【アニモンダ ラフィーネ】ペット王国ドイツの食品メーカーが作った猫のためのグルメフード

猫は飽きっぽい動物です。飼い主さんが厳選したフードでも、同じものをずっと与え続けていると、ある日いきなり食べなくなってしまうことがあります。

また、同じ肉を長期間食べ続けると、特定のたんぱく源に対してアレルギーを起こすこともあると言われています。

できれば猫には、いろいろな種類のたんぱく質を使ったキャットフードをローテーションしてあげるのが良さそうです。

そこで、今回取り上げるのは種類の多さではキャットフードメーカー随一の【アニモンダ】です。

今回はその中でも、猫の嗜好性を考えたユニークなドライフード【ラフィーネクロス】について調べてみました。

 

【アニモンダ ラフィーネ】って、どんなキャットフードなの?

【アニモンダ】はハム、ソーセージなどの食肉加工品を製造販売しているドイツの大手メーカー「ストックマイヤー社」の小会社。

「ストックマイヤー社」が100年以上培ってきた食肉加工のノウハウやネットワークを活かして、1991年に創業しました。

【アニモンダ】のキャットフードにはコンセプトの異なる5つのカテゴリーのキャットフードがあり、各カテゴリー毎にさらに多種多様な味や食材のバリエーションがあります。

【ラフィーネ】は5つの中のひとつで、食材だけでなく、猫の食べる楽しみが広がるよう、触感にもこだわったフードです。

今回は【ラフィーネ】の中からドライフードの【ラフィーネクロスドライフード】のアダルト用について調べてみました。

 

【ラフィーネクロスドライフード】にはどんな原材料が使われているの?

肉類

【ラフィーネクロス】にはアダルト用フードが3種類あります。それぞれ使われている肉類が異なります。

  • オレンジのパッケージ → 鴨肉、七面鳥、鶏肉、乾燥全卵
  • ブルーのパッケージ → 鶏肉、サーモン、エビ、乾燥全卵
  • ピンクのパッケージ → 牛肉、子羊肉、ウサギ、乾燥全卵

鴨肉やウサギを使うあたりがヨーロッパのフードメーカーという感じですね。

いずれの肉にも羽毛、皮、毛、くちばし、爪などの副産物は一切、含まれていません。

穀物

【ラフィーネクロス】のドライフードにはシリアルが配合されています。

小麦胚芽入りと表記されていますが、小麦胚芽のほかにどんな穀物が含まれているのか、はっきりしません。

また、シリアルが原材料のトップに記載されていますので、肉類よりもシリアルの方が多いことが分かります。

原材料や食感にこだわっているグルメなフードだけに、穀類が多いのは残念な点です。

添加物

合成保存料、合成着色料などは一切使用していません。

 

【ラフィーネクロス】にはどんな栄養分がどのくらい含まれているの?

たんぱく質

【ラフィーネクロス】のたんぱく質の割合はいずれのフードも32%です。

これはFEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)の最低値25%を充分にクリアしていますので、猫向けのフードとしては合格です。

脂肪

脂肪割合はすべて12%で、FEDIAFの最低値をクリアしています。

また、欧米のキャットフードの中では低めの割合ですので、運動量の少ない日本の室内猫に向いているでしょう。

 

【ラフィーネクロス】の生産国はどこ?

【ラフィーネクロス】の原産国はドイツです。ドイツはヨーロッパの中でもペットフードに厳しい規制がある国として知られています。

まず、ペットフードに使用する原材料はヒューマンレベルの品質でなければなりません。

また、肉類については使用できる部位や熱処理の方法まで細かく定められています。

ドイツのキャットフードは、安全性については高い評価をつけることができます。

しかしながら、本当に猫にとって良いキャットフードかどうかを判断するには、安全性だけでは不充分です。

各フードに含まれる食材の種類やレシピをチェックし、猫に向いているかどうか調べる必要があるでしょう。

【ラフィーネクロス】の魅力は?

味の違い、粒の違いで食感を楽しめる

【ラフィーネクロス】のドライフードには3種類の肉とヨーグルト入りのクリスピー粒が混じっています。

カタチや味の違う粒のバリエーションで食感の変化が楽しめるようになっているのです。

猫に食べる喜びを感じさせてくれるアイディアは◎です。

ヒューマングレードな原材料を使用

ドイツの法律ではキャットフードにヒューマングレードの食材を使用することを定めています。

また、牛ついてはBSEの全頭チェックを行ってから仕入れをしています。

原材料の安全面から言えば、【ラフィーネクロス】は文句のつけようがありません。

【ラフィーネクロス】を与える際の注意点は?

【ラフィーネクロス】には穀類が多く使われています。

使われている穀類の種類もはっきりしませんので、もし、愛猫に穀類アレルギーがあるようなら、食べさせるのは避けた方が良いでしょう。

原材料が安心で魅力的なフード。穀類の多用がちょっと残念

ペット王国ドイツの安心なキャットフード【アニモンダ】。

しかしながら、【ラフィーネクロス】を始めとするドライフードには穀類が多く配合されているなど、残念な点があります。

今後、グレインフリーフードや穀類の配合を少なくした肉中心のフードが登場すれば、もっと魅力が増すのではないでしょうか。

ドライフードに比べてウェットフードには、生肉を使用した穀類未使用のフードが揃っていて、こだわり派の飼い主さんでも満足できそうです。

現段階では、【アニモンダ】はウェットフードの方がおススメという印象です。

関連記事