アレルギーをもつ猫のために作られた【フィッシュフォーキャット】

最近、よく耳にするのが猫のアレルギー症状です。

皮膚のかゆみを抑えるために舐め過ぎて、脱毛。

病院で薬を処方してもらってもなかなか治らない・・・そんなケースが増えているようです。

アレルギーの原因のひとつは普段食べているキャットフードだと言われています。

もともと猫には代謝できない化学物質が人間や犬より多いと言われています。

それにもかかわらず、合成添加物や人工香料、合成保存料などが使われたフードを食べ続けていたら、アレルギーになっても不思議ではありません。

今回は、猫のアレルギーに配慮した【フィッシュフォー キャット】について調べてみました。

【フィッシュフォーキャット】どんなキャットフードなの?

【フィッシュフォー キャット】はグレードデンの飼い主でドッグショーにも参加していたエンジェル夫妻によってイギリスで生まれました。

食物アレルギーや皮膚疾患に罹る犬が多いことに疑問を抱いた夫のエンジェル氏は、顧問を務めていた大手水産会社の会長に相談。

会長からのアドバイスで、ペットフードに穀物が大量に使われていることに問題意識をもつようになったのです。

二人は4年の歳月をかけて勉強やテストを繰り返し、魚を主原料としたキャットフードを完成させました。

【フィッシュフォー キャット】にはどんな原材料が使われているの?

肉類

【フィッシュフォー キャット】に「サバ」「サーモン」「イワシ」の3種類があります。それぞれ異なる魚が原材料として使われています。

    • ファイネストサーモン ・・・ サーモンミール(33%)とアスタキサンチン豊富なサーモン(22%)を使用
    • ファイネストサバ ・・・ サーモンミール(33%)と栄養価の高いサバ(22%)を使用
    • ファイネストイワシ ・・・ サーモンミール(33%)とビタミン、カルシウム豊富なイワシ(22%)

魚のたんぱく質は動物の肉より消化吸収に優れ、低脂肪・低カロリーです。

そのうえ、EPAやDHAを豊富に含んでいることから主原料として選んだのだそうです。

使われているのは魚の肉と皮のみです。

穀物

とうもろこし、小麦、米などの穀類は一切使用されていません。

添加物

合成添加物、人工香料、合成保存料は使用されていません。

クランベリー

体内の酸化を防ぐポリフェノール(プロアントシアニジン)を配合。尿路結石や尿路疾患を予防します。

海藻

オメガ3やアミノ酸、ビタミン、ミネラルを豊富に含む海藻を配合。皮膚を始めとする猫の健康に配慮しています。

【フィッシュフォー キャット】にはどんな栄養分がどのくらい含まれているの?

たんぱく質

粗たんぱく質の割合は3タイプともに31%以上。AAFCO(米国飼料検査官協会)の基準をクリアしています。

脂肪

脂肪分の割合はいずれも19%。AAFCOの基準は9%ですので、脂肪分は比較的多めだと言えるでしょう。

【フィッシュフォー キャット】の生産国はどこ?

【フィッシュフォーキャット】はイギリスで製造されています。

EUでは、ペットフードを人間が食する家畜のエサである飼料と同等に扱い、有害物質の有無や添加物の内容、表示内容などについて法的に規制しています。

イギリスは動物飼育について厳しい法律があり、ペットを保護する意識の高い国。

フードの安全性については個々のメーカーの企業姿勢を確認する必要がありますが、比較的安全なフードを生産する国だと言えるでしょう。

【フィッシュフォー キャット】の魅力は?

ヒューマンレベルの原材料

【フィッシュフォー キャット】を始めたエンジェル氏はもともとイギリス有数の水産会社の顧問。

その関係から新鮮で質の高い魚を入手できる環境にありました。

キャットフードはスーパーマーケットに人間用に並ぶものと同レベルの魚で作られています。

サーモンなどの魚の飼育環境は厳重に管理され、ホルモン剤や成長促進剤などは使用していません。

また、そのほかの原材料についても中国産や遺伝子組み換え成分は一切、使用していません。

グレインフリー

【フィッシュフォー キャット】はとうもろこし、小麦、米などの穀類が含まないグレインフリーフードです。

アレルギーもちの猫に配慮したフードですので、これは当然のことかもしれません。

【フィッシュフォー キャット】を与える際の注意点は?

開封後は早めに使い切る

【フィッシュフォー キャット】には合成保存料は使われていません。

一度、開封したら1ヶ月~40日程度で食べきった方が良いでしょう。

給餌量は3~5kgの平均体重の猫で60~80gですので、フードが【フィッシュフォー キャット】のみの場合は問題ないと思いますが、ほかのフードを併用する場合は保存期間に注意が必要です。

価格が高め

【フィッシュフォー キャット】は400gと1.5kgがありますが、1.5kgで4200円(税抜)と比較的高めです。

これは、スーパーなどで売られている安いフードの数倍になる場合も。

価格が購入のネックになる飼い主さんもいらっしゃるのではないでしょうか。

ワンランク上のフードを望んでいるなら試す価値あり

もともと水産会社だった利点を活かして猫の健康に良いフードを作っている【フィッシュフォー キャット】。

原材料についてもHPに細かい説明がありますので、信頼できるフードブランドと言えるのではないでしょうか。

価格は高めですが、なるべく良いフード食べさせたい飼い主さんにとっては、試す価値があるブランドと言えるでしょう。




高品質なプレミアムキャットフード
獣医師おすすめのキャットフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムキャットフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!