ダイエット・肥満対策用に!獣医師オススメのドッグフードランキング

近年肥満気味の犬が多く、実は人間と同じような生活習慣病にかかってしまうワンちゃんも少なくありません。

肥満は万病のもとです!

肉付きや体格を見てうちの子は太っているなぁ…と感じたら、飼い主さんがきちんと食事や運動のコントロールをしてあげなくてはなりません。

太らないようにドッグフードを変えてみたり、運動が可能な子であれば運動時間を長くするなどの対策は、肥満対策やダイエットにとても重要です。

そんなダイエット&肥満対策用におすすめのドッグフードを獣医師が紹介したいと思います!

ダイエット・体重管理に重要なポイント

ダイエットや体重管理に重要なポイントは2つです!

1.運動

人と同じく、なによりも運動はとても大切です。

関節や骨、筋肉、腱などの運動器に疾患のない子、病気などで運動制限がない子はまず運動量を増やしてあげましょう!

ワンちゃんも、一定の年齢を超えると動くのがめんどくさくなり、やらされなければ運動しなくなります。笑

飼い主さんと一緒に楽しく運動が出来れば、ストレス無く犬も楽しんでくれますね♪

お散歩の時間を30分長くしたり、お家で遊ぶ時間を設けるだけでも体重管理には役立つはずです!

2.食事管理

運動ができない子、太り過ぎている子は、まず食事を見直しましょう。

最近のペットフードは、栄養素がたっぷりのフードが多いです。

年齢や生活環境の変化と共に犬達も基礎代謝が落ちてきます。

運動をせず規定量を食べさせていると、どうしても太ってきてしまう場合があるんです…

したがって、運動でカロリーを消費すると共に摂り過ぎている栄養を適正値まで減らしてあげることがとても重要になってきます。

しかし、食事管理を行った際に気になるのは栄養状態です。

単純に今までのドッグフードの量を減らしてしまうと、きちんと与えるべき栄養素が与えられないだけでなく、ご飯の量が減って犬にとってもストレスを抱えることになります。

ただ今までのフードの量を減らすのではなく、きちんと栄養を賄えるフードを改めて選んであげるのが大切であると言えます!

大事な栄養素は「高タンパク&低炭水化物」

愛犬のダイエットにどのようなドッグフードがおすすめかというと…

「低カロリー&高タンパク&低炭水化物」であることがいえます。

愛犬の摂取カロリーを抑えるのはもちろん重要な事。それ以外に大事なのは、タンパク質と炭水化物なんです。

近年のフードは、かさ増しの為に多くの炭水化物が添加されており、その分原材料費の高いタンパク質量が少なくなってしまっているものが多いです。

(激安ドッグフードなどは内容表示を見るとほとんど炭水化物です!!怒)

炭水化物を少なくしてタンパク質を多く与えることで、筋肉量を増やして脂肪燃焼を高める効果も期待できます。

肉類や魚類の量が多いフードで、炭水化物の添加が少ないフードが良いフードであると言えます!

ダイエット専用フードで気をつけたいこと

最近はダイエット向けのドッグフードが数多く発売されていますが、ダイエット向けのドッグフードの多くは低脂質・低カロリーです。

また、腹持ちをよくさせる食物繊維が豊富に含まれているものもあります。

体重をすぐに落とすためにはこれらのドッグフードは効果的です。

しかし脂質を少なくして食物繊維でかさ増ししているため、毛並みがボソボソになってしまったり、ウンチの量が多くなって大変!といった事態が起こります。

健康被害が生じるほどの肥満の犬へはダイエット専用フードがオススメです。

しかし体重管理や緩やかなダイエットを考えている子は一概にダイエットフードはオススメしません。

そういった子へは、良い脂質を使用しており、高タンパク・低炭水化物のフードをオススメします。

獣医師推奨のダイエット・肥満対策ドッグフードベスト5!!

ダイエットに必要な栄養素を備えながらきちんと健康維持ができるようなドッグフードを獣医師が選びました!

モグワン

モグワンは、手作り食の様に人間が食べる高品質の原材料を使用しながら、必要な栄養素はきちんと入っているドライフードとして開発されました。

プレミアムドッグフードの中ではカロリー低めで、どんな年齢・犬種・ライフスタイルの犬にもおすすめできるのでトータルバランスが非常に良い商品です!

更には日本の会社が企画販売しているので、日本で生活する犬向けに考えられた製品です!

日本の犬達の生活環境や運動量に合わせた栄養構成になっていますので、更に安心できますね。

粒がドーナツ状になっており、噛みごたえがある形になっています。

人間と同じできちんと噛んで食べてくれると歯石の付着を予防することができますし、満腹感を得ることができます。

モグワンの栄養素構成

エネルギー:約344kcal/100g◎

粗たんぱく質:28%◎

粗脂肪:12%◎

粗灰分:8%

粗繊維:3%

水分:8%

モグワンはプレミアムフードの中ではカロリー低めですが、タンパク質量はしっかりと28%含有です。

もちろん原材料を見てみても、アレルギーの原因や消化不良の原因となり得る穀物類は一切不使用!完全グレインフリーのドッグフードです。

メイン食材のチキンとサーモンは生肉と乾燥のものを両方使用しているので、余分な脂質を落としながら高タンパク質を保てているフードになっています。

脂肪分としては、生チキンの脂肪分とサーモンオイル、ココナッツオイル等が換算されてるでしょう。

残りカスから合成した動物性油脂などではなく、きちんと素材の品質にこだわったもので作ってくれているので安心できますね。

モグワンはダイエットにとても向いているフードであると言えるでしょう!

獣医師が試しました!評判のモグワンドッグフードがおすすめの理由

2018.02.18

ネルソンズ

ネルソンズはイギリスのトップブリーダーによって開発されたドッグフードです。

一般的な安価なドッグフードでは、カサ増しのために穀物を原材料に使用するケースが少なくありません。

しかしネルソンズは穀物を一切使用していない完全穀物不使用でグレインフリーのドッグフードです。

またネルソンズでは主要な原材料として、乾燥チキン(28%)とチキン生肉(20%)が使用されています。

販売元の公式サイトでも肉の副産物など材料の品質に不安が残る材料は一切使用しておらず、高品質な原材料を厳選していると記載されており、安全性の面では安心できます。

ネルソンズの栄養素構成

エネルギー:362kcal/100g◎

粗タンパク質:30.0%◎

粗脂質:15.0%

粗繊維:2.5%

粗灰分:7.5%

水分:8.0%

ドッグフードの栄養素構成の基準になっているAAFCOの最低基準では、タンパク質は22.5%以上(子犬)、18.0%以上(成犬)です。

AAFCO基準に照らし合わせてみるとわかるように、ネルソンズはタンパク質の割合が30%と多めです。

それに比べてカロリーと脂質は少し高めです。

しかしこれは生肉を使用しているためであると考えられます。炭水化物のカロリーではないのでダイエットには向いているフードであるといえますね。

愛犬にネルソンズはおすすめできる? ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

2017.12.22

ウェルネス

ウェルネスは、高品質なたんぱく質を使用したドッグフードです。

アメリカの有名なペット製品専門誌で2001年から15年連続で推奨ドッグフードに認定されているドッグフードで、アメリカでは有名なフードの一つです。

ただ、日本での販売先は限られており、Amazonとイオンペットでのみの購入となっています。

完全穀物不使用・グレインフリーのフードではないことと、ミール肉の使用があるので原材料の品質に気を使っている飼い主さんに特にオススメ!とは言い切れません。

アメリカ産のフードであるということも、安全性を求める飼い主さんにとっては少し不安が残りますね。

ウェルネスの栄養素構成

「ウェルネス 小型犬 体重管理用(1-6歳) 骨抜き七面鳥&玄米」

エネルギー:約333kcal/100g◎

粗たんぱく質:28.0%以上◎

粗脂肪:9.0%以上、11.0%以下◎

粗繊維:6.0%以下

粗灰分:7.0%以下

水分:11.0%以下

AAFCO基準に照らし合わせてみるとわかるように、ウェルネスはタンパク質の割合が28%と多めです。

カロリーと脂質も低めですのでダイエットに向いているフードであると言えるでしょう!

しかし玄米を使用しているので、完全グレインフリーのフードではありません。

完全グレインフリーのフードを求めている方へは向きませんが、ダイエットの為には向いているフードであるといえますね。

アメリカ生まれ「ウェルネス」のドッグフードとは?

2018.02.13

シュプレモ

シュプレモは厳選された自然素材を原材料に使用しています。

素材同士の最適な組み合わせにより、栄養素の相互作用を引き出す!というホリスティック・ブレンドというオリジナルの手法を取り入れています。

ドッグフードは犬種や犬のステージ別に選べるようになっているため、ダイエットや体重管理を行っているワンちゃんにも最適なフードが選ぶことができます。

シュプレモの栄養素構成

「シュプレモ 体重管理用」

エネルギー:335kcal/100g◎

タンパク質:23.0%以上△

脂質:10.0%以上◎

粗繊維 4.0%以下

灰分:10.5%以下

水分:10.0%以下

チキンがメイン食材として使用されていますが、玄米や麦の使用もあるので完全穀物不使用のグレインフリーではありません…。

タンパク質量は23.0%以上と、通常の安価なフードに比べると高めです。しかし高品質の食材をたくさん使用しているプレミアムフードとしては低めの数値であると感じます。

カロリーが低めなので、きちんと減量をしないといけない!というワンちゃんへはオススメできます。

愛犬にシュプレモ(ニュートロ)はおすすめできる?ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

2018.01.26

ソリッドゴールド

ソリッドゴールドはまだまだ日本での取扱は少ないアメリカ産のフードです!

原材料で使用している肉類は様々な種類があり、「肉副産物、塩、砂糖、化学物質、小麦、コーン、大豆不使用」などのアレルギーの可能性が高い食材は不使用です。

体質や好みによってフードを選べますので、苦手な食材がある子でもダイエット・体重管理にチャレンジしやすいフードです。

しかしビタミン・ミネラル類は食材から摂取出来るものではなく、添加したものが多いです。

添加物はあまり…と考える方へはあまりオススメできないかもしれません。

また米国産のフードという事で、安全性や信頼性の面でヨーロッパ産のフードと比べると少し心配です。

ソリッドゴールドの栄養素構成

「ソリッドゴールド ホリスティックブレンド」

エネルギー:359kal/100g◯

タンパク質:18.0%以上△

脂質:6.0%以上◎

粗繊維 4.0%以下

灰分:10.0%以下

100gあたりのカロリーはまぁまぁといった感じ。高すぎではないので、フードを変更してもフード量を大幅に削減しないといけないといった事態にはならないでしょう。

原材料にほとんど肉類が入っていないので(チキン脂肪のみです)タンパク質が低めなのが気になります。

牛肉にアレルギーがある子や肝臓・腎臓疾患を持っておりタンパク質低めの食事を求めている子へはおすすめできます。

一方、若齢層の犬はきちんとした動物性蛋白質を取り、健康的な運動とともに筋肉をつけることが望ましいので、こちらのフードはあまりオススメではありません。

また、こちらの原材料を見てみると一番最初にオートミールや大麦の記載があります。

穀物メインのドッグフードであることがわかりますので、穀物アレルギーを持っている子や胃腸が弱い子へはあまりオススメできません。

愛犬にソリッドゴールドはおすすめできる? ドッグフードの原材料や選ぶ際の注意点は?

2017.12.16

まとめ

以上が獣医師がおすすめする「ダイエット・肥満対策に最適なドッグフード」でした! みなさんが愛犬に与えているフードや気になるフードはありましたか?

健康に直結するフード選びはとても大切です!

総合ランキングもぜひ参考にしてみてくださいね。

 




高品質なプレミアムドッグフード
獣医師おすすめのドッグフードランキング!

獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式にして紹介したいとおもいます!