【ドッグフード】セレクトバランスの栄養面や原材料を紹介!

セレクトバランスに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

セレクトバランスの原材料

セレクトバランスは日本に暮らす犬の健康をサポートする目的として開発されたドッグフードです。

そのため、日本で飼育されている割合として多い口の小さな小型犬でも食べやすい小粒のドッグフードなのが特徴の1つとして挙げられます。

そんなセレクトバランスには、どんな原材料が使用されているのか、セレクトバランスのアダルトを例に見ていきましょう。

肉類

肉類で使用されているのは、チキンです。

チキンはヒューマングレードで犬はもちろんのこと、人間が食べても問題のない原材料を主原料として使用しています。

さらに、副産物などは一切使用していないことを公言しており、飼い主さんとしても安心して愛犬に与えられることでしょう。

穀物

穀物にはとうもろこしの他、米や玄米が使用されています。

一般的には穀物は犬の消化機能では消化できないため、大きな負担を与えると考えられています。

また、アレルギー症状の原因食品として知られていることから、これらの食品は避けられる傾向にあります。

とうもろこしについては、犬の消化機能でも十分に消化吸収できる状態に加工したり、米や玄米においては炊飯してから原材料として加工したりと、犬の体内に消化吸収しやすい工夫がされていれば、一概に粗悪原材料と言い切ることはできません。

ただ、公式サイトではこれらに関する情報は詳しく記載されていないため、不安が残ります。

添加物

セレクトバランスは人工的な添加物は一切使用されておらず、無添加のドッグフードということができます。

ドッグフードの品質保持に必要不可欠な酸化防止剤には、天然由来のミックストコフェロールやローズマリー抽出物を使用しています。

その他

その他の原材料として気になるのは、ソイビーンミール(大豆)やビートパルプが使用されている点です。

大豆は加工前の豆の状態で使用する場合は消化が悪いと言われていますが、調理していれば「畑のお肉」とも呼ばれる大豆本来の優れた栄養を摂取することが可能です。

一方、ビートパルプはドッグフードのかさ増しやウンチを固める目的として原材料に使用されるケースが多いです。

 

セレクトバランスに含まれる栄養の割合

セレクトバランスで使用されている原材料の中には不安に感じる原材料がありますが、ヒューマングレードの原材料を使用している点から品質が高いドッグフードと考えることができます。

ただ、質の高いドッグフードは原材料だけでなく、栄養の割合も適正である必要があります。

そこで、セレクトバランスに含まれる栄養の割合を見ていきましょう。

  • エネルギー 350kcal/100g
  • 粗タンパク質 22.0%以上
  • 粗脂肪 13.0%以上
  • 粗繊維(※1) 5.0%以下
  • 粗灰分(※2) 7.0%以下
  • 水分 10.0%以下
  • カルシウム 0.6%以上、2.5%以下
  • リン 0.8%以上、0.6%以下
  • メチオニン 0.3%以上、1.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

AAFCOの基準を満たしている

セレクトバランスの栄養の割合を見ると、エネルギーやタンパク質、脂質はAAFCO(米国飼料検査官協会)の最低基準を上回っていることが分かります。

また、一般的なドッグフードと比べても、平均的な数値であることが分かります。海外産の一般的なドッグフードに比べると、比較的低い数値であることも同時に分かります。

その理由として、日本で飼育されている犬は小型犬が多く、海外で飼育されている犬よりもエネルギー消費量が低いことが挙げられるためです。

ただ、運動量の高い犬の場合は、給与量を増やすことも考える必要があります。

 

セレクトバランスの生産国

セレクトバランスを生産している国はアメリカです。

アメリカでは近年、全犬種対応のドッグフードが多く販売されています。

一方で、セレクトバランスは日本で飼育されている犬のために開発されたこともあり、子犬用や成犬用、シニア用と年齢別にドッグフードの種類が設けられています。

アメリカではドッグフードによる規制は日本よりも厳しいと言われていますが、実際には州ごとで定められている州法が適用されるため、州によってはドッグフードへの規制が緩い州とそうでない州に分かれてるのが実状です。

また、過去に起きたアメリカ産ドッグフードによる犬の死亡事故はアメリカにおけるドッグフードの安全性の低さを露呈する事実として認識されるようになりました。

ただ、アメリカ産のドッグフードで一括りしてしまう考え方は飛躍していると言えます。

なぜなら、アメリカ産のドッグフードの中にも、質の高いドッグフードは存在します。

 

セレクトバランスを選ぶ際の注意点

セレクトバランスに興味を持ち、愛犬に試してみたいという場合に、注意点があります。

それは、アレルギーのある犬や胃腸が弱い犬の場合、ドッグフードで使用されている穀物やビートパルプなどの原材料に注意する必要があります。

とうもろこしはアレルギー症状を引き起こしやすい食品として有名です。

公式サイトではアレルギーのある犬でも安心して食べられるのかどうかまでは言及されていません。

販売元の会社に問い合わせて確認すると良いでしょう。また、ビートパルプは意図的にウンチを固める作用があります。

そのため、本来の愛犬のウンチの固さを判断することができないため、愛犬の健康状態を把握する上で注意が必要です。

また、元々胃腸が弱い犬の場合、ビートパルプは消化器官への負担が考えられます。

まとめ

セレクトバランスは日本に住む犬のために作られたドッグフードで、ヒューマングレードの原材料を使用し、AAFCOの基準を満たしている点から質の高いドッグフードと考えることができます。

ただ、原材料の一部に不安も残るため、愛犬に与える際は愛犬の体調を観察しながら少量ずつ与えましょう。

関連記事