愛犬にナウフレッシュ グレインフリー アダルトはおすすめできる?ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

ナウフレッシュ グレインフリー アダルトで使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ナウフレッシュ グレインフリー アダルトの原材料

ナウフレッシュ グレインフリー アダルト(以下ナウフレッシュ)は、栄養バランスはもちろんのこと、新鮮な原材料選びと犬の消化器官に負担をかけないことにこだわって製品化されたドッグフードです。

どんな原材料が使用されているのか、見ていきましょう。

肉類

ナウフレッシュでは、主なタンパク源として骨抜き七面鳥(ターキー)や骨抜き鴨肉を使用しています。

また、ミートミール(乾燥肉粉)や副産物(内臓や頭、羽などの不可食部)を一切使用していません。

正規販売店の公式サイトでも、100%フレッシュミートを使用していることが表記されています。

そのため、安全性の高い食肉が使用されていることに納得できます。

ターキーは低脂肪で高タンパク質である点から、ドッグフードのタンパク源として近年に注目を浴びています。

さらに、鶏肉よりもヘルシーでダイエットにも最適で、豊富なミネラルやビタミンを補給することができます。

魚類

タンパク源には肉類以外にも、鮭が使用されています。

鮭とターキーの2本立てにすることで、単一タンパク源の長期間の摂取によるアレルギーのリスクを低くすることが可能なのです。

また、鮭に含まれるサーモンオイルは、犬の皮膚の健康や美しい被毛を維持する上で欠かせない栄養成分が豊富に含まれています。

穀物

ナウフレッシュは穀物を一切使用しないグレインフリーであり、アレルギーの原因となるグルテンを一切使用しないグルテンフリーのドッグフードです。

犬にとって、穀物に含まれるグルテンや食物繊維は、アレルギー症状を引き起こす原因となったり、消化器官へ負担をかける恐れがあります。

その点、ナウフレッシュは安心して愛犬に与えることができると言えます。

添加物

ナウフレッシュは、着色料や保存料など人工的な添加物は一切使用していない無添加のドッグフードです。

ドッグフードの品質の劣化を防ぐためには酸化防止剤が必須ですが、これも天然由来のミックストコフェロールが使用されています。

その他

ナウフレッシュには4種のペリー類や野菜、フルーツといった20種類以上もの新鮮な食品が使用されています。

犬の健康に良いとされるフィトケミカル(植物化学物質)が豊富に含まれています。

ただ、原材料の中で気になるのは、豆類や塩化ナトリウムが使用されている点です。

豆類に含まれる食物繊維は、犬の消化器官に負担をかける可能性があります。

塩化ナトリウム、つまり、食塩は一般的にはドッグフード製造時に付加する必要がないと考えられています。

しかし、体内で作ることができない消化酵素や腸内環境を整える善玉菌を配合している点から、必ずしも犬の健康に害するとは言い切れません。

 

ナウフレッシュ グレインフリー アダルトに含まれる栄養の割合

では次に、ナウフレッシュに含まれる栄養の割合について見ていきましょう。栄養の割合を確認することは、ドッグフード選びをする際に重要なポイントとなります。

  • エネルギー 359kcal/100g
  • 粗タンパク質 26%以上
  • 粗脂肪 16%以上
  • 粗繊維(※1) 3.5%以下
  • 水分 10%以下
  • カルシウム 1.1%以上
  • リン 0.7%以上
  • オメガ6脂肪酸 2.5%以上
  • オメガ3脂肪酸 0.5%以上

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

タンパク質やや高め

ナウフレッシュは一般的なドッグフードに比べて、タンパク質がやや高めであることが分かります。

AAFCO(米国飼料検査官協会)で定めるタンパク質の最低基準は、成犬で18.0%以上であることからも納得できます。

オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸の比率

ナウフレッシュは鮭を原材料に使用していることから、老化防止などに良いとされる抗酸化物質を多く含むオメガ脂肪酸を摂取することができます。

オメガ脂肪酸には、オメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸があり、それぞれの適正な比率は、次の通りです。

オメガ6脂肪酸:オメガ3脂肪酸=10:1~5:1

この点を考慮して、ナウフレッシュのオメガ脂肪酸の割合を見てみると、5:1になっていることが分かります。

つまり、最適なバランスであることに納得することができます。

 

ナウフレッシュ グレインフリー アダルトの生産国

ナウフレッシュはカナダで生産されているドッグフードです。

カナダには、ドッグフードを含めるペットフードの原材料に特定危険部位(SRMs)を使用することを禁止しています。

また、PFAC(カナダペットフード協会)によってドッグフードで使用される原材料や表示などの基準が設定されています。

PFACに加盟しているドッグフードメーカーはAAFCO(米国飼料検査官協会)が定める栄養基準を徹底することが義務付けられています。

そのため、PFACに加盟しているドッグフードメーカーの場合、高品質で安全性の高いドッグフードとして世界で高い評価を受けているのです。

ナウフレッシュでは、製品化後に第三者機関(人間の食品監査機関)によって厳しい検査を受け、安全性など品質管理が徹底されています。

 

ナウフレッシュ グレインフリー アダルトを選ぶ際の注意点

ナウフレッシュは品質の高いドッグフードであることが分かりますが、豆類などの消化が苦手な胃腸が弱い犬やシニア犬などに選ぶ場合は注意が必要です。

与える際は、これまで与えていたドッグフードを止めて、いきなりナウフレッシュに切り替えるのではなく、少量ずつ与えていきながら、ウンチの状態や愛犬の体調の変化などを観察するようにしましょう。

まとめ

ナウフレッシュの原材料に豆類や食塩が使用されている点は少し不安が残ります。

ただ、消化酵素や善玉菌が付加されている点や犬の消化吸収に考慮したドッグフード作りをコンセプトにしている点から考えると、基本的には高品質のドッグフードと言えるため、興味がある方は一度試してみると良いでしょう。

関連記事