【ドッグフード】ユーカヌバの栄養面や原材料を紹介!

ユーカヌバに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ユーカヌバの原材料

ユーカヌバはAKC(アメリカ・ケンネル・クラブ)やFCI(国際畜犬連盟)など世界でも権威性の高い組織や団体のパートナーとして活躍しているドッグフード会社です。

社員も愛犬にユーカヌバを毎日のごはんとして与えていると言われています。

では実際に、スモールアダルトを例に、どんな原材料が使用されているのか、見ていきましょう。

肉類

肉類の原材料として、肉類(鶏や七面鳥)、さらに、これらの加水分解タンパクが使用されています。

中でも気になるのは、肉類と記載している点です。

公式サイトには、この肉類がどの部位を使用しているのか、ヒューマングレードであるなどの記載は確認できませんでした。

一般的に、原材料に高品質なものを使用している場合、強みとして「ヒューマングレード」や「人間が食べられる食材」などのように明記されているドッグフードが多いです。

その点、ユーカヌバには明確な記載がない点から、肉副産物や4Dミートと呼ばれる粗悪な原材料が使用されている可能性が否定できません。

穀物

犬は草食動物に比べて腸が短く、穀物を消化する酵素がないため、穀物や繊維の多いものを食べると、消化不良を起こす可能性が高くなります。

そういった点から見ると、ユーカヌバには小麦やとうもろこし、とうもろこし粉、米、大麦といった穀物の原材料が比較的多く使用されていることが分かります。

とくに、小麦やとうもろこしはアレルギー症状を引き起こしやすいといわれており、ドッグフードには好ましい原材料とは言えません。

添加物

近年、無添加のドッグフードが一般常識となっており、犬に少量でも害を与える可能性のある添加物は使用しないドッグフードが多いです。

その一方、ドッグフードの品質の低下を防ぐために、人工添加物は安全基準内であれば使用可能という考えで作られているドッグフードも少なからずあります。

ユーカヌバは後者で、酸化防止剤としてBHA(ブチル・ヒドロキシ・アニソール)を使用しています。

BHAは発がん性や呼吸困難、歩行障害など複数の副作用が問題視されています。

その他

ビートパルプを使用している点も気になります。

ビートパルプが粗悪原材料とされるのは、原材料として使用される前の工程に問題点があると言われています。

ビートパルプは砂糖の原材料となるサトウダイコンで、搾りかすとして食物繊維の付加やかさ増しのためにドッグフードに使用されていることがほとんどです。

ところが、砂糖抽出する際に薬品が使用されていることから残留の可能性を否定できないのです。

 

ユーカヌバに含まれる栄養の割合

使用している原材料に不安が残りますが、ドッグフード自体に含まれる栄養の割合はどうなっているのか、確認していきましょう。

  • エネルギー 404kcal/100g
  • 粗タンパク質 26.0%以上
  • 粗脂肪 16.0%以上
  • 粗繊維(※1) 2.5%以下
  • 粗灰分(※2) 8.0%以下
  • 水分 9.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

タンパク高め

AAFCO(米国飼料検査官協会)の最低基準は成犬の場合、18.0%以上と定められています。

ユーカヌバは26.0%以上と、かなり高めにタンパク質が設定されていることが分かります。

その理由として、栄養が凝縮された加水分解タンパク質を使用していることが考えられます。

カロリーや脂質が高め

AAFCOの脂質の最低基準は成犬で5.5%以上です。

ユーカヌバは16.0%以上のため、脂質もかなり高めであることが栄養の割合から読み取ることができます。

タンパク質が元々高めである点からも、カロリーが高くなることは納得できます。

脂質が高い理由としては、動物性脂肪が付加されていることも挙げられます。

 

ユーカヌバの生産国

ユーカヌバはオランダで生産されているドッグフードです。

オランダはドイツ同様に犬税があることで有名な国です。

また、SKAI(国際有機農業運動連盟に登録されているオーガニック製品認定機関)がオランダに設立されており、ドッグフードの認定基準は世界的にみても厳しい基準が設けられています。

認定を得たドッグフードだけが、その証として「EKOマーク」をパッケージに記載することが許されています。

 

ユーカヌバを選ぶ際の注意点

ユーカヌバは世界で知名度が高いドッグフードとして広く知られています。

また、生産国であるオランダは犬税への取り組みやオーガニック製品認定機関がある点からも犬の健康への意識が高い国とも考えることができます。

そこで、ユーカヌバを選ぶ際の注意点を2点確認しておきましょう。

並行輸入品に要注意

ユーカヌバは日本でも知名度の高いドッグフードです。

ペットショップはもちろんのこと、ホームセンターなどでも販売されており、比較的入手しやすいドッグフードと言えます。

ただ、知名度が高いだけに、正規ルート以外のルートで並行輸入品が多く販売されています。

並行輸入品は温度管理されることなく、一般の貨物と一緒に船でコンテナ輸送されます。

品質が劣化しやすいため、並行輸入品はおすすめできません。

価格上昇する可能性も

海外産のドッグフードのデメリットとして、製造工場のストップや輸送コストの上昇、物価上昇などによって、価格が上昇する可能性があります。

これらの原因によって、価格が上がる可能性があることを理解しておきましょう。

まとめ

ユーカヌバは非常に知名度の高いドッグフードですが、使用している原材料に不安が残ります。

とくに、主要原材料となる肉類の表記に疑問が残ります。

ただ、世界的にも高い信頼を得ているドッグフードメーカーで公式サイトでも「安心」と「安全」を謳っており、品質が悪いとは言い切れません。

愛犬に試してみたいという場合は、原材料など疑問点をユーカヌバに確認した上で、一度試してみると良いでしょう。

関連記事