ワイルドな斑点模様が美しいオシキャットの特徴・飼育法とは?【キャットケアスペシャリストが解説】

ヒョウのような斑点模様を持った猫種といえば、ベンガルを思い出す方も多いかもしれません。

しかし、オシキャットという猫種も同じような斑点模様を持っており、ベンガルとはまた違った魅力が見られます。

そこで今回は、そんなオシキャットの特徴や飼育法を詳しくご紹介していきます。

 

オシキャットの特徴

性格は人懐っこくて社交的

オシキャットは野性的な印象を与えますが、実際はとても人懐っこい性格の猫種です。

社交性もあるので、来客と触れ合わせることもできるでしょう。

そして、愛情深い一面も持っているため、飼い主さんの膝の上に乗ることも好みます。

甘え上手なオシキャットは家族の視線を独り占めすることも大好きなので、コミカルな姿を見せてくれることも多いでしょう。

また、ワイルドな見た目通り、好奇心旺盛で遊び好きであるのも、オシキャットの特徴です。

飼い主さんと一緒におもちゃで遊ぶことに喜びを感じるため、スキンシップが図りやすい猫種でもあるともいえます。

性質

オシキャットの特徴は他の猫種よりも、長くて細い尻尾を持っています。

尻尾は、付け根よりも先端のほうが色濃く見えるでしょう。

そして、くさび型(逆三角形)の頭部に比べて、大きめの耳を持っています。

耳の先端に飾り毛が見られる個体は、オシキャットの中でも理想的です。

また最大の特徴ともいえる被毛には、大きめの斑点が見られます。

毛色は

  • ブラック
  • ブルー
  • チョコレート
  • ライラック
  • シナモン
  • フォーン

で、被毛の1本1本にはティッキング(1本の毛にみられる異なった色の帯)が入っているため、光を浴びるとキラキラと反射して見えるでしょう。

なお、オシキャットに見られる目色は

  • グリーン
  • ヘーゼル
  • イエロー
  • ゴールド
  • オレンジ
  • カッパー

です。

シャムのようなブルーの瞳やオッドアイを持つオシキャットはいません。

大きさは?

セミフォーリンタイプのオシキャットは身体能力が高いアスリート猫でもあるので、がっちりとした体つきをしています。

筋肉質なボディは持ち上げたときに、ずっしりとした重みを感じさせるでしょう。

そのため、平均体重も一般的な猫より重く、3~6.5kg程度であるといわれています。

飼い猫の体重が5kgを超えると肥満体型だと感じてしまうものですが、オシキャットの場合は6.5kg程度までは標準なのだということを覚えておきましょう。

歴史は?

オシキャットはもともと、アビシニアンのような被毛を持つシャムを生み出そうとして、作りだされた猫種です。

1964年、アメリカのミシガン州にあるバークレーでキャッテリーを経営していた、バージニア・デイリー(シャムのブリーダー)は、オスのアビシニアンとメスのシャムを異種交配させ、新品種と作り出そうとしました。

こうして産まれた猫は、全てアビシニアンのような見た目をしていたそうです。

デイリーはその内の1匹を、チョコレートポイントを持つシャムと交配させました。

すると、アビシニアンの毛色を持ったポインテッドのシャムやアイボリーの被毛に斑点模様(中南米に生息するオセロットというヤマネコに似た見た目)を持つ子猫が産まれたのです。

デイリーはこの子猫に「オシキャット」という猫種名をつけ、「トンガ」という名前も与えました。

しかし、トンガはデイリーが理想としていた猫ではなかったため、去勢手術をさせることを条件に、医学生へ譲ることにしたそうです。

その後、デイリーはジョージア大学で遺伝子学を研究していたクライド・キーラー博士と協力し、新品種の猫を生み出そうとしました。

まず、デイリーは再度、トンガの両親を交配させ、斑点模様を持つ子猫を誕生させたのです。

「ダライ・ドリットン」と名付けられたこの子猫は、新品種を確立する礎を築いていったといわれています。

しかし、その後デイリーは私情でオシキャットの開発計画を縮小しなければならなくなり、それに伴い、新品種の誕生は厳しくなっていきました。

そうした状況を変えたのが1984年に作られた、オシキャット・ブリードクラブの存在です。

これを機に、デイリーも交配を再開し始め、1987年にオシキャットはCFAから公認され、1980年代以降、アメリカでは人気のある猫種になっています。

一方、イギリスではGCCFが2004年にオシキャットを公認しましたが、アビシニアンとの交配によって毛色のバリュエーションが豊富になっていました。

そのため、額へのM字マークや縞模様の尻尾、両脇腹にある渦巻き模様を切れめのないリングが取り囲んでいる場合は、「オシキャットクラシック」という別猫種で登録されるべきだという声があがっています。

 

飼育時の注意点

Vasiliy-753 / Pixabay

室内環境

オシキャットはとても愛情深い性格をしていることもあり、ひとりで過ごすことを苦手に思います。

だからこそ、仕事などで家を留守にすることが多い場合は、ひとり遊びできるようなおもちゃを用意し、退屈させないようにしましょう。

その際は、紐やリアルファーなどを使用していると誤飲の危険性が高くなるので、避けるようにしてください。

また、オシキャットは好奇心が旺盛なので、脱走防止対策もきちんと行っていきましょう。

特に発情期は異性を求めて、見知らぬ土地へ繰り出してしまうことも多いので、去勢・避妊手術を検討したり、玄関前に脱走防止柵を設けることが大切です。

脱走防止柵は、ワイヤーネットやつっぱり棒を活用すれば、100均やホームセンターのアイテムでDIYすることもできます。

家具の配置

体型ががっちりとしているオシキャットにはつっぱり棒で固定できる、つっぱりタイプのキャットタワーを用意してあげましょう。

オシキャットは運動量が多いのでキャットタワーのように、上下運動ができるグッスは必須になります。

最近ではDIYで取り付けられるキャットステップも販売されているので、キャットタワーを置くスペースがない方は、そうしたものを検討してみるのもおすすめです。

 

オシキャットのケア法

ブラッシング

オシキャットは短毛種ですが、被毛の光沢感を維持するためには、朝晩1日2回のブラッシングを行ってあげましょう。

オシキャットは飼い主さんとのスキンシップを好むので、可能であれば月に1回程度シャンプーで抜け毛ケアをしてあげるのもおすすめです。

また、毛ヅヤを保つためにはペット用の化粧水を使用してみるのもよいでしょう。

ペット用の化粧水は無添加なのが特徴で、フケや被毛のベタつきが気になる場合にも効果的だとされています。

爪切り

オシキャットはオシキャットに限らず、猫のツメを切るときは必ず、猫用の爪切りを使用しましょう。

人間用のツメ切りをやむなく使用する場合は、人間に行うときのように使うのではなく、本体を横向きにしながら爪を切っていくのがポイントです。

こうすることで、爪が割れるのを防ぐことができます。

オシキャットはスキンシップを好むので、子猫の頃から爪切りをしていれば、成猫になっても大人しく爪を切らせてくれることが多いでしょう。

しかし、成猫になってから爪切りに慣れさせたい場合は、根気が必要です。

オシキャットは社交的ですが、その一方で警戒心がやや強い子も多いとされています。

こうした場合は、眠っている間にこっそりと爪切りを行うのがよいでしょう。

ただし、爪切りを嫌がるような素振りを見せたら、すぐにやめるようにし、ストレスを与えないよう、配慮していくことも大切です。

耳掃除

猫の耳は、人間のように頻繁に掃除を行う必要はありません。

耳垢には耳の中を保護する役割もあるとされているので、あまりにも耳掃除の頻度を増やしてしまうと、逆に病気を引き起こしてしまう可能性もあるとされています。

しかし、耳垢が黒や茶色だったり、耳の中が臭ったりする場合は耳のお手入れをしてあげる必要があるのです。

こうした場合は耳の中でカビが増殖し、真菌症を引き起こしている可能性があるので、動物病院で薬を処方してもらう必要もあります。

また、猫が激しく耳を痒がるときも耳に異常が起きているサインです。

例えば、ダニが住みつくことで外耳炎が引き起こされてしまうこともあるので、注意しましょう。

目のお手入れ

猫の目はデリケートで、体調の変化が表れやすい部分です。

例えば、猫カリシウイルス感染症のような猫風邪にかかっていると、緑色の目やにが見られるようにもなります。

そして、慢性鼻炎を患っている場合は、鼻水と共に粘着性の目やにや涙が見られることも多いものです。

こうした目の異変は「放っておいても治るだろう」と考えてしまいがちです。

しかし、治ったかのように見えても、体調不良などで免疫力が落ちると再発してしまうことも少なくありません。

ですから、飼い猫の目に異変が見られたときはきちんと動物病院で点眼薬や軟膏などを処方してもらいましょう。

また、飼い主さん自身も、濡らしたコットンでこまめに猫の目を拭いてあげるようにし、目のまわりを清潔に保ってあげることが大切です。

歯磨き

人間だけでなく、猫にとっても1日1回の歯磨きは理想的です。

歯垢は1週間程度で歯石化してしまうので、可能であれば、1日1回の歯磨きを行ってあげましょう。

しかし、毎日行うのが難しいようであれば、2~3日ごとに行うだけでも歯周病対策に繋がります。

オシキャットは数ある猫種の中でも、歯肉炎になりやすいといわれています。

だからこそ、歯磨きを習慣化させ、健康を管理していきましょう。

歯磨きをするときは、歯垢が溜まりやすい臼歯(上あごの奥に生えている歯)の外側を重点的にケアできるよう、意識してみてください。

歯ブラシが苦手な場合は濡らしたガーゼを使用して、歯の表面を拭き取るのもおすすめです。

歯を拭くときは、強い力でこすると痛みを感じさせてしまうので、優しく行うようにしてみましょう。

 

子猫期の注意点

オシキャットは活発な性格をしているので、子猫期には思いっきり運動をさせてあげましょう。

活動量が多いオシキャットの心を満たすには、ジャンプを加えた遊びがおすすめです。

ただ部屋の中を走り回らせるだけだと、運動量に満足できないこともあります。

ですから、キャットステップにおもちゃをぶらさげるなどして、上下運動をさせてあげられるような工夫をしていきましょう。

また、オシキャットは活発な分、怪我をしてしまう可能性が高いものです。

子猫期は不測の事態を防ぐために、高い家具などに登れないよう、通路を塞いぐようにおきましょう。

シニア期の注意点

シニア期は体の筋力が衰え、若い頃のように動けなくなるので、猫もストレスを感じてしまいます。

特にオシキャットは活発な反面、繊細で優しい心を持っているので、体力が低下するシニア期にストレスを感じやすいでしょう。

中には、ストレスが原因で脱毛が見られてしまう場合もあります。

こうしたストレスを和らげるには、シニア期でもできる遊びを考えてあげましょう。

例えば、鈴入りのボールを転がしてじゃれさせるのもよいですし、アルミホイルを丸めてボールを作ってあげるのもおすすめです。

アルミホイルのボールなら、いつでも手軽に作れますし、カサカサという音が狩猟本能を刺激してくれるでしょう。

また、シニア期にはストレスから膀胱炎などの下部尿路系の病気にかかる猫も多くなります。

猫はもともと、水分が少ない尿を出すため、腎臓に負担がかかりやすいという特徴があるので、日頃から尿の色やトイレ頻度、トイレ中の様子などをこまめにチェックしておきましょう。

季節ごとの注意点

春は、猫が発情期を迎える季節です。
だからこそ注意したいのが、交通事故や脱走といった不測のトラブルです。

去勢・避妊手術を行っていない猫は特に、外の世界へ興味が湧きやすくなるため、完全室内飼いであっても飼い主さんが目を離した隙に脱走しようとすることもあります。

こうした思わぬ事故を防ぐためには、まず去勢・避妊手術を検討してみましょう。

出産を望まない場合は猫が感じる「性欲」というストレスを解消するためにも、適した時期に去勢・避妊手術を行うようにしましょう。

時に2月生まれのメスは早くて、生後3~4ヶ月で発情することもあるので、注意してください。

夏は熱中症対策に目が向きやすくなってしまうものですが、ノミやダニにも気を付けてあげましょう。

ジメジメとした梅雨は湿気が多いため、ノミやダニが繁殖しやすい時期でもあります。

ノミやダニは皮膚病を引き起こし、猫にかゆみなどに不快感を与えてしまうものです。

完全室内飼いだと、ノミやダニのトラブルは一見関係ないように思えてしまいます。

しかし、ノミやダニは飼い主さんの洋服や体にくっついて、おうちの中に入り込み、猫の体に寄生してしまうことも少なくありません。

だからこそ、猫に駆虫剤を行うことも大切ですが、飼い主さん自身も帰宅後には手洗いなどを徹底する習慣をつけていきましょう。

秋は気温が下がり、過ごしやすくなってきます。

そのため、夏に低下した食欲も戻りやすくなるでしょう。

だからこそ、キャットフードの与え方を再検討し、肥満体型にさせないように努力していきましょう。

例えば、食べるキャットフードの量が増えた分、種類を再検討してみることもおすすめです。

一般的なキャットフードを与えている場合は、低カロリーなフードを選んでストレスを与えない食事管理をしていきましょう。

また、秋は毛が生え変わる換毛期にもあたるので、抜け毛対策用のキャットフードを与えてあげるのもよいです。

オシキャットは寒がりな猫種でもあるので、冬は暖房機器を使いながら、体調を管理してあげましょう。

その際に、ファンヒーターや石油ストーブを使用するという方は、被毛が燃えてしまわないよう、注意が必要です。

人間とは違い、猫は皮膚が被毛で覆われているため、少し熱さに鈍感です。

そのため、温かさを楽しみたいあまり、暖房機器に近づきすぎてしまうこともあるので、飼い主さんはこまめにチェックしてあげましょう。

なお、寒がりだからといって、犬のように服を着せるのはいけません。

猫は自分の体を毛づくろいすることで清潔感を保ったり、安心感を得たりしているので、服がストレスになってしまうのです。

健康に過ごすためのボディチェック

体全体のチェック

日頃からボディチェックをしっかりと行えば、病気を早期発見できる可能性も高くなります。

ボディチェックをするときは、飼い主さんは足や腰の状態も見落とさないようにしましょう。

もしも、歩き方や座り方がいつもとは違っているときは、飼い猫の足や腰に触れてみることも大切です。

その際、もしも痛がるような素振りを見せた場合は無理に動かそうとせず、速やかに動物病院でレントゲンなどを撮ってもらいましょう。

また、歩き方や座り方だけでなく、キャットタワーの使い方や段差の昇り降りの仕方に異変を感じたときも、ボディチェックが必要です。

そして、オシキャットは飼い主さんのそばで過ごすことを好む猫種でもあるので、メンタル面のケアもしっかりと行ってあげましょう。

仕事の関係で長時間、留守番をさせたときは大好物のおやつを与えたり、1日1回は思いっきり遊ぶようにしたりするのもおすすめです。

顔周りのチェック

顔周りをチェックするときは目やにや鼻水が見られないか、よだれは出ていないか、耳に炎症や耳垢が見られないかということを意識してみましょう。

どれかひとつでも当てはまった場合は、体調を崩している可能性があります。

こうした異変を見つけたときは、耳を触って体温をチェックしてみるのもよいでしょう。

猫の体温は人間より高く、38℃程度だといわれていますが、寝起きや眠たいときではない限り、通常は耳の先が冷たいものです。

だからこそ、耳の先に触れたときに熱さを感じるようであれば、発熱している可能性が高いといえます。

このように、顔周りのチェックを行うときは飼い猫の体調の変化も同時に、チェックしていきましょう。

甘えん坊なオシキャットにはたっぷりの愛情を

オシキャットはベンガルのように野生のヤマネコの血が入っていません。

その分、穏やかで愛情深い性格をしているということもオシキャットのチャームポイントです。

甘えん坊なオシキャットは飼い主さんに構われないと寂しさを感じてしまうこともあるので、おうちに迎える際は思いっきりスキンシップをとってあげましょう。

関連記事

 
 

ABOUTこの記事をかいた人

古川諭香

キャットケアスペシャリストの資格を活かし、さまざまな猫メディアにて猫情報を分かりやすく配信中。自身も猫サイトを立ち上げ、愛猫と楽しく暮らしていくための秘訣や猫に関する知識などを分かりやすく解説。猫と一緒に暮らせる猫仕様の家も建設し、人と猫が快適に生活していくための方法も伝授している。