【ドッグフード】FORZA10の栄養面や原材料を紹介!

FORZA10に使用されている原材料やドッグフードに含まれている栄養の割合、生産国、購入する際の注意点についてご紹介します。

 

FORZA10の原材料

FORZA10は活性酸素の弊害に着目し、治癒力や抵抗力、免疫力といった犬本来の体が持つ力を向上させる事を目的としているドッグフードです。

さらに、獣医学と動物栄養学を組み合わせて、40名以上の獣医研究チームによって開発されたドッグフードです。

どんな原材料が使われているのか、Daily Vet(デイリーベト)を例に解説していきます。

魚類

FORZA10の主なタンパク源には魚粉(ニシン)を使用しています。

使用する魚は、海洋汚染の少ない漁場で水揚げされた魚です。

肉ではなく魚を使用する理由として、ヒューマングレードの肉であっても、ものによっては抗生物質や促進剤などの化学物質が食肉自体に残留している可能性も否定できないという認識があったためです。

そして、これらの食肉や遺伝子組み換え食品などの安全性を考えたときに、魚が安全だという最終的な結論に至ったのです。

穀物

穀物では米粉を魚粉とブレンドして主原料として使用しています。

米粉を使用している理由は、穀物タンパク(グルテン)によるアレルギーに配慮しているためです。

添加物

FORZA10は添加物を一切使用していない無添加のドッグフードです。

ドッグフードに必要不可欠な酸化防止剤には、天然由来のトコフェロールやローズマリー抽出物を使用しています。

その他

免疫機能や炎症の抑制など犬の健康維持のサポートをするフィトケミカル成分(植物栄養素)が付加されています。

原材料にはマイタケやウコン、パパイア、ザクロ、アロエベラ、ミチヤナギ、海藻、トマト、ブドウツルの9種類が使用されています。

 

FORZA10に含まれる栄養の割合

FORZA10はヒューマングレードの肉でも残留薬物が残るリスクを考慮し、あえて、魚や米を主原料とした療法食であることがお分かりいただけたことでしょう。

では、ドッグフード自体に含まれる栄養の割合はどのようになっているのか確認しておきましょう。

  • エネルギー 345kcal/100g
  • 粗タンパク質 24%以上
  • 粗脂肪 12%以上
  • 粗繊維(※1) 2.5%以下
  • 粗灰分(※2) 6.9%以下
  • 水分 9%以下

※1.租繊維とは、体内で消化されることなく、便として排泄される食物繊維のを示しています。

※2.租灰分とは、カルシウムやナトリウム、リンなどのミネラルのことを示しています。

タンパク質はやや高め

一般的なドッグフードと比較すると、タンパク質がやや多めであることが分かります。

また、AAFCO(米国飼料検査官協会)の最低基準では成犬で18.0%以上である点からも、FORZA10に含まれるタンパク質の割合が高めに設定されていることが分かります。

その一因として、動物性タンパク源の魚粉は原材料の段階で加水分解し、犬の体内でより消化吸収しやすいアミノ酸の状態にしていることが挙げられます。

エネルギーや脂質もやや高め

タンパク質と同様に、エネルギーや脂質もやや高めに設定されていることが分かります。

AAFCOでは脂質の最低基準として、成犬で5.5%以上と定めています。FORZA10は12%以上であることからも脂質がやや高いことに納得できます。

その一因として、原材料にコーン油や魚油が使用されていることが考えられます。

 

FORZA10の生産国

FORZA10はイタリアで生産されたドッグフードです。

犬の特定の症状に特化した療法食として開発されたため、イタリアでは薬局などでも販売されています。

イタリアでは安心で安全な製品と認定されたドッグフードのパッケージには、次のような認定マークの記載が認められています。

  • VETERINARY FORMULATION(イタリア獣医師会認定商品)
  • CCPB(イタリア農水省オーガニック商品)

上記に加え、FORZA10は下記の厳しい管理基準をクリアし、安心安全が認められています。

  • IFOAM(国際有機農業運動連盟)
  • ISO9001:2008 取得(国際標準化機構)
  • O.I.E(国際獣疫事務局)
  • DEBIO(ノルウェーオーガニック生産規格標準化委員会)

このように、イタリアでもオーガニックのドッグフードが需要が高い点やドッグフードの安全性に対し、意識が高いことが分かります。

 

FORZA10を選ぶ際の注意点

FORZA10は食事療法食として与えられる優れたドッグフードであること、いくつもの厳しい検査基準をクリアして多くの国内外の認定を受けている安心で安全なドッグフードであることがお分かりいただけたことでしょう。

ただ、FORZA10を選ぶ際に注意しておくべき点が2つあります。

購入前に獣医師に相談する

イタリアで食事療法食と謳っている以上は、かかりつけの獣医師に相談してから購入することをおすすめします。

治療としての効果は個体差が出ることも考えられる他、愛犬の健康状態などによっても与えて良いものかどうかが変わってくる可能性があるからです。

つまり、優れたドッグフードだからといって、愛犬に相応しいかどうかは素人では判断しかねるということです。

かかりつけの獣医師や信頼できる獣医師に相談した上で、購入を決めましょう。

価格が高くなる可能性がある

海外産のドッグフードを選ぶ際の注意点として挙げられるのは、価格が高くなる可能性があるという点です。

イタリアで製造されて日本に輸入されるまでに数ヶ月という長い時間をかけて大型船でコンテナ輸送されます。

輸送コストが高くなったり、物価高騰したりすることで、製品自体の価格が高くなる可能性もあることを理解しておきましょう。

まとめ

FORZA10はイタリアの獣医師によって、特定の症状に特化した食事療法用のドッグフードです。

原材料選びにもこだわり、犬の健康に有害なものをできるだけ排除するという姿勢が読み取れます。

アレルギー症状などで悩む愛犬の健康のためにFORZA10を与えたいという場合は、上記の注意点に気をつけて購入を決めるようにしましょう。

関連記事