【ドッグフード】ナチュラルチョイスの栄養面や原材料を紹介!

ナチュラルチョイスに使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

ナチュラルチョイスの原材料

ドッグフードメーカーのニュートロが販売するナチュラルチョイスは、日本でも知名度の高いドッグフードとして知られています。

販売先もニュートロと直接契約を交わす店頭でしか販売されていません。

そんなナチュラルチョイスにはどんな原材料が使われているのか、プレミアムチキンを例に確認してみましょう。

肉類

ナチュラルチョイスの動物性タンパク源はチキン生肉や乾燥チキンが使用されています。

「ミートファースト」を掲げ、新鮮なチキンの生肉を第一主原料として使用し、肉本来のおいしさが味わえることから、犬の食いつきが良いと考えています。

公式サイトでも副産物ミールやタンパク源として大豆を使用していないことが明記されています。

穀物

穀物として、粗挽き米や玄米、オートミール、米糠が使用されています。

一般的には穀物は犬の消化機能への負担やアレルギー症状への懸念から、使用しないグレインフリーのドッグフードも数多くあります。

ナチュラルチョイスでは、犬の健康に必要な栄養として意味のある原料のみを使用しています。

添加物

ナチュラルチョイスは無添加ドッグフードで、酸化防止剤として天然由来のミックストコフェロールやローズマリー抽出物を使用しています。

人工添加物は犬の健康に有害だと考えられているため、無添加であることは色の安全という点では質が高いドッグフードといえます。

その他

原材料で気になるのは、エンドウマメやビートパルプが使用されている点です。

エンドウマメには栄養は含まれているものの、犬の消化機能への負担が考えられます。

また、ビートパルプはドッグフードのかさ増しや意図的にウンチを固める作用があるため、あまり好ましい原材料とは言えません。

さらに、ビートパルプは原料のサトウダイコンから砂糖を抽出する際に薬品が使用されることも多くあります。

搾りかすであるビートパルプにこの薬品が残留している可能性があることから、ドッグフードの原材料として不適切であると一般的に広く知られています。

 

ナチュラルチョイスに含まれる栄養の割合

ナチュラルチョイスは新鮮な生肉を使用しているものの、原材料の一部では不安なものが使用されていることが分かりました。

では次に、ナチュラルチョイスに含まれる栄養の割合について見ていきましょう。

  • エネルギー 365kcal/100g
  • 粗タンパク質 24.0%以上
  • 粗脂肪 15.0%以上
  • 粗繊維(※1) 5.0%以下
  • 粗灰分(※2) 10.0%以下
  • 水分 10.0%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

エネルギーや脂質が高め

ナチュラルチョイスの栄養の割合から見る特徴として、エネルギーや脂質がやや高めであることが分かります。

動物性タンパク源として新鮮な鶏肉を使用していることから納得ができます。

AAFCO(米国飼料検査官協会)の脂質の最低基準は成犬で5.5%以上である一方、ナチュラルチョイスは15.0%以上と高めであることが分かります。

鶏肉を第一主原料として使用する以外にも、ひまわり油や大豆油を使用していることも挙げられます。

タンパク質やや高め

ナチュラルチョイスは一般的なドッグフードに比べ、タンパク質がやや高めに設定されていることが分かります。

その理由として、栄養がより凝縮された乾燥チキンを使用していることが挙げられます。

AAFCOの基準では、成犬で18.0%以上であることからも、タンパク質の高さに納得できます。

 

ナチュラルチョイスの生産国

ナチュラルチョイスはアメリカ産のドッグフードです。

アメリカではAAFCO(米国飼料検査官協会)による厳しい栄養基準が設定されています。

AAFCOの基準は日本におけるドッグフードの栄養基準として採用されています。

ただ、こうした厳しい基準を設けていても、アメリカでは過去にアメリカ産のドッグフードを食べた犬の死亡事故が発生しています。

一因として、中国産の原材料を使用したことが挙げられます。

これらの事件が発生した背景には、アメリカならではの法律が関係しているものと考えられます。

アメリカでは州ごとに定められている州法が適用されるからです。

州によってドッグフードの安全基準や基準を満たしていない業者への罰則が異なるため、一部には安全基準を満たしていないドッグフードが存在しているのです。

 

ナチュラルチョイスを選ぶ際の注意点

ナチュラルチョイスは一部の原材料に不安は残りますが、基本的には質の高いドッグフードといえます。

ただ、ナチュラルチョイスを選ぶ際に、注意しておくべきことがあります。

どんな点に注意するべきなのかを確認しておきましょう。

愛犬の健康状態が把握しづらい

原材料でもご紹介したように、ナチュラルチョイスではビートパルプを使用しているため、意図的にウンチが固まる作用が働きます。

ウンチは犬の健康のバロメーターとも言われているほど、ウンチの状態はその犬の健康状態を知る指標になります。

しかし、ビートパルプによって固まってウンチが排出されれば、一般的には健康状態だと勘違いしてしまう恐れがあるのです。

愛犬の健康状態はウンチからは把握できない可能性を理解しておきましょう。

価格が高くなる可能性がある

海外産のドッグフードの場合、輸送コストの上昇や物価の高騰などが原因で、ドッグフードの価格が高くなる可能性があることを理解しておきましょう。

また、インターネット通販で販売されている並行輸入品は正規ルートで輸入されていないため、品質の劣化が考えられます。購入する際は、正規品を購入しましょう。

まとめ

ナチュラルチョイスは一部の原材料の使用に疑問は残りますが、基本的には犬の健康を考えて開発されたドッグフードといえます。

ただ、上記で挙げた注意点をしっかりと理解した上で、愛犬に与える際は少量ずつ与えましょう。

関連記事