【ドッグフード】ピュアロイヤルの栄養面や原材料を紹介!

ピュアロイヤルに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ピュアロイヤルの原材料

ピュアロイヤルは総合栄養食には珍しい半生タイプのドッグフードです。

どのような原材料が使用されているのか、ピュアロイヤルチキンを例にご紹介します。

肉類

ピュアロイヤルの主な原材料はササミや鶏肉が使用されています。

使用している原材料は鮮度の高い食品だけを使用しています。公式サイトでは製造工程の流れが画像付きで解説されており、透明性があります。

ただ、どこの生産地のものなのかは詳しくは記載されていません。

魚類

魚類として、鮭の白子が使用されています。

鮭の白子は人間が食べると、白子に含まれる栄養成分によってガン細胞を殺すと考えられています。

また、糖尿病予防に良いとされるインシュリンの分泌を活発化させることが期待される食品です。

犬の健康においても、これらの効果への期待が高まります。

穀物

原材料で気になるのが穀物である小麦蛋白や小麦粉を使用している点です。

恐らく、半生フードであるため、成形する際に小麦がつなぎの役割を果たしていることが考えられます。

ただ、小麦はアレルギー症状を引き起こしやすい食品として知られており、ドッグフードの原材料として適した食品とは言えません。

添加物

ピュアロイヤルは保存料や着色料、発色剤、酸化防止剤の添加物は一切使用していません。

人工添加物は犬の健康を害する可能性があるので、無添加であることはドッグフード選びに欠かせない要素と言えます。

その他

その他の原材料には、豊富な栄養が含まれているおからや米糠、ささ抽出物などが使用されています。

ささ抽出物は北海道の山野に自生するイネ科の植物から抽出したクマ笹のエキスを使用しています。

このクマ笹は、冬眠から目覚めた絶食状態の熊が腸内環境を整えるために食べているのではないかと考えられています。

その理由として、クマ笹には腸内の善玉菌の栄養となる成分が含まれているためです。

 

ピュアロイヤルに含まれる栄養の割合

ピュアロイヤルの原材料で小麦が使用されている点が気になりますが、それ以外の原材料は、犬の嗜好性や犬の体の健康維持を考えて原材料を選んでいることに納得できます。

では、ピュアロイヤルに含まれる栄養の割合がどうなのかについて、確認しておきましょう。

  • エネルギー 275kcal/100g
  • 粗タンパク質 25.0%以上
  • 粗脂肪 8.0%以上
  • 粗繊維(※1) 2.0%以下
  • 粗灰分(※2) 6.5%以下
  • 水分 35.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギーや脂質は低め

ピュアロイヤルは半生タイプのドッグフードのため、水分含量が一般的なドライフードが10%以下に対し、35%とかなり高いことが分かります。

そのため、エネルギーや脂質は低めですが、AAFCO(米国飼料検査官協会)が定める脂質の最低基準は成犬で5.5%以上のため、満たしています。

タンパク質やや高め

エネルギーや脂質は低いものの、原材料に脂質が少なくタンパク質が多く含まれるササミを使用している点からも分かる通り、タンパク質はやや高めに設定されていることが分かります。

25.0%は一般的なドッグフードと比較しても、高いことが読み取れます。

 

ピュアロイヤルの生産国

ピュアロイヤルの生産国は日本です。北海道の地の利を生かした新鮮な原材料を厳選して使用しています。

日本におけるドッグフードへの法整備は欧米と比較すると、まだまだ改善の余地があると言われています。

実際に、ドッグフードの栄養基準はアメリカのAAFCOの基準を使用しています。

ただ、必ずしも海外産のドッグフードの方が国内産のドッグフードよりも優れているとは言い切れません。

なぜなら、人間が食べられる食品を基準にドッグフードを製造する場合、日本の食品基準は世界でも厳しい基準を設けているため、品質の高いドッグフードを製造できるからです。

 

ピュアロイヤルを選ぶ際の注意点

ピュアロイヤルを愛犬に試してみたいという場合、注意しておくべき点があります。

ピュアロイヤルを選ぶ際にどんな点に注意する必要があるのか、解説します。

アレルギー症状を引き起こす可能性

ピュアロイヤルは原材料で、小麦粉を使用しているとご紹介しましたが、小麦粉に含まれるグルテンは、犬の体内では消化機能への負担が多く、アレルギー症状が引き起こされる場合があります。

また、公式サイトではグルテンフリーの記載がないため、元々アレルギー体質である犬やアレルギーが心配な場合はおすすめできません。

歯周病になるリスク

半生タイプのドッグフードのメリットは、ドライフードに比べて嗜好性が高いことが挙げられます。

犬は、より生肉に近い食感や味、香りなどが感じられます。

ただ、デメリットとして挙げられるのは、水分が多い故に歯にフードがこびりつきやすく、歯石や歯周病になるリスクが高まる可能性があるということです。

ドライフードの場合、カリカリと噛むことによって歯石がこびりつきにくくさせる効果を持つものが多いです。

一方、水分量が多いドッグフードの場合、ねっとりとした食感のため、歯にこびりつきやすく、食後にしっかりと歯磨きを行わないと歯石がついたり、歯周病になってしまう可能性があります。

そのため、歯磨き嫌いの犬だと、歯周病のリスクがより高くなることを理解しておきましょう。

まとめ

ピュアロイヤルは国内産で新鮮な原材料が使用されており、栄養の割合も低カロリーであるものの、高タンパク質で犬の健康に必要な栄養を十分に満たしているドッグフードといえます。

ただ、原材料に小麦粉を使用しているため、アレルギーのある犬やグルテンフリーのドッグフードを与えたいと考える飼い主さんにはおすすめできません。

アレルギーの心配もなく、歯磨きを嫌がらない犬で、食いつきが悪かったり、飽きっぽい犬には、一度試してみると良いでしょう。

関連記事