愛犬に目薬をさすときに。点眼薬の種類?嫌がられないコツ?【獣医師が解説】

愛犬が目の病気などになり、目薬をさしてあげたことはありますか?

ご自身で自分の目に点眼薬をするのとはまた違った難しさがありますよね。

内服薬の場合には、万が一飲めなくても、注射で代用できることもあります。

しかし、点眼薬の場合には基本的には代用がきかないため、どうしても頑張って点眼をしないとなりません。

必死になればなるほど愛犬も嫌がり、お互いにとってとてもストレスになるという可能性もあります。

今回は犬の点眼薬についてです。点眼薬の種類や嫌がらずにさすコツなどについてお話しを進めたいと思います。

 

犬の目薬のさしかた

それでは早速、犬への点眼の仕方をご説明していきます。

準備

点眼が必要だということは、愛犬は何らかの目の疾患にかかっている状態です。

汚い手で点眼をするということは衛生上あまり好ましくありませんよね。

できれば点眼前には飼い主さんも手を洗って清潔な状態で始めてあげてくださいね。

また、この時、目の状態を観察して目脂があれば拭き取っておくとよいですが、目を触られることを嫌がったり、目脂を取ると点眼だということを学習してしまっている場合には無理にしなくても大丈夫です。

また、「さぁ、目薬をさすぞ」とあまりに気負い過ぎると、その気合いが愛犬にも伝わってしまい、愛犬も構えてしまいます。

あまり気負わず、自然に処置に入りましょう。

点眼薬をよく使用している犬では、飼い主さんが準備をしていると点眼の時間だということを察して逃げてしまうこともあります。

そのような場合には、犬に気付かれないようにあらかじめ点眼薬を、洋服のポケットなどに忍ばせて準備しておくのもよいでしょう。

点眼薬では事前によく混和してから使うタイプのものもあります。

そのような点眼薬が処方されている場合には、混和しておきましょう。

点眼の仕方

人の場合には天井を向いて点眼薬を一滴静かに垂らしますね。

しかし、犬の場合には上を向かせて目に点眼薬を垂らすことは困難です。

真上を向かせる時点で、「おや?」と思い、点眼薬が視界に入ると、「怖い!」となります。

だからと言って、上を向かせないで、真正面から点眼薬を持って近寄れば、それは嫌がるでしょう。

犬に点眼薬をするコツ

犬に点眼薬をするコツは、点眼薬が視界に入らないようにすることです。

利き手ではない方の手を顎の下に入れて軽く上を向かせるように固定します。

そして蓋をあけた点眼薬を持って頭を撫でてあげながら犬の視界に入らないように後ろ側、つまり頭の方から点眼します。

おとなしい犬であればよほど嫌がることはありませんが、ちょっとやんちゃな犬や点眼に痛みを伴う場合ですと嫌がることもあります。

その場合には、犬を押さえる人、目薬をさす人、と2人必要になります。

押さえる人はできるだけ犬の頭を固定します。犬が目を閉じてしまっても、目の上に点眼薬が落ちれば瞬きと共に目の中に入るので大丈夫です。

終わった後

点眼後、本来であればしばらく目を閉じて点眼薬を目の中に浸透させることが推奨されていますが、犬ではなかなかそうもいかないものです。

目から流れ出てしまった余分なお薬は脱脂綿などで押さえるようにして拭き取ってあげてください。

点眼前に目脂が取れなかった時にはこの時一緒に取ってあげてください。

もし、暴れてしまう場合には目を傷つけてはいけませんので、無理をしなくても大丈夫です。

全て終わって落ち着いたら、愛犬をうんと褒めてあげてください。

 

目薬の種類

点眼薬が処方される代表的な目の疾患

それでは、点眼薬が必要になる代表的な目の疾患を簡単にご紹介したいと思います。

結膜炎

炎症を抑える点眼薬を使用します。感染が疑われる場合には抗生物質の点眼薬も必要になります。

角膜炎(角膜潰瘍)

角膜の透明性を保つために、点眼薬を使用して角膜の炎症を抑えたり、傷の修復を促します。感染があると修復が進まないため、抗生物質も併用します。

ぶどう膜炎

目の中の炎症です。ウイルスの感染など全身的な疾患の一部として症状が出ることや緑内障など、ほかの目の疾患に続発することもあります。

消炎剤の点眼を使用しますが、基礎疾患がある場合にはその治療も並行して行います。

緑内障

眼圧が上がる病気です。眼圧を下げるための点眼薬を使用します。

白内障

目の中の透明な水晶体が濁る病気です。加齢に伴うことが多い病気です。透明性が失われると視力の低下などを招きます。

点眼薬で濁りを取り除くことはできませんが、進行スピードを遅くする目的で点眼薬を使用します。

ドライアイ(乾性角結膜炎)

犬では涙を産生する部分が自分の細胞により壊されてしまう部分的な自己免疫反応が原因となっています。

涙が作られなくなるため、ドライアイとなります。免疫細胞の機能を部分的に抑える点眼薬を使用しながら角膜を保護する治療を行います。

点眼薬の種類

点眼薬にも液体のタイプと軟膏のタイプがあります。

液体の点眼薬よりも、軟膏タイプの方が長時間効果が持続します。

成分によっては、液体タイプしかないもの、または、軟膏タイプしかないものがあります。

また、角膜の傷の修復を促すために使用する血清点眼があります。

液体のタイプの点眼薬ですか、これは動物の血液から作製したもので、冷蔵庫での保管が必要になります。

 

目薬の注意点

人用の目薬は使っていいの?

人体薬を使ってもよいのかどうかについては、疑問に思われる方も多いですね。

これは点眼薬に限らず、どんなお薬に関しても言えることなのですが、お薬は症状に合ったものを体重量や症状に合わせた量で使うことが大切です。

人体用に市販されている点眼薬は、眼精疲労やコンタクト使用時のドライアイ対策のものが大半を占めます。

私たちでも、自覚症状があるのでその症状に合った点眼薬を購入して使用します。

しかし、当たり前のことですが犬では自覚症状を訴えられませんし、犬に眼精疲労や視力矯正のコンタクト使用によるドライアイはまず考えられませんよね。

このため、人用の市販の点眼薬の使用は控えるようにして下さい。

また、ペットショップなどに動物用の点眼薬も販売されていることがありますが、犬の目の状態が適応ではない場合もありますので、飼い主さんの判断で使用することは控えてください。

獣医師の指示の上点眼すること

点眼薬の使用回数や使用方法は獣医師の指示通りにしてください。

使い方を間違えると期待した効果が得られないことがあります。

診察している獣医師も、点眼方法が守れていることを前提として診察に臨みますので、思ったような効果が出ないと必要がないのに治療方針を変えなければならなくなるなど、かえって治癒に時間がかかってしまうかもしれません。

誤飲

可能性は低いと思いますが、目薬を誤飲してしまった場合についてです。

点眼薬の種類にもよりますが少量摂取してもまず問題はありません。

点眼薬は薬剤の濃度としては濃いわけではありませんし、一度にたくさん処方されるというわけでもありません。

しかし、もし容器ごと飲んでしまったり、吐き気があるなどの症状があるようでしたら、かかりつけの動物病院へご相談ください。

 

まとめ

犬には人間と違って眼精疲労などはありませんが、点眼が必要な疾患はあり、点眼薬が処方されることがあるのですね。

しかし、犬には点眼薬で目の病気が治るということが理解できません。

そのため、点眼薬を嫌がる事も多く、点眼をするには少しコツが必要であったり、暴れる犬では2人がかりで行う必要がある場合もあります。

また、当然のことですが、点眼薬は症状に合ったものを獣医師に処方してもらい、正しい使い方で使用することが大切です。

愛犬の目に異常があったら自己判断で点眼薬を使うことはやめ、早めに動物病院を受診するようにしてください。

関連記事