犬にエビを与えない方がいい理由と対処法【獣医師が解説】

エビなどの魚介類はにおいが強いため、人が食べていると欲しがる犬はとっても多いようです。

「少しくらいなら」とついつい犬にエビを与えてしまってはいませんか?

実はエビは犬に食べさせると危険性のある食材なのです。

エビは少量で犬に中毒を起こすというほどのものではありませんが、大量に食べることで命の危険も引き起こす可能性もありますし、少量でもアレルギーや消化不良を起こすことがあります。

今回は、犬がエビを食べたらどうなるのかを一緒に勉強してみましょう!

 

犬にとってエビは危険?

犬が食べると体調不良の原因に

エビは犬が絶対食べてはいけない食材ではありませんが、食べない方がいい食材であることは確かです。特に生のエビを大量に食べると危険な中毒を起こしますので、生のエビを大量に与えることはすすめられません。また、加熱したエビにもアレルギーなどのリスクがあり、食べさせるのは控えておいた方がいい食材でと言えます。

生のエビは要注意

エビで最も危険な成分は「チアミナーゼ」です。チアミナーゼはチアミン(ビタミンB1)を壊す物質であり、大量に食べると犬の体内のチアミンが壊されてしまい、チアミン欠乏を引き起こします。

チアミナーゼはエビだけでなく、イカやイワシ、サンマなどの魚介類に多く含まれているため、これらの魚介類を生で食べてもチアミン欠乏を起こします。ただし、チアミナーゼは熱によって失活しますので、加熱された魚介類でチアミン欠乏を起こすことはありません。

加熱したエビでもアレルギーの可能性

エビに含まれる危険な成分はチアミナーゼだけではありません。エビを含めた甲殻類には「トロポミオシン」という物質が多く含まれており、この物質がアレルギーを起こしやすいのです。どの程度の割合の犬でトロポミオシンのアレルギーが起こるのかは不明ですが、犬でもアレルギーを起こす食材としてトロポミオシンを含むエビは要注意です。

エビの入ったおやつは大丈夫?

犬用のおやつの中には原材料にエビを使っているものもあります。おやつに関しては、絶対に与えてはいけないというものではありませんが、下痢や嘔吐、皮膚の痒みなどの消化不良やアレルギー症状が出てしまうこともあります、エビを含んだおやつを食べさせた場合には、食べた後に変わったことがないかどうかを見ておく必要があります。

もしエビ入りのおやつを食べた後に体調の変化が起こった場合には、体質的にエビが合わない可能性が高いため、エビ入りのおやつも食べさせるのはやめてください。

 

エビを食べてしまったら

加熱したエビを食べてしまった場合

加熱したエビを食べてしまった場合の対処方法をご紹介します。

気を付けるべき症状

加熱したエビで注意したいのが消化不良とアレルギーです。

消化不良を起こすと嘔吐や下痢が、アレルギーを起こした場合には、下痢や嘔吐以外にも、顔の腫れ、皮膚の赤みや痒みが出て来ることがあります。

犬の場合には多くはありませんが、アレルギーによる呼吸困難を起こすこともあるので、呼吸状態にも注意しておいてください。

獣医さんで聞かれること

加熱したエビを食べてしまった場合、家でできることは特にありません。

たくさん食べてしまった場合や、何かアレルギーなどの症状が出ている場合には動物病院で診てもらいましょう。

その際、獣医さんに、食べた量や時間、何か症状が出ているかどうかなどを聞かれることがありますので、そのあたりの情報を整理しておくといいでしょう。

また、持病や飲んでいるお薬があればわかるものを持参するようにしてください。

今まで何かアレルギーが出たことがある場合にも、しっかり伝えるようにしましょう。

動物病院での処置

加熱したエビを食べただけであれば、症状がなければ特に何もしないことが多いです。

かなり多く食べてしまい、お腹が張ってしまったような場合には、吐かせる処置をすることがあります。

また、消化不良やアレルギーが出ている場合には症状に合わせた対症療法として、点滴や注射などを行います。

治療後の注意

アレルギーや消化不良はしばらく時間がたってから出ることもありますので、治療後も次の日くらいまでは便や食欲、皮膚の状態などをしっかり見てあげてください。

また、何か変化があれば必ず動物病院へ連絡するようにしてください。

生のエビを食べてしまった場合

生のエビを食べてしまった場合の対処方法をご紹介します。

気を付けるべき症状

生のエビを食べてしまった場合には、加熱したエビを食べた場合と同様に消化不良やアレルギーが出る可能性もありますが、最も注意が必要なのがチアミン欠乏です。

チアミンは、神経伝達に重要な物質であり、もし生のエビを大量に食べてチアミン欠乏を起こすと、運動失調、ふらつき、腹痛などの症状が出ることがあります。

チアミン欠乏は緊急治療が必要ですので、生のエビをたくさん食べてしまった場合には必ず動物病院へ行きましょう。

少量食べただけであればアレルギーなどの症状がないかしっかり様子を見ておいてください。

獣医さんで聞かれること

生のエビを食べた場合にも、加熱したエビを食べたときと同様、食べた時間や量、今の症状、病歴やアレルギー歴などを聞かれます。

慌てて家を出る前に、まずはそういった情報をまとめてから動物病院へ向かいましょう。

動物病院での処置

食べたエビの量や時間、今の症状によって処置は違ってきます。

大量の生のエビを食べてしまった場合には、食べてまだ2,3時間以内であれば催吐処置を行うことがあります。

胃の中に残っているエビを吸収する前に吐かせることで中毒症状を防ぐための処置になります。

一方、すでに時間がたってしまっている場合やそれほどたくさん食べていない場合には、ビタミン剤の点滴など、チアミン欠乏を防ぐための処置を行うことが多いです。

すでにチアミン欠乏の症状が出てしまっている場合には、入院による点滴治療が必要なこともあります。

治療後の注意

治療後の注意点は状況によって違いますので、基本的には診察していただいた獣医師の指示を仰いでください。

チアミン欠乏の症状などは時間がたってから出ますので、帰宅してからも状態が変化しないかどうかは必ず確認してください。

 

エビによる体調不良を防ぐには

エビを食べさせない方法

エビは犬に必要な食材ではありません。

食べさせる必要がないものですので、犬には食べさせないようにしておくのが無難でしょう。

エビはいいにおいがしますので、食べられる場所に置いておけば犬は食べてしまいます。

必ず犬の口や前足が届く場所にはエビを置かないようにしておきましょう。

また、ヒトの食べ物を欲しがる癖も付けないようにしておくことも、エビを含めた中毒を起こすリスクを減らすためには大切です。

あまりに欲しがる場合には、ヒトの食事をする場所には犬を入れないようにするというのも一つの方法です。

尻尾や殻はしっかり始末

しっぽや殻もいいにおいがしますので、残飯などから犬が食べてしまうこともあります。

特に古くなって傷んだ魚介類は食中毒のリスクが高いですので、犬が食べらる場所に残飯を放置しないようにしましょう。

オヤツにも注意

エビの入っているおやつにも少し注意が必要です。

アレルギーがなければ食べても問題ありませんが、アレルギーの可能性がある場合にはおやつにエビが入っていないかチェックしましょう。

 

まとめ

エビは犬に食べさせてはいけない食材としてあまり知られてはいませんが、大量に食べることで中毒を起こすことがあります。

また、少量でも消化不良やアレルギーを起こすこともあり、あまり犬にすすめられる食材ではありません。

飼い主さんがエビを食べていると、欲しがる犬も多いですが、できるだけ与えないようにしておく方が無難です。

特に生のエビは、たくさん与えると非常に危険ですので注意をしておいてくださいね。

関連記事