香水
  • 気温の急激な変化
  • 環境の乾燥

喘息の起こるメカニズム

呼吸により、気道内に吸い込まれたアレルギー誘発物質、刺激物質により炎症が起きます。

アレルギーに関係する細胞は肥満細胞と言われる細胞で肥満細胞の細胞質には様々な化学物質が含まれています。

抗原が感作することで、肥満細胞からヒスタミンやセロトニンなどの化学物質が放出され、気道の平滑筋が収縮します。

それと同時に好酸球を中心とした炎症細胞が集まり、活性化して気道に炎症を起こします。

気道も粘膜ですので、炎症が起きると気道粘膜からの分泌が亢進し、気道粘膜にむくみ、つまり浮腫が起き気道が狭くなります。

気管や比較的太い気管支では咳として症状が出ますが、細い気管支では分泌物が溜まってしまい、うまく呼吸ができなくなります。

呼吸ができなくなるということは肺においての酸素交換ができないことを意味しており、呼吸困難に繋がります。

病状が進行して、細い気管支が完全に閉塞してしまうと、閉塞性肺疾患になる可能性があり、少し動いただけでも苦しくなります。

さらに進行すれば安静時にも苦しいなどの症状へと進行し、ついには呼吸困難に陥ります。

呼吸困難になれば、血液中の酸素濃度が下がり、粘膜の色で判断します。粘膜の色は簡単にチェックができます。

口の中、特に舌の色や目の結膜です。

口の中や舌の色は健康な状態では綺麗なピンク色をしていますが、酸素濃度が下がると青紫色になります。

また、結膜も赤い色をしていますが、酸素濃度が下がれば青紫色になります。

この状態をチアノーゼと言います。

 

検査や治療

検査方法

身体検査

猫は犬とは異なり、咳をすることが少ない動物です。そのため、咳をしているという臨床所見や身体検査から仮診断をすることができます。

病気の進行度にもよりますが、聴診では肺の喘鳴音が聴取されることがあります。

レントゲン検査

胸部レントゲンでは、通常は、肺は空気で満たされており、肺の領域はレントゲンを通しますので黒く写ります。

しかし、喘息を起こしていると、炎症により気管支が肥厚したり、気管支に分泌物が貯留した像などが観察されます。

血液検査

血球検査では白血球数、特に好酸球の増加がみられることがあります。

しかし、喘息を起こしている全ての猫で見られる所見ではありません。

気管支洗浄

気管支を洗浄して気管支内にどのような物が含まれているのかを検査します。

麻酔が必要なので、必ずしも行う検査ではありませんが、検査結果は治療方針に役立てられます。

細菌、カビ、好酸球(アレルギー)、腫瘍細胞など、何が見られるのかその結果によって治療の参考にします。

単純な気管支喘息では、通常、カビや好酸球などの炎症細胞が多く含まれます。

治療と予後

アレルギーが関連するため、治療の基本はステロイドと気管支拡張剤の投与になります。

なかなかおさまらない場合にはネブライザーを使用したり、呼吸困難か見られるようであれば酸素吸入をさせたりします。

原因がアレルギーですので、比較的すぐに治療には反応します。

そのため治療に反応するとそこで治療を止めてしまう飼い主さんも多く見られますが、治療を途中で止めるとたいてい1ヶ月も経たないくらいで症状がぶり返します。

治療に反応が見られても、お薬の量を少しずつ減らすなどして、投薬を続けながら経過をみていきます。

喘息は人と同じで、調子が良い時と悪い時との差が大きく、元気そうに見えても突然発作が起きます。

また、アレルギーという体質的な素因が原因となっていますので、なかなか完治が難しく、生涯にわたっての管理が必要になります。

予後については、治療に反応するため短期的に考える分には悪くはありませんが、長期的にみると、慢性の進行性の病気といえるため、症例によってはあまりよくありません。

ご家庭でできること

ご家庭でできることは、まずは、獣医師の指示通りに投薬し、治療に通うことです。

一時的な改善がみられたからといって自己判断で投薬や治療を中断するようなことはやめてください。

また、ご自宅では環境のアレルゲンを取り除くことも大切な対策です。

ハウスダスト

じゅうたんやカーペット、布団などは掃除機をかけ、できる限り清潔に保うようにしてあげてください。

ダニ

ハウスダストと同様に掃除機をかけることで対策ができます。

また、猫を部屋から出しておいて噴霧状の殺虫剤の使用も効果を示します。

カビ

除湿対策をしたり、エアコンのフィルターをこまめに掃除する。

ノミ

ノミもアレルゲンになり得ます。

猫で腰背部の皮膚にアレルギー性皮膚炎を起こすことが多いですが、他部位のアレルギー症状により喘息が惹起される可能性もあります。

定期的にノミ予防薬を用いて予防しておきましょう。

花粉

空気清浄機を利用しましょう。

また空気中を舞っていた花粉は時間が経つと落下して床に落ちます。

猫は床に近い場所を居住スペースとしていますので、掃除機をかけて花粉を取り除くようにしてあげて下さい。

スプレーなどのエアロゾル

消臭スプレーやヘアスプレーなどのエアロゾルは粒子が細かく、吸引すると気道への刺激が強いものです。

喘息発作を誘引してしまう可能性がありますので、猫の近くでは使用しないようにして下さい。

タバコの煙

受動喫煙の危険があるのでタバコの煙にも注意が必要です。

煙の粒子は細かいため、吸引すると気道への刺激となり、喘息発作を起こし得ます。

また、タバコの煙には発がん性もあり、動物での発がんとの関係性も報告されています。

いろいろな健康被害が動物にも報告されていますので、猫のいる空間では出来る限り喫煙を控えることが大切なことと言えます。

芳香剤、消臭剤、香水など

芳香剤や消臭剤、香水などの香りを発する粒子は目に見えませんが、刺激物質になり得ますので、猫のいる空間ではできれば使用は控えましょう。

気温の急激な変化

急に寒い空気を吸い込むと気管支が収縮して咳を誘発します。特に冬の寒い時期は暖かい部屋から外に出て冷たい空気を吸わないようにさせましょう

環境の乾燥

空気の乾燥も咳を誘発します。冬の間は空気が乾燥しがちですし、暖房器具の使用で空気の乾燥が進みます。

そのため、加湿器を使用したり、濡れたタオルを干しておくなどして湿度を上げるようにしてください。

 

早期発見

早く発見するためには

アレルギーは突然に出ることが多いので、早期発見は難しいかもしれません。

喘息発作は長時間にわたって続くものではなく、最初は見逃してしまいがちです。

そのため、喘息発作であることにいち早く気づいてあげ、病院へかかることが大切です。

また、上記に挙げたような対策を講じてあげることで発症を予防することや、症状の改善につながる可能性もあります。

さいごに

猫にも喘息があり、その原因はアレルギーであることが多いということをお分かりいただけたでしょうか。

アレルゲンとなる物質は多岐に渡っており、全てを完全に排除することは極めて困難であると言えます。

掃除をこまめにしたり、消臭剤やスプレーなどの使用は猫のいる空間では控えるなどの努力をすることはできます。

喫煙に関しては、受動喫煙は人だけでなく動物にも健康被害があるとの報告もあり、出来る限り喫煙者だけの空間で喫煙をするなどの配慮が必要です。

猫の喘息は体質とも大いに関係しているため、完全に治癒することは困難であると言えます。

場合によってはお薬によるコントロールが可能でもあります。

獣医師の指示に従い、治療を継続していき、生涯を通じてうまくお付き合いしていく必要があります。

関連記事