【MiawMiaw】猫の心の健康に配慮。アイシアのキャットフード

家の中で暮らしている猫は安全で幸せに見えますが、飼い主さんが気づかないうちにストレスを溜めていることもあります。

飼い主さんの外出が多くて寂しさを感じたり、家の人がいても遊んでもらえなくてつまらなかったり・・・。

時には家の外を歩いている猫にテリトリーを侵されているように感じたり、雷の大きな音におびえたりすることもあるでしょう。

そんな室内猫のストレスを「食」から解決しようとしたフードがあります。

今回はそんなフード、アイシアの【MiawMiaw】を取り上げてみました。

 

【MiawMiaw】はどんなキャットフードなの?

【MiawMiaw】は、アイシアのキャットフードの中でも猫の心の健康に配慮したスペシャルフードです。

その秘密は北里大学獣医学部、有原圭三教授とアイシアで共同開発した「a-iペプチド」というアミノ酸です。

ペプチドとはたんぱく質がアミノ酸に変わる過程でできる物質で、アミノ酸が2~20個程度が結合した状態。

「a-i」は、「anti(反)」と「inhibitory-factors(阻害要因)」の頭文字で、「猫の健康を素材する要因に反抗する」という意味があります。

さらに「a-iペプチド」はたんぱく質に比べて消化が良いうえに、猫の嗜好性も高いのが特徴。

そのため、多くの猫がフードを喜んで食べるというリサーチ結果も出ています。

今回は【MiawMiaw】カリカリ小粒タイプの中から、成猫用ドライフード3種を取り上げ、その中身をチェックしてみました。

 

【MiawMiaw】にはどんな原材料が使われているの?

肉類

【MiawMiaw】のドライフード3種にはそれぞれ異なる肉類が配合されています。

ドライフード3種 配合されている肉類
「かつお味」 ビーフミール、チキンレバーパウダー、魚粉、フィッシュエキス、かつおペプチド
「ささみ味」 ビーフミール、チキンレバーパウダー、鶏ささみパウダー、魚粉、フィッシュエキス、かつおペプチド
「まぐろ味」 ビーフミール、チキンレバーパウダー、魚粉、フィッシュエキス、かつおペプチド、まぐろパウダー

原材料はいずれもミールやパウダーなどで、家畜のどの部位が使われているかなどについては不明です。

キャットフードにこだわる飼い主さんにとってはちょっと心配な内容ではないでしょうか。

穀物

【MiawMiaw】のドライフードにはとうもろこし、コーングルテンミール、小麦粉が配合されています。

パッケージの原材料表示では、3種の穀類が肉類より前に記載されていますので、肉類より穀類の方が、配合量が多いことが分かります。

また、コーンミールはとうもろこし由来のたんぱく質ですが、猫にとっては肉類がたんぱく源になっている方がより健康的なのは確かです。

猫は本来、肉食動物ですので、穀類が多い点はおススメできません。

添加物

合成保存料や着色料は使用していません。酸化防止剤にはミックストコフェロールやハーブ抽出物などを使用しています。

 

【MiawMiaw】にはどんな栄養分がどのくらい含まれているの?

たんぱく質

【MiawMiaw】のたんぱく質割合はいずれも30.0以上です。AAFCO(米国飼料検査官協会)が定める成猫のためのフードの基準値は26%ですので、基準はクリアしています。

脂質

【MiawMiaw】の脂質割合はいずれも10.0%です。こちらもAAFCOの基準値(9%)はクリアしています。

脂肪割合は比較的少なめですので、肥満の猫には良いかもしれません。

 

【MiawMiaw】の生産国はどこ?

【MiawMaiw】は国産品です。日本ではペットフード工業会、ペットフード公正取引協議会、日本ペット栄養学会などの民間団体がペットフードの安全確保に自主的に取り組んでいます。

しかしながら、これらの団体の定める基準には法的効力はありません。

また、これらの基準はペットフードの原材料の質や添加物の内容にまでチェックが及んでいるわけではありません。

国産品と聞くと安全だと思われがちですが、ペットフードに関しては盲点もあるようです。

本当に良いフードかどうかは、原材料や企業姿勢などを見て、しっかり判断する必要があるでしょう。

【MiawMiaw】の魅力は?

「a-iペプチド」が猫のストレスを軽減

ストレスを感じると猫の血液中には血清ヒドロペルオキシドという酸化物質が多く発生します。

血清ヒドロペルオキシドは猫の体内にさまざまな悪影響を及ぼし、健康を害することがあります。

北里大学獣医学部とアイシアの研究によると、「a-iペプチド」配合のフードを食べた猫は、無配合のフードを食べた猫に比べて血清ヒドロペルオキシドの値が30%も低下したのだそうです。

猫の健康を心理面から解決してくれる点は【MiawMiaw】のメリットと言えそうです。

さまざまな健康成分を配合

【MiawMiaw】には腸の働きや排便を助ける食物繊維やオリゴ糖、皮膚や被毛を健康に保つコラーゲンなど、猫の健康を考えたさまざまな栄養素が配合されています。

こうした健康に良い成分を毎食摂取することができれば猫の健康にプラスになるでしょう。

ストレス解消に目を向けた新しい発想。でも原材料にはもう少し配慮がほしいところ

安全な場所でのんびりしているように見える室内猫にも、それなりのストレスはあります。

ストレスによる血清の酸化に注目し、酸化を抑えることに重きをおいた【MiawMiaw】は、キャットフードの新しい道を切り開いたと言えるでしょう。

ただし、肝心の原材料には心配な点があります。

とうもろこし、小麦粉などの配合量が肉類に比べて多いのは、キャットフードとして良いとは言えません。

今後、肉食である猫本来の食にも重きをおいたドライフードの登場に期待したいですね。

関連記事