猫が熱ぽい?原因や対象方法、動物病院にかかるタイミングは?【獣医師が解説】

愛猫に触ったらいつもより熱い気がするけど、猫でも熱がでるのだろうか?

このような経験はありませんか?

また、猫の平熱を知りたいけれど、猫の体温の測り方や体温の正常値がわからない、なんてこともありますよね。

猫でも熱が出ます。それは病気が原因のこともありますし、突発的なこともあります。

発熱の原因や対処法、病院へかかるタイミングなど、猫の発熱についてさまざまな角度からお話しを進めたいと思います。

 

熱がある状態とは

熱がある状態とは、普段より、つまり平熱よりも高い体温である状態を指します。

猫の体温

熱があることについて述べる前に、まずは猫の体温について簡単に触れておきますね。

猫の体温は私たちよりも1〜2度ほど高い、38.0〜39度です。猫によって平熱が異なりますので、38度台だからといって熱がない、とは言い切れませんが、だいたい38度台が平均だといえます。

39度を越えてくると発熱の可能性もあります。

高体温かの鑑別は猫の状態によって判断します。興奮していたり、暴れた後などは高体温の可能性があります。

発熱の場合には、元気が無くなりじっとしている、食欲が落ちているなどの症状を伴っています。

猫の体温を計る

動物は毛に覆われており、体温が計りにくいので、動物病院では肛門から体温計を挿入して直腸温をみます。

しかし、肛門にわ体温計を入れられることを嫌がることが多いので、ご自宅で計る際には、わきの下でもよいです。

正確な体温ではありませんが、日常的に計れば愛猫の普段の体温がわかります。

それを基準にしていつもより高ければ発熱の可能性があります。

もちろん、一回の計測だけで発熱しているとは言い切れませんので、愛猫が元気なのに、熱が高く出た場合には少し時間をおいてから再度計ってみてください。

体温計は、人用のものを代用していただいても構いませんが、動物用のものも市販されています。

計測部分が柔らかく、計測時間が短いのが特徴です。また、耳で計測することができる体温計もあります。

猫はじっとさせられることを嫌がることが多いですし、計測に時間がかかると猫にも負担になりますので、動物用のものを使われることをお勧め致します。

また、耳は毛に覆われていませんので、体温が上がった時に感知しやすいです。

体温を計れない時には耳を触って発熱の有無を確認してみてください。

 

発熱の原因とよくみられる症状

それでは、猫が発熱するのはどのような時でしょうか、また、発熱の他に見られる症状にはどのようなものがあるのかをご紹介していきます。

発熱の原因

感染症

猫風邪(FVR)や伝染性腹膜炎(FIP)などの感染症などへの感染

熱中症

猫は犬とは違い、暑くてもパンディング呼吸をしません。

そのため体温調節が下手で、暑さに弱く、熱中症になりやすいです。

熱中症になると高熱となり、ぐったりとします。気温が上がってきたら環境温を適温に保って対策をしてあげてください。

ワクチン接種後の免疫反応

ワクチン接種は、病原性を無くした病原体を接種することで体に免疫反応を起こさせて免疫力を付けます。

その過程で、発熱がみられることがあります。

ワクチン接種後半日〜1日程で症状が出ることが多いですが、2日〜3日は注意して様子を見てあげてください。

腫瘍性疾患

リンパ腫や白血病など、全身に腫瘍細胞が分布するような腫瘍でも発熱がみられることがあります。

発熱とともによくみられる症状

元気がない

熱があると倦怠感があるので、元気がなくなり、じっと静かにするようになります。

食欲が落ちる

動物はどこか調子が悪いとご飯を食べなくなることが多いです。特に猫は神経質な動物ですので食欲が落ちることが多いです。

呼吸が速い

高熱が出ると呼吸が浅く速くなります。

また、肺、気管、鼻咽頭などの呼吸器、気道に炎症が起きても同様な症状がみられることもあります。

鼻水やくしゃみ、流涙

猫ちゃん風邪への感染がある場合には発熱とともに流涙、鼻水など眼や鼻に症状が出ます。くしゃみとともに鼻水が出る、目やにが多いといった症状もみられます。

尿の回数が減る、色が濃い

食欲不振から脱水を起こしていたり、熱中症の場合にみられます。

尿量が少なくなると排尿回数が減り、少ない色の濃い尿が排泄させます。

また、調子が悪く、黄疸が出ている場合には、黄疸色素が尿にもでてくるために濃い色の尿となります。

尿量や色も猫の体調を反映する大切なチェック項目です。

 

考えられる病気

発熱を症状として発現することがある病気をいくつかご紹介します。

ウイルス性鼻気管炎(FVR)

いわゆる猫風邪です。

ヘルペスウイルス、カリシウイルスの感染が原因となり、猫の上部気道や目に感染します。

症状は、初期症状として、流涙、目脂、鼻水、くしゃみなどがみられます。

猫は嗅覚が鈍り、食べ物の臭いを感じなくなると、食欲が落ちますので、症状が進行して鼻がつまり、嗅覚が鈍ると食欲が落ちます。

ひどくなると細菌の二次感染を起こして発熱することもあります。

また、抵抗力のない仔猫や基礎疾患のある猫、高齢の猫が罹患すると重症化して肺炎に移行し、命にかかわる場合もあります。

抵抗力を高めるためのインターフェロンの投与や抗生物質の投与、点眼薬などで治療を行います。

この病気は一度感染するとウイルスが体内に残り、寒さやストレスで猫の免疫が低下すると活性化して症状を出します。

猫伝染性腹膜炎(FIP)

コロナウイルスが原因となった感染症です。

コロナウイルスは腸炎を起こし、下痢の原因となるウイルスですが、ストレスにより変異を起こすと全身の血管炎を起こします。

病型は腹膜炎、胸膜炎を起こして腹水や胸水が溜まるタイプと、腹水や胸水はみられないドライタイプに分かれます。

いずれの場合も初期症状で発熱し、元気や食欲の低下や廃絶がみられます。

ドライタイプではウイルスが中枢神経に入り歩様異常など神経症状を示したり、ぶどう膜炎といって眼内に炎症が起こる場合もあります。

免疫を上げるためのインターフェロンや炎症を抑えるためにステロイドの投与を行う他、症状に応じて点滴を行うなどの治療を行います。

熱中症

気温や湿度の高い空間にいると、猫も熱中症になります。初夏から注意が必要です。

体が熱くなり、かなり高熱となります。開口呼吸がみられることもあり、ぐったりとします。

体を冷やし、体温を下げ、また、脱水に対して点滴治療を行います。

リンパ腫、白血病などの腫瘍性疾患

リンパ腫や白血病は全身疾患です。

また、一部の乳腺腫瘍では強い炎症が起こり発熱がみられることがあります。

倦怠感がみられ、元気や食欲が無くなります。骨髄が腫瘍細胞に侵され貧血を起こしている場合もあります。

また、縦隔型のリンパ腫では腫瘍が気道を圧迫したり、胸に水がたまったりするため呼吸困難となり、その場合には呼吸が速くなります。

 

熱がないから病気じゃない?

体調を崩したからと言って必ずしも発熱するとは限りません。

発熱がみられない疾患も多くあります。そのため、発熱していないからと言って病気てはないとは思わないようにしましょう。

普段から愛猫の様子をよく観察して、発熱がなくても、元気や食欲が落ちている、などいつもとは違う様子がみられる場合には、動物病院を受診するようにしましょう。

さいごに

猫でも発熱を起こすことがあり、病気が原因になっていることも多いことが分かりましたね。

発熱がみられる時、よほど高熱であれば猫の様子もいつもとは違っていることが多く、また、体が熱いので気づきやすいですが、微熱だと分かりづらいものです。

普段から愛猫の体温を計り、おおよその平熱を把握しておくことも大切です。

病気が原因になっている場合には、発熱の他にも様々な症状が発現していることも多いものです。

普段と変わったことがないかどうかを見てあげて、異変があれば早めに動物病院を受診するようにしましょう。

関連記事