愛犬にリガロはおすすめできる?ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

リガロで使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

リガロの原材料

リガロは、消化吸収率の高さや良質のタンパク質源を豊富に使用することを目指して作られているドッグフードです。

実際には、どのような原材料が使用されていて、どのような点から消化吸収率が高いと言えるのか、リガロのラムを例に使用されている原材料を見ていきましょう。

肉類

リガロのラムでは、主な原材料としてラム生肉が使用されています。

ラム肉はカロリーが低く、良質なタンパク質を豊富に含んでいます。

そのため、犬の健康に欠かせない必須アミノ酸を効率良く摂取することができます。

また、ラム肉はドッグフードのタンパク源の中でも、アレルギー症状を起こしにくいタンパク源として知られており、アレルギーが心配な愛犬にも安心して与えることができます。

ラム生肉以外には、栄養が濃縮された乾燥ラムが使用されています。

魚類

タンパク源として、ラム肉以外に乾燥サーモンが使用されています。

こちらの乾燥サーモンも肉類の乾燥ラムにおいても、可食部だけを原材料として使用しており、一切副産物は使用していないことから安全性の高さを知ることができます。

タンパク源に肉類だけでなく魚類を使用しているのは、アレルギーのリスクを最小限に抑えるためです。

アレルギー症状を起こす原因の1つとして、長期間に渡って単一のタンパク源を摂取し続けることが挙げられます。

そのため、リガロでは単一ではなく、肉と魚の2本立てにしているのです。

穀物

リガロは、穀物を一切使用していないグレインフリーのドッグフードです。

犬は元々肉食であり、穀物を消化することが苦手なため、穀物を与えてしまうと消化機能に負担をかけてしまいます。

近年、ドッグフードの種類にグレインフリーのものが増えてきているのは、そのためです。

また、穀物に含まれるグルテンは、皮膚トラブルなどアレルギー症状を引き起こす原因として知られています。

穀物を原材料に使用しないことで、犬の体に負担をかけないドッグフードを実現しているのです。

添加物

リガロでは、合成保存料や人工的な酸化防止剤など人工的な添加物は一切使用していない無添加のドッグフードです。

ドッグフードの品質の保持に必須な酸化防止剤には、天然由来のミックストコフェロールのみを使用しているので、人工添加物によるリスクについて心配はいりません。

その他

リガロの原材料で気になるのは、乾燥ヒヨコマメと塩が使用されている点です。

豆類は犬の消化機能に負担をかける可能性があります。

また、塩はドッグフードへの付加は必要ないとも言われています。

ただ、正規販売店の公式サイトでは、ヒヨコマメは脂質が少なく、タンパク質が豊富であること、ビタミンやミネラルが豊富に含まれていること。

そして、食後の血糖値の上昇を緩やかに作用させる低GI食品であることが記載されています。

ただ、消化を助けたり腸内環境を整える作用のあるプロバイオティクス微生物(イースト菌、乳酸菌、糸状菌、枯草菌)が付加されています。

消化機能への負担は軽減されることが考えられます。

 

リガロに含まれる栄養の割合

では次に、リガロに含まれる栄養の割合について確認していきましょう。

  • エネルギー 350kcal/100g
  • 粗タンパク質 37%以上
  • 粗脂肪 14%以上
  • 粗繊維(※1) 5%以下
  • 粗灰分(※2) 8.5%以下
  • 水分 10%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

タンパク質やや高め

リガロは一般的なドッグフードよりもタンパク質がやや高めに設定されていることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)で定めるタンパク質の最低基準が幼犬で22.5%以上、成犬で18.0%以上であることからも分かります。

このことから、原材料で使用されている高タンパクなラムや乾燥ラム、乾燥サーモンなどがタンパク源として使われていることに納得できます。

エネルギーやや高め

タンパク質が高いだけに、エネルギーはやや高めであることが分かります。

ただ、脂質が14%とそこまで高い割合ではないことからも、脂質が少なくて良質なタンパク質を豊富に含んでいるラムが使われていることに納得できます。

ちなみに、AAFCOで定める脂質の最低基準は、幼犬で8.5%以上、成犬で5.5%以上であることからも、十分な脂質が摂取できることが分かります。

 

リガロの生産国

リガロは、アメリカで生産されたドッグフードです。

アメリカ産のドッグフードと聞くと、反射的に過去にあったアメリカ産のドッグフードによる死亡事故が頭をよぎる方も多いことでしょう。

ただ、リガロの場合、タンパク源となるラム肉は環境規制が世界的に見ても厳しいとされるニュージーランドやオーストラリアのヒューマングレードの食肉を使用しています。

また、正規販売店の公式サイトでも、中国産の原材料は一切使用していないという記載がされています。

そのため、4Dや肉副産物などの粗悪なものが使用されている可能性は低いと言えます。

 

リガロを選ぶ際の注意点

リガロを選ぶ際の注意点は、海外産のドッグフードである以上、避けられないことがあります。

それは、世界情勢などによって輸送コストや円安などの影響から価格が高くなる可能性があるという点です。

また、製造がストップしたり、輸送が困難な状態が起こると、輸入が難しく入手困難になる可能性があることを理解しておきましょう。

まとめ

リガロはアメリカ産のドッグフードだからと心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、原材料や栄養の割合などから考えると、基本的には品質の高いドッグフードと言えます。

もしも、肉類以外の原材料の産地などに対し不安がある場合は、正規販売店に問い合わせしてみると良いでしょう。

そして、リガロを与える場合は、他のドッグフードを切り替える際と同様に少量ずつ与えていき、愛犬の体調や様子などを観察しましょう。

関連記事