【ドッグフード】アイムスの栄養面や原材料を紹介!

アイムスに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

アイムスの原材料

アイムスは日本でも知名度が高いドッグフードの1つで、犬を飼っているひとなら一度は聞いたことがあることでしょう。

ペットショップはもちろんのこと、ホームセンターやインターネット通販など様々な場所で購入することが可能です。

そんなアイムスで使用している原材料について、健康維持用の成犬タイプのドッグフードを例に解説していきます。

肉類

アイムスの主な原材料はチキンミール、家禽ミールです。

ミールというと、一般的には可食部以外が含まれた副産物を使用しているという認識が世界中に知れ渡っています。

その点から考えると、公式サイトに新鮮な生肉を使用している旨やヒューマングレードであるなど原材料の安全性に関する記載がないため、不安が残ります。

穀物

アイムスの原材料には穀物として、とうもろこしや小麦が使用されています。

とうもろこしは加工方法によっては犬の消化機能への負担を軽減やアレルギーを引き起こす原因物質を除去することが可能です。

ただ、小麦に関しては一般的なドッグフードの製造工程の中で必要性に欠ける原材料と言えます。

犬は帳が短く、穀物を消化するための酵素が存在しません。

そのため、小麦を摂取するとアレルギー症状が引き起こされたり、消化不良になる可能性があります。

添加物

アイムスはクエン酸の他に、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)やBHT(ジブチルヒドロキシトルエン)を使用しています。

BHAやBHTはペットフード安全法で定める基準値を超えなければ使用することができる人工添加物です。

ただ、これらは犬の健康を害する恐れがあると考えられています。

そのため、近年では人工添加物を一切使用しない無添加ドッグフードが主流になってきています。

その他

その他で気になる原材料として、乾燥ビートパルプが挙げられます。

ビートパルプはドッグフードの原材料として、粗悪原材料と考えられています。

その理由として、ビートパルプの元であるサトウダイコンから砂糖を抽出する際に使用する薬品がビートパルプに混在している危険性があるためです。

どんなに品質の良い原材料を使用していても、こういった背景があると犬の健康を害する可能性はないとは言い切れません。

 

アイムスに含まれる栄養の割合

原材料に不安が残るアイムスですが、ドッグフードを選ぶ際にチェックしておくべき点は原材料以外にもあります。

それは、ドッグフードに含まれる栄養の割合です。犬の健康に必要なバランスが取れているのかを確認しておきましょう。

  • エネルギー 377kcal/100g
  • 粗タンパク質 24.0%以上
  • 粗脂肪 12.5%以上(15.5%以下に設計)
  • 粗繊維(※1) 4.0%以下
  • 粗灰分(※2) 9.0%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

カロリーやや高め

エネルギーを見ると、一般的なドッグフードよりやや高めに設定されていることが分かります。

アイムスで使用しているミールが良いか悪いかは別として、新鮮な生肉よりも新鮮な生肉をミールに加工した方が栄養が凝縮されるため、100g中の栄養価が高くなります。

つまり、ミールを主原料にしているため、エネルギーがやや高めに設定されていることが考えられます。

タンパク質やや高め

エネルギーと同様に、タンパク質もやや高めに設定されています。

ただ、生肉を一切使用せず、ミールが主原料である割りにタンパク質がそこまで高くはないという点が気になるところです。

ただ、AAFCO(米国飼料検査官協会)の最低基準は満たされている点から、犬に最低限必要な栄養の割合であることが分かります。

 

アイムスの生産国

アイムスを生産している国は、ドッグフードの種類によって異なります。

大半はドイツやオランダで生産されています。一般的に、ドッグフードの生産国は同じ場合が多いですが、アイムスの場合は異なるようです。

生産国が異なる理由は公式サイトでは記載されていないため、判断しかねます。

ただ、ドイツやオランダは動物愛護において先進国であるため、原材料の品質や製造過程においての基準が厳しく定められています。

これらの厳しい基準をクリアした上で製造されている場合、質の高いドッグフードと判断することもできます。

 

アイムスを選ぶ際の注意点

アイムスの原材料や栄養の割合などについて見てきた中で、アイムスを選ぶ際に注意しておくべきポイントをご紹介します。

アレルギーや胃腸に不安がある犬は要注意

原材料で解説した通り、アイムスで使用されている原材料の質の高さや安全性は公式サイトで明確に記載されていません。

そのため、アレルギーのある犬や体質として胃腸が弱いなど消化機能への負担が心配される犬の場合は、注意する必要があります。

アイムスを与える際は、少量ずつ与えて愛犬の体調などを観察しながら与えることをおすすめします。

肥満に要注意

アイムスはややカロリーが高いため、給与量によってはカロリーの摂り過ぎから肥満になる可能性があります。

体質として太りやすい犬や運動量が少ない犬、寝ていることが多いシニア犬に与える場合、肥満に注意する必要があります。

また、アイムスを与えて肥満になるからと、給与量を極端に減らし過ぎると、栄養不足になる可能性もあるので注意しましょう。

まとめ

アイムスを総合的に見ると、知名度は高いドッグフードではあるものの、原材料に使用されている食品の安全性や質の高さに疑問が残ります。

ペットショップの他、ホームセンターやインターネット通販でも安価で入手できる点では飼い主にとって便利ではありますが、犬の健康を考えると、正直なところおすすめできません。

どうしても、安価なドッグフードが良いという場合は、注意点でも挙げたように愛犬に与える際は少量ずつ与え、体調に変化がないかを観察するようにしましょう。

関連記事